ボタン一つで簡単操作の電動コーヒーミル5選

コーヒー

簡単に挽き立てのコーヒーが飲みたいわ~

インスタントコーヒーはおいしく感じられないし

手挽きコーヒーミルで毎度挽くのはメンドウだし

 

どうにか楽して挽き立てコーヒーを飲みたい。

コーヒー好きさんはそう思う人が多いです。

もちろん、コーヒー豆の粒度を気にして粗挽きや細挽きまで設定して、お湯の温度も90℃くらいで淹れて・・・とこだわる方もいますが、

どちらかというと

 

というより横着でわがままな私は

楽しておいしいコーヒーが飲みたい!

といつも思っています。

 

同じように思っている人は、電動コーヒーミルを使うのがおすすめです。

 

いや、電動コーヒーミルも設定とかメンドウやん?

さらに電動コーヒーミルの設定すらメンドウと思う人には、ボタンを押すだけでコーヒー豆を挽くことができる超簡単な電動コーヒーミルがあります。

今日はボタン一つで簡単にコーヒー豆が挽ける電動コーヒーミルを紹介します。

スポンサーリンク




電動コーヒーミルのメリットは簡単に挽き立てコーヒーが飲めること!

電動コーヒーミルは手挽きコーヒーミルとは違い、

  • 簡単
  • 早く

コーヒー豆を挽くことができます。

手挽きコーヒーミルはコンパクトなのですが、自力で挽かなければならず、力の弱い人などには向きません。

その電動コーヒーミルはボタンを押すだけで挽くことができるので、簡単・楽にしてくれる家電になります。

簡単電動コーヒーミルを使う時はコツが必要になる

電動コーヒーミルはボタンを押すだけで簡単・楽にコーヒー豆を挽くことができるわけですが、2点だけデメリットがあります。

ボタンの押す時間で、コーヒー豆を挽く粒度を調整しなければなりません。

これが結構コツが必要になります。

 

粗挽き・中挽き・細挽きなどありますが、どの粒度でも自分の思った通りに挽けるまで練習が必要になります。

簡単に挽くことのできる電動コーヒーミルはカッター式が多く、均一な粒度に挽くことが難しいからです。

電動コーヒーミルを使っていくうちに慣れてくるので、それまではボタンを押す時間を調整して練習すればデメリットは解消できます。

 

あと一つのデメリットは電動なので、水洗いができないということです。

カッター刃部分には細かいコーヒー粉が溜まりやすいので、ハケなどでお手入れをします。

電動も手挽きもミルはお手入れが必要になります。

ボタン一つ簡単操作で挽く電動コーヒーミル 5選

メリタ 電動コーヒーミル ECG62

メリタのECG62はボタン一つで簡単に挽くことができるほかに、コードが底面に収納できるのが特徴です。

カラーはホワイトとブラックの2色があります。

ラッセルホブス コーヒーグラインダー 7660JP

ラッセルホブスの電動コーヒーミルもボタンを押すだけで挽くことのできる簡単な操作ですが、グラインディングボールが外せる特徴があります。

簡単に操作できる電動コーヒーミルは簡易な作りのものが多く、本体ごとドリッパーに挽いたコーヒー粉を入れます。グラインディングボールが外せるとカップで移すような感じで、入れやすくなります。

使いやすさは一番の電動コーヒーミルと言っていいでしょう。

カリタ EG-45

カリタには簡単な電動コーヒーミルは二つあり、そのうちの一つです。

EG-45の読み方は「イージーヨンジュウゴ」。

イージーに使える電動コーヒーミルっていうダジャレやん

カリタ CM-50

カリタの二つある簡単な電動コーヒーミルの一つです。EG-45の後継機種がCM-50になります。

電動コーヒーミルでは1・2位を争うほどの人気です。人気の理由は安さとカリタというブランドだからです。

ハリオ 電動コーヒーミル カプセル EMC-3HSV

コーヒー器具で有名なハリオの簡単に使える電動コーヒーミルです。

底面にコードが収納できます。

おわりに

とにかくシンプルに早くコーヒー豆を挽きたい人におすすめです。

粉の粒度は使って慣れていけば大丈夫!まずは使ってみることです。

 

挽き立てのコーヒー粉で淹れるコーヒーは格別ですよ。

シンプルな電動コーヒーミルは価格も安いよ!

 

コメント