ハンドメイドのminneが海外から作品を購入できるようになった!さあ世界進出だっ!

ハンドメイド

minneから海外への作品販売ができるニュースが届きました。

とうとうminneも海外進出です。

 

日本国内だけで販売していましたが、これからは世界も視野に入れて販売できます。

さて、minneではどんな仕組みで販売していくのでしょうか。

スポンサーリンク




2019年3月7日minneで発表

minneからのお知らせで海外販売について飛び込んできました。

あまり大きな話題になっていないような・・・creemaはすでに中国ですが海外販売を開始しています。minneは少し遅れを取った感があります。

しかし気にしません!

minneは去年から大きな変化をしています。

 

tetoteとの統合

作家が50万人突破

レター機能追加

等・・・

 

大きく変化していっています。

さらに便利になっているはいるものの、少々複雑になっているのも事実。

うまく適用していかないと置いて行かれます。

急激には変わりません。少しずつ変化しているので、変化したその時にぎゅっと情報を取り込んで自分も変化していきましょう。

 

まずは、「おしらせ」をよく読むこと。

【お知らせ】海外からminneの作品が購入できるようになりました

【note】海外からminneの作品が購入できるようなりました

minneにリンクしています。会員でない方、ログインしていない方は見れない場合があります。

海外へ販売するために作家がすべきことは?

では海外販売に向けて、作家は何をするのでしょうか?

 

 

作家は何もしません。

作家は何もしなくても大丈夫。海外への販売、注文などはminneおよび代行会社がしてくれます。

送料はどうなるの?

送料はそのままにしてください。

海外への発送は代行会社がしてくれます。作家は海外のお客様へ作品が売れたら、代行会社へ作品を発送します。

この場合、代行会社への送料は必要になります。海外への発送・送料はかかりません。

作品購入者が代行会社へ海外への発送料を支払うので、作家側としては代行会社への送料以外かかりません。

代行会社は日本国内にあります。

販売手数料はどうなるの?

海外へのお客様に売れても、国内販売と同様の販売手数料がかかります。

minneでは販売手数料10%+税です。

国内販売、海外販売とも同じ販売手数料となります。

minneでの海外へ販売する仕組み

作家側として何もしなくていいということですが、仕組みはどうなっているのでしょう?

引用 minne

作家と購入者の間にminneと代行会社が入ります。

国内販売の場合は作家と購入者の間にminneが入っていました。海外販売では代行会社がminneと購入者の間に入ります。

 

海外といっても、中国や韓国のお隣国だけではなく、販売する国は世界になります。

発送できる国はEMS(国際スピード郵便)が配達できる区域に限ります。

2019年3月現在は欧州経済領域(EEA)参加国では購入・発送できません。いわゆるヨーロッパ方面の国々です。ちょっと残念ですね。

おわりに

海外へ販売するのに、作家は何もしなくてもいいですが、宣伝はしなければいけません。

InstagramやSNSをうまく使って宣伝していきましょう。

 

 

コメント