マキタ 充電式クリーナーCL280FD,CL281FD,CL282FDが新発売!大きく変わった7つの特徴

家電&ガジェット

マキタから新しいコードレススティッククリーナーが発売しました!

 

でも人気過ぎて、今(2019年3月現在)は在庫がなく予約販売で、入荷待ちらしいです。

人気なのは、新しいコードレススティッククリーナーが大きく変わったから。大幅な改良で、さらに吸い込みが強く、より使いやすくなったみたいです。

今日は新発売のマキタの充電式クリーナーCL280FD、CL281FD、CL282FDを紹介します。

スポンサーリンク




マキタが新しい充電式クリーナーの発売を発表!

2019年2月20日にマキタから新しい充電式クリーナーの発売を発表しました。

 

 

PDFデータになっているので、開けてみてください。

タイトルが

圧倒的な吸引力と耐久性 業界初ブラシレスモータ搭載の充電式クリーナを発売

と満を持しての発売ですね!

 

発売される充電式クリーナーは

  • CL280FD
  • CL281FD
  • CL282FD

の3品番です。

どんな違いがあるのがみていきましょう。

CL280FD、CL281FD、CL282FDの大きな違い

CL280FD、CL281FD、CL282FDの大きな違いは「カプセル式」「紙パック式」「スライド+トリガースイッチ」「ワンタッチスイッチ」の組み合わせが違うことです。

 

引用 マキタ

  1. カプセル式 or 紙パック式
  2. スライド+トリガスイッチ or ワンタッチスイッチ

それぞれを選択していくと、どの品番が買うべきかが出てきます。

 

大きく変わった7つの特徴

「カプセル式」「紙パック式」「スライド+トリガースイッチ」「ワンタッチスイッチ」の組み合わせで、品番が変わることがわかりました。

他にはどんな所が変わったのかみていきましょう。

1.ブラシレスモーター搭載&18Vスライドリチウムイオンバッテリー

CL280FD、CL281FD、CL282FDには

  • ブラシレスモーター搭載
  • 18V スライド式リチウムイオンバッテリ

など、内部構造を見直して吸引力がUPし、耐久性も増しました。

2.吸込み仕事率が最大60Wに

マキタはクリーナーの能力の指標となる「吸込み仕事率」を表記しています。

吸込み仕事率は計算式によって出されるクリーナーの吸込みを数値化したものです。表記に義務はないので、表記しているメーカーとしていないメーカーがあります。

吸込み仕事率の数値は大きいほど、吸引力があるということになります。

 

今回のCL280FD、CL281FD、CL282FDの吸込み仕事率は「60Wと大幅に向上しました。

 

今までのマキタのラインナップのコードレススティッククリーナーでの吸込み仕事率は

CL107FDSHW 最大32W

CL182FDSHW 最大37W

CL140FDSHW 最大29W

吸込み仕事率が高い機種をピックアップしても、CL182FDSHW 最大37Wで、CL281FD、CL282FDには及びません。(CL280FDのみ最大45Wになります。)

今までのコードレススティッククリーナーの中ではマキタ史上最高の吸込み仕事率=吸引力を言えます。

3.トリガースイッチにはスライドスイッチがついて扱いやすくなった

CL280FDは「スライド+トリガスイッチ」です。

トリガスイッチというのは、持ち手の内側にボタンがあり指で押すと起動・運転するスイッチのことです。

 

メリットは指で押している間だけ運転するので、バッテリの節約にもなります。

デメリットは指で押し続けないといけないので、指が疲れることです。

バカにしてはいけませんよ。指が痛くなったりしたら、掃除できなくなるんですから。力の弱い人、高齢者などはトリガスイッチよりもワンタッチスイッチを選ぶがよいです。

 

ただ、誰でもボタンを押し続けるのはしんどいですから、スライドスイッチが付きました。

スライドして運転のON/OFFを切り替えます。ONにすると連続運転になって、トリガスイッチを押し続ける手間はありません。

 

運転のON/OFFを切り替えることが特徴のCL280FDは、吸込みの調整はできません。

吸込み仕事率は高性能フィルタを使用して45W、フィルタ(別売り)を使用すると50Wになります。

4.高機能フィルタEXにHEPAフィルターを付けて排気がクリーンに

カプセル式のCL280FD、CL281FDには、高性能フィルタEX+HEPAフィルタが取り付けられるようになりました。

紙パック式のCL282FDには取り付けられません。

 

今まで排気を気にしていましたが、クリーンな排気になり安心です。

5.ロック付きサイクロンアタッチメントをつけることができる

FDFCWにはロック付きサイクロンアタッチメントが取り付けられます。

別売りとなりますが、パイプにつけることで、細かなゴミを遠心分離し、ごみ捨てを簡単にします。

6.パイプにはロック付きボタンがついて外れない

今までのマキタのコードレススティッククリーナーでは本体にパイプを差し込むだけでした。

使っているうちにパイプが外れたりすることもありましたが、CL280FD、CL281FD、CL282FDには「パイプロックボタン」が付き、パイプと本体が確実に固定します。

ワンタッチで取り外しができるので、扱いも簡単です。

7.バッテリーはBL1830Bを使用

18V リチウムイオンバッテリの使用により、吸込みが強力になり連続使用時間も標準約50分と長くなりました。

価格が変わって、ちょっと後ずさり

ここまで高機能になり、価格も向上しました。笑。

 

CL280FD CL281FD CL282FD
バッテリBL1830B

充電器DC18RF

41,900円 43,000円 43,600円
バッテリBL1830B

充電器DC18RF

ロック付きサイクロンアタッチメント

44,900円 46,000円 43,600円
本体のみ 16,000円 17,100円 17,700円

 

本体のみなら20,000円以下ですが、バッテリ・充電器・アタッチメントが付属すると40,000円を超えます。

『安くて機能性が高い』がマキタのウリで、バッテリー・充電器がついても20,000円以下の価格ただ従来の機種と比べて、かなりの高価な価格になっています。

定価なので、実売価格は下がってくるでしょうけど、新発売したところなので、まだまだ先になりでしょう。

おわりに

吸込み仕事率が大幅に上がり、細やかな機能も追加され、心惹かれる新機種ですが、価格とにらめっこになりそうですね。笑。

40,000円を超えるのなら、ダイソンが範囲内に入ってくるので、選択肢が増えてきます。40,000円台なら他のメーカーもぞくぞくとコードレススティッククリーナーのラインナップはあります。

 

うれしい新発売ですが、もう少し様子見といったところでしょうか。

 

現在、発売されたばかりで、Amazonでは取り扱っていません。取り扱いが開始次第リンクを貼り付けます。

 

 

コメント