象印 コーヒーメーカー 4杯タイプ EC-CB40、EC-GB40、EC-TC40の違い、おすすめはどれ?

象印 コーヒーメーカー EC-CB40 EC-GB40 EC-TC40 コーヒー
カバコッティ
カバコッティ

象印で4杯タイプのコーヒーメーカーって3つあるのよ

どう違うのかわからないわ

ていうか4杯でお安いのが欲しい

ハニワ
ハニワ

どれも見ためが似ているけど、機能が全く違うから、違いをキチンを理解しておくニワ

象印で容量4杯では全自動タイプがあります。こちらの記事で詳しく紹介しています↓

しかし全自動となると、少々価格がお高めになります。

シンプルな機能で低価格なのがEC-CB40、EC-GB40、EC-TC40です。ぞれぞれ機能が違うのですが、

  • サイズ・重さ・カラー
  • ミルの有無
  • 水タンクが外せる・外せない
  • コードホルダーの有無

などがあります。けっこう違いがありますね。

それでは詳しく紹介していきます。

EC-CB40、EC-GB40、EC-C40の違いや口コミ、価格

象印 コーヒーメーカー EC-CB40 EC-GB40 EC-TC40

冒頭でも書きましたが、さらにEC-CB40、EC-BG40、EC-TC40の違いを詳しく書くと

  • サイズ・重さ・カラーの違い
  • EC-CB40はミル付き
  • EC-CB40、EC-GB40は水タンクが外せる、EC-TC40は外せない
  • EC-CB40にはコードホルダーの有無

というふうになります。

EC-CB40EC-GB40EC-TC40
サイズ(約幅x奥行x高さcm)30.5x15x24.5cm21.5x15x23.5cm20.5×15.5x23cm
重さ約2.1kg約1.3kg約1.1kg
カラー-TD ダークブラウン -TD ダークブラウン -TA ブラウン
ミルの有無ありなしなし
水タンクはずせるはずせるはずせない
コードホルダーの有無ありなしなし

EC-CB40がミル付きでコーヒー豆を挽け、水タンクが外せるのでラクチン準備、コードホルダーが付いているので収納もすっきりまとまります。3つの中でEC-CB40は一番高機能です。

EC-GB40は水タンクが外せるので、準備がラクチンですね。

EC-TC40は極限までシンプルな構造にしたコーヒーメーカーで、約1.1kgと非常に軽いですね。

口コミはどう?

口コミもチェックしていきましょう。

EC-CB40の口コミはここから↓

これはカルキの味は何故かせずに美味しく感じます。少しスリムになった上に給水タンクが外れて掃除と給水が楽になりました!

ミル付き 紙フィルター 簡単で使いやすくが最高です!

EC-CB40 Amazon

我が家では素焼きナッツをミルで粉にして朝食時のヨーグルトに混ぜて食べてますので

コーヒー以外でもフルに使ってます。

音もうるさく無いし、粉末状態にできるし良いですよ。

EC-CB40 Amazon

蒸らしが無くお湯が少しずつ出続ける。結果、ものすごく苦い!香りが薄い。コクが無い。不味いの一言。コンビニコーヒーの方が数倍ウマイ。次に付属のミルは使わず、手持ちのミルで中挽きにして淹れてみるがそれも苦くて薄くて不味い。

EC-CB40 Amazon

EC-CB40には蒸らし機能がないので、少々味に不満を持っている意見がありました。

EC-GB40の口コミはここから↓

お湯が出る部分に浄水フィルターというのがついてるのですが

ときどき洗ったほうが良いようです。気づかなくて一回も洗わずに2年くらい使ってました。本体をクエン酸洗浄するときは外します。交換品は数百円で買えます。

EC-GB40 Amazon

このコーヒーメーカーには蒸らし機能がないことを思い出し、もう1回淹れてみました。今度はスイッチonして5-6滴出たところでスイッチoff、30秒ほど待ってスイッチを再びonして出来上がりを待ち飲んでみました。最初の時とは香り、味ともに雲泥の差で良くなっていました。

コーヒーはよく飲んでいますが通ではない私にはちょっと工夫して蒸らし時間を入れたことで毎日使うにはまあ合格かな、と思います。

EC-GB40 Amazon

一点注意なのは、ガラス製サーバーが壊れ易いこと。2年位使っていて割れました。結構割ってしまう人が多いようです。

しかも、サーバーだけ購入するのと、本体を新品で買うのとほとんど値段が変わりません

EC-GB40 Amazon

EC-GB40も蒸らし機能がないので、好みの味にするには工夫が必要になってきます。

EC-TC40の口コミはここから↓

水道水のカルキを消すフィルターがすでにセッティングされていますのでどんな豆でも美味しいコーヒーの味がしっかりしています。

EC-TC40 Amazon

保温状態にしていると、必ず空吹き?の音がして、本体側に残っているお湯が吹きこぼれてしまいます。結構びちょびちょになる。その度毎に布巾やティッシュで拭き取っていますが、これが最大の欠点。

EC-TC40 Amazon

悪い点はジャグカップがすぐ割れます。

本当丁寧に扱っても必ず割ります。ジャグカップのみの購入をしようと思いきやコレが悩ましい価格で購入を断念してしまいます。一年あれやこれや考えましたが、再購入の結論にいたりました。

EC-TC40 Amazon

EC-TC40には蒸らしについての口コミを見つけられなかったんですが、おそらくこちらも蒸らし機能はありません。

3機種すべてに当てはまりますが、ガラスサーバーを割ってしまい、交換部品として購入するか悩んでいます。

ガラスサーバーが本体とかわらないくらいの価格と言うことですが・・・。

まずはコーヒーメーカー本体の価格をみていきしょう。

買いやすい価格帯

EC-CB40EC-GB40EC-TC40
象印6,578円4,378円3,278円
Amazon11,002円3,082円2,373円
楽天市場4,830円2,390円2,280円
Yahoo!ショッピング4,395円4,395円2,180円

※2021年9月8日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

発売して日が経っていることから価格はかなり下がっていますが、一部高騰していることもあります。購入時に価格は必ず確認してください。

口コミで本体とガラスサーバーの価格が変わらないので購入を悩むとありましたが、EC-GB40、EC-TC40は2000円台もあるので、ほんとに悩ましいですね。

ではガラスサーバーの価格みていきましょう。

ガラスサーバー(ガラス容器(ジャグ))の価格は?

EC-CB40JAGECGB_TD2,200円(税込)象印パーツダイレクト
EC-GB40JAGECGB_TD2,200円(税込) 象印パーツダイレクト
EC-TC40JAGECTC_TA2,200円(税込)象印パーツダイレクト

EC-TC40は本体も2000円台なので、ほぼ同じ価格帯です。本体を新品に買い替えるのもいいし、ガラスサーバーだけ買い替えるのもいいですね。

↓通販サイトから購入できます↓

消耗品のペーパーフィルターや浄水フィルターは?

よく使うペーパーフィルターや浄水フィルターをまとめています。共通部品です。

ペーパーフィルター1×2
102
浄水フィルターECF01_JY交換目安は1日1回使用で約2年で1回
↓通販サイトから購入できます↓

その他交換部品はこちら

ブラシ718336_00ミルの掃除用
計量スプーン717250_01

象印パーツダイレクト(象印公式サイト)のコーヒーメーカーページはこちら

こんな人におすすめ

ぞれぞれのコーヒーメーカーは特徴があり、使う人を選びます。

機能からこんな人におすすめ!を考えてみました。

EC-CB40はこんな人におすすめ

ミル付きのEC-CB40には

  • コーヒー豆を挽いて、香り良く飲みたい
  • 音は気になくても大丈夫
  • コードなどすっきり収納したい

コーヒーメーカー本体代は抑えたいけど、コーヒーを豆から挽いて飲みたいなどこだわりがある人におすすめです。

豆を挽く音はそれなりに音がするので、大きい音が出せない環境ならあまりおすすめできません。

EC-GB40はこんな人におすすめ

EC-BG40は使いやすさにこだわる人におすすめです。

  • 水タンクが外せるのでラクラク給水
  • 準備など手間をかけたくない

水を水道水で給水するなら水タンクは外せるほうがラクチンです。

コーヒー粉をサッと入れて、準備を簡単に手早く済ませたいならEC-GB40がおすすめです。

EC-TC40はこんな人におすすめ

EC-TC40は一番機能がシンプルです。

  • とにかくコーヒーメーカー本体代を抑えたい
  • 水はペットボトルで給水するので、水タンクをはずせなくてもOK

水タンクがはずせないので、給水はペットボトルや容器からになります。

水道水からの給水はしにくいので、気を付けてください。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

3つもあるから、悩むわぁ!と思ったけど、機能が違うから選びやすいわ

ハニワ
ハニワ

3つとも5000円以下で購入できるから、お手軽にコーヒーを楽しめるニワ

味の濃さの調整はできません。

良い言い方をすれば、コーヒー粉を増やしたり、電源をON/OFFして調整し蒸らしたりと、自分でカスタマイズできます。

悪い言い方をすれば、工夫をしなければ味の保証はできません。

検討してみてください。

価格にこだわらないのであれば、象印は全自動タイプもあります。

濃度調節をしたいなら、こちらもチェックしてみてください。

コメント