象印 珈琲通 カップ6杯タイプ EC-VL60、EC-AS60、EC-AK60の比較

コーヒー

象印のコーヒーメーカーには”珈琲通”というブランドがあり、容量によってカテゴリーが分かれています。

”珈琲通”というブランド名なだけあって、コーヒー好きには人気のコーヒーメーカーです。

このブログでもいくつか紹介しています。

 

今日は象印の珈琲通のカップ6杯タイプを紹介します。

スポンサーリンク




象印 珈琲通のラインナップ

まず初めに珈琲通のラインアップを紹介しておきます。

珈琲通は容量でグループ分けしています。

カップ3杯タイプ

カップ4杯タイプ

カップ5杯タイプ

カップ6杯タイプ

カップ10杯タイプ

全自動タイプ(カップ4杯)

6カテゴリーあります。

 

このブログでもいくつか紹介しています。

珈琲通の中でも人気はこちら。

 

カップ4杯タイプはこちら。

 

少し多めに淹れたい人はこちら。

 

大容量のカップ10杯タイプはこちら。

 

全自動はこちら。

 

容量が細かく設定されていて、選べるのはうれしいですね。

EC-VL60、EC-AS60、EC-AK60の仕様から見る違い

まずは仕様から違いをみてみましょう。

容量はカップ6杯タイプでも、どこかに違いはあるのかもしれません。

 

EC-VL60 EC-AS60 EC-AK60
幅280x奥行165x高さ310mm 幅230x奥行155x高さ280mm 幅230x奥行155x高さ280mm
2.5kg 1.7kg 1.7kg

EC-VL60だけがサイズは大きく、重さも重たいです。幅が28cmもあるので、キッチンに置くと存在感がある大きさです。

EC-AS60とEC-AK60はサイズ・重さ共同じです。

EC-VL60、EC-AS60、EC-AK60の特徴からみる違い

EC-VL60だけサイズが大きいので、何かありそうですね。

次は特徴を比較してみましょう。

EC-VL60 EC-AS60 EC-AK60
  • ダブル加熱95°抽出
  • ミル付き
  • 浄水フィルター
  • はずせる水タンク
  • はずせるスイングバスケットとフィルターケース
  • フィルターケースとジャグが分離
  • しずく漏れ防止機能
  • ダブル加熱95°抽出
  • 2段階濃度調整
  • メッシュフィルター
  • 浄水フィルター
  • はずせる水タンク
  • はずせるスイングバスケットとフィルターケース
  • コードホルダー
  • しずく漏れ防止機能
  • ダブル加熱95°抽出
  • 2段階濃度調節
  • 浄水フィルター
  • はずせる水タンク
  • はずせるスイングバスケットとフィルターケース
  • コードホルダー
  • しずく漏れ防止機能

 

大きな違いがありましたね。

EC-VL60はミルがついています。だからEC-VL60だけがサイズが大きかったんですね。

しかしミルがついているからか、2段階濃度調節はできません。

コーヒー豆の粒度で調節して!ってことなんでしょうか。

 

EC-AS60とEC-AK60はほとんど同じ特徴なんですが、EC-AS60はメッシュフィルターになっています。

メッシュフィルターならばペーパーフィルターは不要で消耗品コストも少なく済みます。

 

EC-VL60とEC-AK60は通常のフィルターケースでペーパーフィルターが必要になります。

 

あと、EC-AS60とEC-AK60はコードホルダーあり、コードは本体に収納できるようになっています。使う時だけ出して、あとは棚に収納する人にはすっきりして便利です。

 

EC-VL60、EC-AS60、EC-AK60の口コミでの人気の違い

気になるのは購入者の口コミです。

使った感じやコーヒーの味などはどうなのでしょうか。

 

EC-VL60の口コミ

  • マンション住まいですがミルの音はこの程度なら我慢できる。
  • 豆の状態で買ってきて挽き立てを味わえます。ミルのボタンは押す長さを調節すれば、挽き具合もなんとなく調整できる感じです。挽いた瞬間に漂う香りが好きです。
  • ミル部分、タンク部分どちらも取り外しできて掃除が簡単です。
  • ミル付きということで粉で飲んでいた同じ種類のコーヒーでも挽きたての美味しさで数倍美味しく感じました。
  • ミルが小さく、コーヒーが5杯作れるんですがミルは3杯分しか出来ませんので5杯作るとき2回ミルを回すのが少し面倒です。

ミルで挽いてすぐに淹れるので、コーヒーの味が格段に美味しくなったと高評価の意見が多かったです。

 

EC-AS60の口コミ

  • 給水、コーヒーのセット、ペーパーフィルター、メッシュフィルター全てがよくできている。しかもフィルターの形態を見て金メッキフィルター(別のメーカー品)が使えると思い購入、予想通り使える。
  • メッシュは細かい濁りが漏れて、いまいちかな?紙フィルターにして使えます。
  • ペーパードリップ方式よりも粉の量が少なく済み、よりおいしいコーヒーがいただけます。
  • メカニズムによって美味しくはいるのだけど,その分抽出中の音が大きいのが難点です。
  • 後かたずけも簡単。

メッシュフィルターはペーパーフィルターを使いたくない人には高評価です。

ペーパーフィルターはどうしてもコーヒーの旨味の油分を吸い取ってしまうので、メッシュフィルターだとそのままコーヒーの味が存分に味わえます。

濃いコーヒーを飲みたいなら、EC-AS60ですね。

 

EC-AK60の口コミ

  • 抽出を普通と濃いで切り替えできますが、私は濃いほうが好きです。
  • 掃除はカップとドリッパーと、お湯をろ過するフィルターを洗うだけです。
  • 水タンク、濾過機能部分、簡単に取り外し出来、洗いやすい。面倒や負担が最小限です。
  • 一日に何度も飲む物に時間も手間もかけたくない、そういう人にはぴったりだと思う。

一番シンプルな機能のEC-AK60はお手入れのしやすさが高評価でした。

 

その品番もAmazonでは100件以上のレビューがあり、人気なのがわかります。

ミル付き、2段階濃度調節、メッシュフィルター、どの機能が好みか、自分に合っているかで選ぶとよいですね。

 

EC-VL60、EC-AS60、EC-AK60の価格の違い

特徴や口コミから気になる機種が絞れてきたでしょうか。

次は価格を比較してみます。

EC-VL60 EC-AS60 EC-AK60
6,080円 4,959円 4,340円
5,940円 4,790円 3,741円

オレンジ字がAmazon、赤字が楽天市場です。

★2019年2月2日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

 

どれも10,000円以下で購入できます。

ミルが付いているEC-VL60も10,000円以下なので、お手頃な価格で購入しやすいです。

 

チェックしておきたい消耗品

購入前にチェックしておきたいのが、消耗品です。

 

安くて買ったけど、商品コストがめちゃくちゃかかる・・・(泣)

と、買ってから後悔したくありません。

 

象印の珈琲通には浄水フィルターがついています。水を浄水するので、おいしいコーヒーを淹れることができます。

EC-VL60の浄水フィルターはこちら。

 

EC-AK60、EC-AS60の浄水フィルターはこちら。二つは共通のフィルターです。

 

EC-AS60にはメッシュフィルターがついているので、ペーパーフィルターは不要ですが、細かい粉がジャグの底の残ることがあり、気になる人はペーパーフィルターを使うことで解消できます。

3つともペーパーフィルターは「1×2」または「102」を使用します。

 

おわりに

似たコーヒーメーカーですが、細かなところで違いがあり、選択を間違うと使い勝手の悪くなります。

どれも基本的にはおいしいコーヒーが淹れられるので、多めにコーヒーを淹れたい人にはおすすめです。

検討してみてください。

 

コメント