象印 珈琲通 EC-KT50の特徴は詰め込まれた機能にあった?!

コーヒー

象印のコーヒーメーカーのブランドの珈琲通には

  • 全自動
  • 10杯タイプ
  • 6杯タイプ
  • 5杯タイプ
  • 4杯タイプ

とタイプが分かれていますが、「5杯」に違和感を感じませんか?

4杯・6杯タイプとあるんだから、中間の5杯は必要かな?5杯タイプを作るんだったら、1杯タイプを作ったらいいんじゃない?

確かにそうですよね。

4杯タイプは3品番、6杯タイプも3品番あり、5杯タイプのみ1品番です。4杯・6杯主流なら、もっと違うタイプがあればいいのにね。

ますます5杯タイプは必要なく感じてきます。

 

まあ、ちょっと懐疑的な雰囲気で、象印の珈琲通 EC-KT50を調べてみると、5杯タイプだけの特徴が見えてきました。

スポンサーリンク




象印 珈琲通のラインナップ

冒頭でも書きましたが、象印のコーヒーメーカーのブランド「珈琲通」のラインナップは

  • 全自動 EC-RS40
  • 10杯タイプ EC-YS100
  • 6杯タイプ EC-VL60・EC-AS60・EC-AK60
  • 5杯タイプ EC-KT50
  • 4杯タイプ EC-CB40・EC-GB40・EC-TC40

とあります。

全自動・10杯タイプ・5杯タイプは1品番ずつ、6杯タイプ・4杯タイプは3品番ずつあることから、6杯・4杯が主流というのが分かりますね。

 

象印 珈琲通のコーヒーメーカーはこのブログでも紹介しています。

全自動タイプはこちら

 

10杯タイプはこちら

 

6杯タイプはこちら

 

4杯タイプはこちら

 

象印 珈琲通 EC-KT50の仕様

カラーはダークグリーンとレッドの2色です。ダークグリーンは画像だとブラックに見えてしまうので注意が必要です。

サイズ:幅240x奥行165x高さ315mm

重さ:約2.4kg

容量:675ml 5杯分(120ml/1杯で計算)

幅はコンパクトで奥行のあるコーヒーメーカーです。キッチンの棚の隙間にも入れやすいです。

EC-KT50の特徴

EC-KT50の一番の特徴は「3段階濃度調節」です。

コーヒーンオ味を

  • マイルド
  • レギュラー
  • ストロング

と好みの味で設定できます。

コーヒー好きといっても、軽く何杯も飲みたい人、濃いコーヒーを飲みたい人など、好みは違います。

朝は軽く飲んで、仕事中は濃いめを飲んでと、1日で味を変える人もいますから、コーヒーの好みはほんと人それぞれです。

味を変えれるのはとてもポイントが高いですね。

 

EC-KT50は真空2重瓶(まほうびん構造)のステンレスサーバーです。ガラスサーバーと違って、ついうっかり割れてしまうこともないし、少々の時間なら保温します。

ステンレスサーバーなので、抽出が終わると電源が自動OFFします。使い割ると電源を切る面倒な作業はなく、消し忘れもなくなります。

 

その他の特徴は

  • 浄水
  • 外せるスイングバスケットとフィルターケース
  • 外せる水タンク
  • しずく漏れ防止機能

などがあります。

5杯タイプ EC-KT50は必要?!

EC-KT50の特徴だけを説明していると、「ふ~ん・・・」で終わるんですが、4杯タイプや6杯タイプと比べると、EC-KT50の特徴が際立ってきます。

 

まず見た目でわかるのが、サーバーです。

4杯タイプ 5杯タイプ 6杯タイプ
ガラスサーバー ステンレスサーバー ガラスサーバー

4杯・6杯タイプ共、全てガラスサーバーなんですよね。5杯タイプのみステンレスサーバーです。

象印 珈琲通のステンレスサーバーの仕様の品番は全自動EC-RC40と10杯タイプEC-YS100と5杯タイプEC-KT50だけです。

割れやすいガラスサーバーよりステンレスサーバーがいいという人はいます。ステンレスサーバーはサーバー自体で保温するので、抽出後にそのまま持ち運ぶことができます。多めに淹れて、少しずつ飲む人にはステンレスサーバーがいいですよね。

ただ、ガラスサーバーのように中が見えないので、濃さや量がわからなくてイヤという人もいます。

サーバーは好みで大きくわかれてきます。

 

次に違うのは、コーヒーの味です。

4杯タイプ 5杯タイプ 6杯タイプ
3段階濃度調節 ダブル加熱 95℃抽出

2段階濃度調節(2品番のみ)

4杯タイプは設定がありません。抽出するのみです。

6杯タイプは3品番ともダブル加熱 95℃抽出ですが、EC-AS60とEC-AK36は2段階濃度調節ができます。

象印のすべてのコーヒーメーカーの中で3段階濃度調節ができるのは5杯タイプのEC-KT50だけなんです!

ちなみに、2段階濃度調節は「レギュラー・ストロング」です。EC-KT50には「マイルド」があります。

 

他にも

  • 自動電源OFF機能
  • はずせる水タンク

など便利な機能がEC-KT50に詰め込まれています。

EC-KT50の交換部品

EC-KT50の交換部品は

お客様サポート → 部品。消耗品などのご購入方法

から購入できます。

象印 部品・消耗品などのご購入方法

 

Amazonなどでも一部購入できます。

EC-KT50の口コミ

口コミを調べてみると、私の予想以上の件数があり、評価もどちらかと言うと高い評価が多かったです。

  • 自動で電源が切れるのが良い。
  • コーヒーが煮詰まらずに保温できるのが良い。
  • パーツが取り外しできてお手入れが楽。
  • 値段が安くて満足。

自動電源OFF機能やステンレスサーバーの満足度が高かったです。

 

気になる点もいくつか紹介しておきます。

  • 少量だと保温時間が短くなる。5杯分淹れるとそれなりに保温している。
  • 最後の残りの珈琲が入れにくい。
  • 熱いコーヒーが飲みたい人向けではない。

ステンレスサーバーではよく書かれている口コミですが、保温の温度がぬるいということです。

熱々が飲みたい人はステンレスサーバーは向かないと思っていた方がよいかもしれません。

コーヒーを淹れる前にサーバーが冷えていて、1~2杯程度の量だとコーヒー自体が淹れたてでも温度が低くなることもあります。サーバーにお湯を入れて内側を温めるなど、熱々が飲みたいなら工夫するのもいいかもしれません。

EC-KT50の価格

口コミでも「価格が安くて満足」とあることから、高機能だけど価格は安いです。

Amazon 7,839円

楽天市場 6,873円

1万円を切る価格になっています。この価格で3段階濃度調節ができて、コーヒーの味が楽しめるのはこのEC-KT50だけじゃないかな。

※2018年12月25日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

おわりに

高機能で他のタイプとは差別化しているのね。違うことで人気を集めているのね。

私も他とは違うポーズをずっと取って目立っているわよ

 

  • ステンレスサーバー
  • 3段階濃度調節
  • 自動電源OFF機能

この3つの特徴だけで他のコーヒーメーカーに差をつけて、

  • うっかりガラスサーバーを割ってしまう人
  • コーヒーの味にこだわる人
  • うっかり電源を消し忘れてしまう人

上記のような人にポイントを絞って人気の機種となっています。

 

コーヒーの量じゃないのよ

機能なのよ

 

みなさんも機能に注目して検討してみてください。

 

コメント