使い方が簡単なメリタの電動コーヒーミルECG62

コーヒー

簡単に使える電動コーヒーミルがメリタにもありました。

カリタやハリオにも簡単な電動ミルがありましたが、カリタの電動コーヒーミルも簡単に使えて便利なミルです。

では紹介していきます。

スポンサーリンク




メリタ 電動コーヒーミルECG62の使い方

まずは簡単な使い方から紹介します。

  1. お好みのコーヒー豆をいれます
  2. フタを閉めます
  3. コンセントを差し込みます
  4. ボタンを押します

できあがりです。

簡単ですね。

ボタンを押した時間分だけ豆を挽けるので、細挽きにしたければ少し長めに、粗挽きにしたかったら短めにと、調整します。

非常にシンプルにコーヒー豆が挽けます。

ECG62のお手入れ方法

電動ミルなので、水洗いはできません。

使った後はハケで残ったコーヒー粉を取り除きます。

ミルにはハケが必需品です。

ECG62の仕様

カラー:ホワイト(3W)、ブラック(1B)

サイズ:幅98x奥行98x高さ183mm

ホッパー容量:70g

刃:ステンレス刃

 

特徴

  • ボタンを押すだけで挽くシンプルな機能
  • コードは底面に収納できる

豆をホッパーに入れる時にはフタを外します。フタにボタンがついているので、フタを閉めないとボタンを押せない構造になっていて、安全設計になっています。

ECG62の口コミ

シンプルな電動コーヒーミルの購入者の口コミを見てみましょう。

  • 使ってみて思ったのは挽く時間となる目安がないので慣れるまで数回使わないといけないところです。
  • 取り外しができないため洗いが出来ませんが、付属のブラシと濡れたキッチンペーパーなどで拭き取れば十分かと思います。
  • 静電気で蓋にびっしり着くので上からたたいてある程度、粉を落としてから蓋を開けた方がよいです。
  • 粉の引き具合が難しいので確認しながらの作業が必要です。
  • 中挽きくらいの挽き具合にするのが、なかなか難しい。
  • 2人分の豆を5~6秒ミルを上下に振りながら挽くと均一に挽けます。
  • 備えつけのブラシは小さすぎるので、別に購入しないといけません。

 

口コミで多かったのが、

  • 静電気でくっつく
  • 水洗いができない
  • 挽きの調整がむずかしい

これらは、他のECG62と同レベルの電動コーヒーミルでも同じような口コミが見られます。

静電気と水洗いができないのはミルの宿命といっていいくらいです。

 

カリタのEG-45、CM-50やハリオの電動コーヒーミルカプセルのように、シンプルにボタンを押して挽くタイプの電動コーヒーミルは、自分のボタンの押す時間で豆の挽き具合が変わってきますので、ある程度コツや慣れが必要になってきます。

もし、豆の挽き具合にこだわるのなら、粒度調整のできる電動ミルをおすすめします。

 

おわりに

口コミでは少し評価の下げる点が多いかな、という印象ですが、どの口コミも他の電動コーヒーミルや手挽きコーヒーミルと同じ欠点だということを注意してみなければいけません。

けっしてメリタの電動コーヒーミルECG62だけじゃないです。

ただ付属しているハケは小さくて使いにくいので、ECG62を購入する時にはハケも同時に買っておいた方がよさそうですね。

ECG62は、似た機能の他のメーカーの電動ミルより容量が多く、70gです。多く挽きたいのならおすすめします。検討してみてください。

 

コメント