EC-AS60、EC-AK60の違いを比較!人気の象印 コーヒーメーカー 珈琲通 6杯タイプ

象印 コーヒーメーカー EC-AS60 EC-AK60 家電&ガジェット
カバコッティ
カバコッティ

象印のコーヒーメーカーの中では6杯タイプが人気なのよね

でもEC-SA60とEC-AK60の2機種あるけど、どう違うの?

ハニワ
ハニワ

デザインがとっても似てるニワ

違いはカラーとEC-AS60にはメッシュフィルターが付属しているニワ

象印のコーヒーメーカーの6杯タイプのEC-AS60、EC-AK60が人気な理由として

  • 家族で飲むにはちょうどいい容量
  • 超簡単な操作
  • 低価格

というようなことがあげられます。

EC-AS60は

ステンレスブラックのカラーで

メッシュフィルターが付属しています。

ペーパーフィルターで淹れることもできます。

EC-AK60は

ダークブラウンのカラーで

ペーパフィルターのみです。

メッシュフィルターは何回も使えて消耗品コストはおさえられますが、毎回洗うなどお手入れが少しメンドウ。

ペーパーフィルターはポイっと捨てれるのでお手入れが簡単です。

消耗品コストとお手入れの手間のどちらを取るかが悩みます。

お好みのほうを選んでください。

↓通販サイトから購入できます↓

メッシュフィルターが付属しているEC-AS60はこちら▼

ペーパーフィルターで淹れるEC-AK60はこちら▼

象印のコーヒーメーカーは他にもあります。

  4杯 全自動タイプ → EC-RT40、EC-SA40、EC-RS40の違いを比較!

EC-AS60、EC-AK60の違いは2ヶ

ここからはEC-AS60、EC-AK60の違いをくわしくみていきましょう。

EC-AS60はメッシュフィルターが付属している

EC-AS60EC-AK60
メッシュフィルター
ペーパーフィルター
ペーパーフィルター

EC-AS60はメッシュフィルター、ペーパーフィルターのどちらも使えます。

メッシュフィルターを使うと消耗品コストがおさえられます。しかしお手入れの手間が増えます。

ペーパーフィルターはポイっと捨てるだけなので簡単ですね。

EC-AS60はステンレスブラック、EC-AK60はダークブラウン

象印 コーヒーメーカー EC-AS60 EC-AK60

EC-AS60はステンレスブラック(XB)。一部シルバー。

EC-AK60はダークブラウン(TD)。

デザイン形は同じですが、カラーが違うので雰囲気も変わってきます。

共通のスペック表

外形寸法(幅x奥行x高さ)23×15.5x28cm
質量約1.7kg
容量810ml
消費電力650W
濃度調節レバーふつう・濃い
(レギュラー・ストロング)
その他ダブル加熱高温抽出
2段階濃度調節
浄水
スイングバスケット・フィルターケース
水タンクの取り外しOK
コードホルダー
しずく漏れ防止機構

取扱説明書 → 象印 取扱説明書検索 コーヒーメーカー

価格

EC-AS60EC-AK60
象印6,578円5,478円
Amazon4,536円3,672円
楽天市場4,536円3,980円
Yahoo!ショッピング4,582円3,680円

※2022年1月14日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

通販サイトでは5000円以下で購入できます。

使いやすい+おいしい+お手入れしやすいなので、5000円以下で手に入れることができ、象印のブランドの信頼感からつい買っちゃいますね。

口コミをチェック!

次は口コミをみていきましょう。

EC-AS60の口コミ

我が家は設置場所が若干高い位置なので、フィルターケースを外してペーパーと粉をセットしたかったのですが、フィルターケース単体で自立しないので、その点で使い勝手は良くないです。

粉を少し多めにして「ふつう」で入れれば雑味も少なく、それなりに美味しくできます。

Amazon

日々の手入れもかんたんに済みますので何の不満もありません。メッシュフィルターも付いているので経済的。

それに職場へもステンレスボトルにコーヒーを入れて持っていくので6杯分入れられるこちらの商品は最適でした。

 Amazon

結論買って大正解。味は良い、お湯の温度も高く、メンテナンスもし易い。個人的には紙フィルター派でしたが、今回から初めて付属のメッシュフィルタを使い始めたのですが、これがすごく良い!。マイナスめんはデザインは全くダメ。

 Amazon

値段もお手頃ですが、機能も素晴らしく毎朝マグカップ4杯強のコーヒーを入れるのに大活躍です。前回も象印珈琲通を気に入って、10年も使う内に、水タンクの底の連結部が劣化して割れてしまい、泣く泣く買い替えました。今回、その連結部が金属になっており割れにくいので感動!更に改善されているのは、出来上がったコーヒーポットを取り出した時の上からの液漏れが全く無いのです!また、片付けようとして上のフィルターケース部分を取り外した時も、コーヒー漏れが全く無いので進化してると喜んでいます。色も初めは前と同じ茶色があればいいのに、と思っていましたが、今回の黒の方がポットの蓋の真ん中に付いてしまうコーヒーの着色が目立たないことに気づきました。今回買い替えて前より更に珈琲通が好きになり満足しています。

楽天市場

メッシュフィルターは下に細かなカスが沈みますメッシュより紙の方が油分も吸い取り スッキリしたコーヒーになるように思います。 気分で両方使用してます。

楽天市場

EC-AK60の口コミ

1年使いました。お手軽に美味しいコーヒーが作れます。ドリッパーも使っていましたが、何ら変わりありません。

掃除はカップとドリッパーと、お湯をろ過するフィルターを洗うだけです。普通のドリッパーとの違いはフィルターですが、蛇口の水ですすぐだけですので、数秒です。セットも1秒です。洗いにくいもの何もありませんし、手入れはシンプルで、フィルターも簡単に洗えるので清潔だと思います。

Amazon

10年以上使っていた象印のコーヒーメーカーが潰れたので、長持ちで品質が信頼できる同じ象印の製品を購入しました。また以前の製品の部品(ガラス容器やフィルターをセットするプラスチック容器等)が、そのまま新しい製品で使うことができました。特にガラス容器の価格は2000円以上するので助かります。新製品を次々販売し、交換部品がなくなるのではなく、10年以上も前の部品が使えるのは驚きました。地味ではあるが堅実なこの会社の姿勢を好ましく感じます。

Amazon

家内が愛用するEC-FS60 を使っていたが、私が洗うときにガラス容器にヒビが入ったため、最初はガラス容器を探したが、製造中止だったので、泣く泣くAK60を購入した。しかし、届いてみるとFS60のガラス容器はAK60のガラス容器と色違いで形は同じものだった。ガラス容器だけでも購入できたと思うと非常に残念な思いがする。また、AK60の見た目はFS60と比べて残念ながら少し安っぽい。味の濃さを切り替えられるレバーが付いているが、『普通』ポジションの味では美味しくないので、『濃い』ポジションにしている。味を切り替えするレバーは不要と思う。

Amazon

口コミのまとめ

息の長い販売で安心から購入をしている人が多いです。シンプルな構造でお手入れしやすいのも好評です。

しかし味については調節が少ない分、少々不満を持っている口コミもありました。「味が薄い」というのが多く、これは「ストロング(濃い)」設定にしてコーヒー粉を増やしたりと工夫が必要になってきます。

多くの人はおいしいコーヒーを淹れることができたと高評価でした。

購入後に必要になる消耗品や交換部品はそろっている

使っていると、必ず必要になってくるのが消耗品や交換部品です。

消耗品・交換部品は象印パーツダイレクト(象印公式サイトへいきます)でそろえることができます。

共通の消耗品

ペーパーフィルター1×2
102
↓通販サイトから購入できます↓

メリタは1×2サイズ▼

カリタは102サイズ▼

EC-AS60の消耗品、交換部品

しずくもれ防止弁717248_07
メッシュフィルターBG494808L_01
水タンクBG273801A_TA
ガラス容器ふたBG273012L_05
ガラス容器(EC-AS60型用)(ふたなし)JAGECAJ-XT
計量スプーン717205-01
浄水フィルターEC-F03-J1日1回使用した場合約2年に1回交換目安

EC-AS60のパーツ(象印公式サイトへいきます)はこちら

EC-AK60の消耗品、交換部品

しずくもれ防止弁717248_12
水タンクBG273801A_TA
ガラス容器ふたBG273012L_08
ガラス容器(EC-AS60型用)(ふたなし)JAGECAJ_TD
計量スプーン717250_01
浄水フィルターEC-F03-J1日1回使用した場合約2年に1回交換目安

EC-AK60のパーツ(象印公式サイトへいきます)はこちら

デメリットはある?

デメリットは

  • デザイン性が低い

「おしゃれ」ではありません。ふつうのコーヒーメーカーといったところです。

コーヒーの味はおいしいのでデザインが良ければ、デメリットはなくなりますよね。残念。

おすすめはどっち?

どちらがおすすめなのかまとめてみました。

EC-AS60はこんな人におすすめ

  • 消耗品コストをおさえたい
  • メッシュフィルターでコーヒーをあじわいたい
  • メッシュフィルター・ペーパーフィルターを気分で変えて使ってみたい
  • コーヒー本来の味を味わいたい
  • お手入れの手間は苦にならない
  • 価格をおさえたい

EC-AK60はこんな人におすすめ

  • さらに価格をおさえたい
  • すっきりしたコーヒーを飲みたい
  • お手入れの手間をできるだけ減らしたい
  • ペーパーフィルターを使いたい

EC-AK60が価格は安いですが、どちらも1万円以内で購入できるので価格にこだわらない方がいいかも。

純粋にコーヒーのおいしさやお手入れの手間で決めてみてはどうでしょうか。

↓通販サイトから購入できます↓

メッシュフィルターが付属しているEC-AS60はこちら▼

ペーパーフィルターで淹れるEC-AK60はこちら▼

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

パパッと簡単に使えるのがいいわね

ハニワ
ハニワ

めちゃくちゃ細かく味にこだわらなければ簡単に使えるメリットは大きいニワ

使い方や価格などシンプルで魅力的です。朝の忙しい時はシンプルに使えるのが一番です。

じっくり飲みたい時は、ハンドドリップするのも楽しいですよね。

検討してみてください。

コメント