Rinkerが使えない?!XMLエラーが出た時の対処法

ブログ

ブログを書いていたら、突然リンカーが使えなくなりました。

直前にWordPressやプラグインの更新などしたわけではなく、なぜか突然リンカーが使えなくなったんです。

 

ちょっとパニックになりました

だって、リンカーでAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングの収益はこのブログの柱ですから。

リンカーができなくなったら、収益が半減どころではありません。

 

・・・まあ、微々たる金額ですけど。

しかし私としては「ある」と「ない」ではかなり違いますから、かなり焦りました。

 

いつもと違うエラーでドキドキしてネット検索して、この記事へたどり着いた人に参考になればと記しておきます。未来の自分のためでもあります。

もしかしたら、治るかもしれないので試してみてください。

スポンサーリンク




XMLエラーって何?

まず、リンカーを使っていて、よく見るエラーは

  • リクエスト回数が多すぎます
  • 該当する商品がありません

など商品が見つからない場合がほとんどです。

 

しかし私が今回出会ったエラーは

【parser Error】XMLが正しくありません XML parser Error

始めて見るエラーでした。色んな商品で検索しても表示されます。

 

もしかしてPA-APIで問題が起こったのかもしれない!?

2019年1月23日からAmazonアソシエイトでは、売り上げがなければ使えなくなります。

しかしこれも、少ないながらも売り上げはあり「0」ではないので、リクエスト回数は大丈夫と予想しました。

 

じゃ、XMLってなに?

検索して調べてみると、Amazon側から不正値が返されているらしい。

 

 

じゃ、何もできないの?

Amazon側からのエラーとしても、これからリンカーが使えなくなるのは困ります。

もう少し調べてみました。

 

すると、「Classic Editor」とリンカーの相性が悪くエラーが出ているらしい、ということに辿り着きました。

原因は「Classic Editor」?!

リンカーのXMLエラーは「Classic Editor」らしい。

Classic EditorはWordPressのプラグインです。現在WordPressは「Gutenberg(グーテンベルグ)」という新しい編集画面に切り替わっています。

このグーテンベルグはとても使いにくい。新しい編集画面なので、始めのうちは慣れるまで使いにくいでしょう。けれど、慣れるのか?!というほど使いにくい。

というわけで、それで今まで使っていた編集画面を使えるようにできるプラグインの「Classic Editor」を使うことにしたんです。

 

そのClassic Editorとリンカーの相性が悪く、XMLエラーが出ている。

可能性が出てきたので、対処しようとしました。Classic Editorの最新バージョンを使うとエラーが出るので、一つ前に古いバージョンではリンカーが使えるようになるらしいですが、

一つ前にバージョンが見つからない!汗

 

Classic Editorの古いバージョンが見つからないので、停止してみることにしました。

使いにくいグーテンベルグの編集画面でリンカーで検索すると、XMLエラーが表示

 

結局、Classic Editorを使わなくてもXMLエラーが出ます。

Classic Editorをプラグイン一覧から削除してみて、再びリンカーを使ってみましたが、これまたXMLエラーが出ます。

 

もう打つ手なしかなぁ・・・泣

XMLエラーの対象でまずすべきコト

あと一つ、するべき作業がありました。

 

それは、

 

キャッシュの削除

 

簡単&大事な作業を忘れていました。

早速、Googleの設定画面でキャッシュを削除。

 

溜まっていたのか、普段のキャッシュ削除より時間が掛かりました。

WordPressの画面に戻り、リンカーで検索すると・・・

 

 

戻りました!!

 

なーんだ、簡単だった

 

おわりに

確かに、

  • Rinker
  • Classic Editor
  • Cocoon

は更新情報があれば、すぐに更新していました。

が、すぐにエラーが出ることなく、しばらくしてからエラーが発生。

 

時間差があれば、何がエラーなのかわかりにくいです。今回はたまたま検索してわかって、キャッシュ削除でエラーが修正できたのは運が良かったです。

 

焦って、最新のWordPressの編集画面のグーテンベルグを使いましたが、あまりの使いにくさにイライラしました( ;∀;)

でもこれから少しずつでもグーテンベルグの編集画面には慣れていかなければいけないですね。いつClassic Editorのサポートが終わるかわかりませんから。

 

話を戻しますが、エラー出たらまずはキャッシュ削除をすることをおすすめします。

焦ってパニックにならないように~

 

 

コメント