花粉の季節到来!アレルギー症状をおさえるためのアイテム

生活とアイテム

寒くて花粉なんてまだまだ!

と思っていても花粉の季節はもうすぐそこまで来ています。

 

ツラくなる前に対策をして少しでもアレルギー症状をやわらげましょう。

薬を飲んだり、注射をしたりと病院へ行って花粉症のアレルギー症状を和らげることも大事ですが、平行して自分でできる対策もしましょう。

今日は花粉症のアレルギー対策をあげていきます。

スポンサーリンク




花粉の付きにくいツルっとした生地の服を着ましょう

花粉の飛ぶ時期は寒いですが、外出時はできるだけ花粉が付きにくい服を着ましょう。

ダウンジャケットやウインドブレーカーなど、ツルっとした表面生地の服で花粉を家に持ち込まないようにします。家に持ちかえれば家でのアレルギー症状が悪化します。

外出時から帰った時は、家に入る前の玄関戸の前で花粉を叩き落として、屋内に入りましょう。

長い髪ならば、まとめ髪にして顔周りの花粉を少なくしましょう

女性に多いですが、髪の長い人はまとめ髪にすることをおすすめします。

髪に花粉は付きやすく、やはり帰宅時に服を叩き、髪に付いた花粉を叩くことが大事です。

髪をまとめたり、帽子を被るのもいいですね。直接花粉を自分につけないようにします。

マスクで口を鼻を防御しましょう

多くの方が対策をしているマスクは花粉対策としては基本中の基本です。

マスクをすると、口鼻周りがふさがり息苦しくなるので、マスク嫌いの人もいます(私ですが)。

 

そんな時は、口周りのゆったりしたものを選びましょう。

他にもメントールの効いたものや立体的な形状のものがあります。

 

アレルギー症状がツライ時は吸い込まないのが一番です。マスクをしましょう。

目に入る花粉を少なくするためにメガネをしましょう

目のかゆみがヒドイ人はメガネをしましょう。

花粉症対策のメガネはサイドから花粉が入り込まないようにガードしているものです。

 

目がかゆいとつい目を擦ってしまいますが、花粉の時期はインフルエンザなども流行っている時期を被るので、花粉対策・インフルエンザ対策してメガネをするのもいいですよ。

花粉を寄せ付けないスプレーをしましょう

花粉を寄せ付けないスプレーがあります。

顔にスプレーして、花粉を寄せ付けないんです。

 

去年、使ってみたら効果が高かったのでレビューしています↓

 

簡単に説明すると、花粉は+(プラス)なので、顔を-(マイナス)にすると反発しあって、花粉が顔に付かずアレルギー症状も抑えられるという仕組みです。

顔周り・頭髪にスプレーしておくと花粉が付きにくく、くしゃみなどが減ります。

 

しかし効果がある人とない人の意見が分かれるので、これは試してみるしかないですね。

私は効果があったので使っています。

加湿空気清浄機で部屋の花粉を一掃しましょう

花粉を家に持ちこまないようにしようと努力しても、見えにくい花粉を完全にシャットアウトすることはできません。

そんな時は、空気清浄機を使って花粉を除去していきます。

オススメは玄関に一つ置いておくことと、常時いる部屋に設置することです。寝るのがツラければベッド横に置いてもいいですね。

玄関には帰宅時の花粉を一番溜め込みやすい場所ですから、花粉を取り除くためにおいておきます。

 

花粉の時期はインフルエンザが流行っている時期と乾燥する時期が被るので空気清浄機に加湿機能がついたものがおすすめです。

ふとんクリーナーでホコリや花粉を取り除きましょう

空気清浄機を置いているだけでは完璧ではありません。

夜や寝ている時に鼻づまりやくしゃみ、のどの痛みでツライ人は、ふとんが原因ということもあります。

ふとんに花粉やホコリがついていたら、空気清浄機でも取り除けません。

 

ふとんについている花粉やほこりを直接取り除かなければいけません。

ふとんクリーナーや持っているクリーナーに付属しているふとんノズルなどを使って取り除いていきましょう。

私は毎日ふとんを掃除していますが、かなり症状は軽減しています。

肌荒れを防ぐために使うティッシュは普段より少し良いものにしましょう

アレルギー症状で鼻水がでる人は多いですよね。アレルギーの時期だけでも普段使うティッシュよりも少しいいティッシュを使うことをおすすめします。

鼻をかむ時にティッシュは肌の水分を奪っていき、肌がカサカサに荒れる原因となります。

1年のうちで一番ティッシュを使う時期だけでも、質のいいティッシュを使うことで気分も変わってきます。

 

肌にやさしいティッシュは色々あります。

余談ですが、静電気防止ゴムを試す価値あるかも?!

ここは余談になりますが、花粉やPM2.5などは+(プラス)ならば、静電気防止ゴムなどを使って体に溜まっている静電気を放出して寄せ付けなくすることもいいんじゃないかと思います。

冬のドアノブの「バチッ」も軽減されるし。

ゴムを手首に付けていても生活に師匠が出ることはありません。

一度試してみる価値はあるかもしれません。

おわりに

20年以上も花粉症と付き合っているので、もうそろそろ諦めて免疫機能が衰えてくれないかなぁ・・・と思っています(笑)。まだまだ現役ですけどね。

花粉症は病院で薬を処方してもらいつつ、対策をするしかありません。

頑張りましょう!

 

コメント