パナソニック ハンディスティック掃除機MC-SBU1Fはどこで使う?口コミレビューから使いどころを探る

家電&ガジェット

パナソニックって時々迷走する時あるんです。

大きい家電メーカーは遊び心を持って製品を開発しているのかな。ものすごく苦労しているのはわかっているけど、新しい製品を作るのが楽しそうに見えます。

 

そんな風に思ってしまうような、クリーナーがあります。

ハンディスティック掃除機MC-SBU1F。

 

とっても軽くて

とっても細くて

ミニマムなクリーナーです。

 

製品名も『ハンディスティック掃除機』です。

ハンディクリーナーなのか

スティッククリーナーなのか

どっちつかずのクリーナーです。

 

ハンディクリーナーで

スティッククリーナーで

両方の特徴があって、使い方の幅が広がるんじゃない?って思ったけど、中途半端になっているかもしれない。

 

パナソニック ハンディスティック掃除機MC-SBU1Fはどういう風に使えばいいの?今日は付きどころについて調べてみました。

スポンサーリンク




パナソニック ハンディスティック掃除機MC-SBU1Fの仕様

スティック時サイズ・重さ:幅55x奥行91x高さ1072mm・0.75kg

ハンディ時サイズ・重さ:幅55x奥行59x高さ314mm・0.53kg

集塵方法・集塵容積:紙パックレス式・0.06L

充電時間:約4時間

使用時間:HIGH 約7分 / LONG 約30分

付属品:極細すき間ノズル、専用ストラップ

カラー:カーマインレッド、グラファイトグレー、オリーブグリーン

持ち手はなく、本体が筒状になっています。直径6cm以下なので女性でも持てるくらいの細さです。

MC-SBU1Fの特徴はハンディがスティックなるところ

 

引用 Amazon

製品名の通り、スティッククリーナーとしてはもちろん、スティックを外してハンディクリーナーとしても使えます。

ハンディクリーナーはテーブルや棚の上のゴミやほこりをちょこっと掃除します。

本体サイズは幅55x奥行59x高さ314mmで、ハンディクリーナーサイズです。

スティッククリーナーを出すほどでもない、ほんの少し気になるところを掃除するにはさっと取り出せて、さっと掃除できる、便利な大きさです。

MC-SBU1Fの使いどころはどこ?

MC-SBU1Fで目を引くのがヘッド部分です。

ヘッドの形が普通のクリーナーとは違います。

縦型です。

 

クリーナーは前後に動かして床を進んでいき掃除します。

ヘッドが縦型ならものすごく使いにくそう

 

引用 Amazon

縦型のヘッドは横に向けて幅を持たせて掃除します。片方の支点からの動作になるので、T字型になっているヘッドより少々コツが必要になります。

おそらくフローリングなどの滑りやすい床で使うので縦型の形状でもすんなり進むと思います。

 

ただヘッドの形状から、スティッククリーナーを使うことを考えるより主にハンディクリーナーとして使う方がよさそうです。

スティッククリーナーとして使うなら、もっと使いやすい機種は色んなメーカーから発売されています。

MC-SBU1Fのバッテリーは購入して自分で交換する

MC-SBU1Fの取扱説明書には、バッテリー交換は自分でするように説明されています。

リチウムイオン電池 AVV97V-TB 10,000円

2019年4月26日現在、Amazonや楽天市場では販売されていません。

MC-SBU1Fを購入した販売店、パナソニックを取り扱っている販売店などと取り寄せてもうらうとよいでしょう。

MC-SBU1Fの価格

2019年3月に発売されたMC-SBU1Fの価格は

Amazon 21,000円

楽天市場 20,120円

と20,000円を少し超えるくらいの価格です。

パナソニックのスティッククリーナーでは一番安価になります。

が、スティッククリーナーとしてはまあまあな価格です。ハンディクリーナーとしては価格帯としては高価なグループになります。

使い方次第で、この価格が高いか安いかの価値が変わってきます。

MC-SBU1Fの口コミレビューは期待しすぎない人に高評価

特徴をみている限りでは、どっちつかずの機能で魅力が欠けているのが本音です。

レビューがいくつか見つかったので、使用者はどのように使っているのか、レビューをみてみましょう。

 

今の我が家では理想的。
2歳児がいるので掃除はしたいけど、乗るタイプの車のおもちゃや子供用の脚台などなど、何かとごちゃごちゃしていて。。。
いちいち全部動かすのが面倒だし、掃除機を出すのも面倒。

これはとても軽いし、ヘッド部分が小さいのでコルクマットと家具の間の微妙な隙間や、ソファーやベッドの下なんかも楽々!
掃除機を出すほどでもない、ちょっとした塵やここだけササッと今、という時に最適です。毎日楽しく掃除機かけてます(^-^)

外すとハンディ掃除機と柄に別れるので充電も場所を取らないし、柄の部分はモップの様に軽くヘッドも小さいのでちょっとしたスペースに立て掛けてられて邪魔になりません。
Lowモードだと吸引力は落ちますが音も静かだし、塵やホコリなどは充分吸えています。
ヘッドがローラー付いて無いので、コルクマットやカーペットには向きません。でもローラー部分に絡まる髪の毛や糸屑掃除をしなくてよいし、我が家はフローリング用として買ったので問題なし。畳の部屋なんかにも良さそうですね。

日々の簡単掃除だとハンディモップでも良さそうですが、違いはヘッドの小ささと、どこかに落ちてる米粒や子供のお菓子の食べカスの様な物は掃除機の方が向いてるかなという感じです。子供も使いたがってLowモードで遊ばせてます。もうすぐ3歳の子供も余裕で動かせてるので、今後もう少し大きくなったら“ここだけ”掃除手伝ってもらえそうです。

コンパクトなので作動時間は短いかもしれませんがHighで7分、Lowで30分。ちょこっと掃除には充分だしHiighLow使い分けしながらでそのまま ついで掃除 に移行して3階建の階段+フローリング 全部掃除できちゃいます。充電足りない時とゴミが一杯になってきたらランプが点滅して教えてくれます。
良い買い物が出来ました(*^^*)

引用 Amazon

がっつり掃除ではなく、ハンディくらいのレベルで使っています。お子さんがいて、掃除する時にはとても便利です。

子供のおもちゃはたくさん・ごちゃごちゃとあって、逐一横にずらして掃除することになりますが、ヘッドが縦型で小さい分すき間に入れて掃除することができます。

ヘッドの形状をうまく利用して掃除しています。また小さいので、子供が手伝えるというのも利点です。

小さい子供は何でもやりたがります。大人がメンドウだと思うこともやりたがります。掃除機は大きくて小さいお子さんだと力が足らなくて持てないけど、MC-SBU1Fだと小さく軽いので3歳くらいの子供でも十分持って掃除できます。

子供のやりたい好奇心も満足させられる+大人のメンドウも解消してくれるいいアイテムになっています。

 

コンパクトで使い勝手もいいのですが、ペットのいる家庭には不向きです。チワワ【小型犬】ですが、あっという間にゴミが一杯サインで吸引力が落ちました‼️

引用 Amazon

MC-SBU1Fの集じん容積は0.06Lです。これはかなり小さく、がっつり掃除するには不向きです。

ペットは意外と毛が落ちて、意外とチリやほこりを落とします。ペットがいる家庭なら、スティッククリーナーを購入することをおすすめします。

 

1人暮らしで狭い部屋に住んでいるのですが、クローゼットに入れている
その掃除機を出して掃除をするのが面倒で、なかなかやる気が起きず、
月に1回掃除機をかければいいかなという程度でした。そこで全重量750gという
のに目がいき、初めてのコードレス掃除機ですが、思わず購入しました。これを
買ってからは掃除を早くやりたい!という気になります。

このハンディークリーナー自体は壁に沿わせて置いています。すぐに取り
出せるので手軽に掃除ができます。ヘッドが狭いところまで入るので、今までの
掃除機では面倒でやらなかった場所まで掃除できます。

吸引力はさすがに従来の掃除機には負けますが、自宅は9帖程度のフローリング
部屋と短いキッチン廊下、トイレ、洗面所だけなので、個人的には十分です。
うちにはないですが、じゅうたんやカーペットがあるとちょっと掃除がしに
くいかもしれません。

確かに軽いのですが、持ち手が太いのでちょっと持ちにくいです。

あと、
値段が高いですね。その点で星4つにしました。他に交換用バッテリーが
純正のもので1万円もすると説明書に書かれていました。他社の互換
バッテリーが安く発売されるのを祈っています。

引用 Amazon

ワンルーム程度ならMC-SBU1Fで十分という方もいます。昼間は働いていて自宅にいなければ、ホコリやチリも少量なので、小さいクリーナーでもよかったのかもしれません。こまめに掃除していればなお、ホコリやチリも少なくなりますからね。

 

吸引力は、先のレビューにもあった通り、米粒や食べかすサイズを吸う程度です。けっして強い吸引力ではないですが、軽く掃除する程度には十分です。

 

まとめると、MC-SBU1Fをおすすめする人は・・・

  • お子さんがいてこまめに掃除したい
  • 一人暮らし
  • ちょこっと手早く掃除したい

がっつり掃除するのではなく、こまめに掃除したい人におすすめです。

 

MC-SBU1Fの価格が高い、バッテリーも高いと、コスト面が気になる人におすすめするのは

MC-SBU1Fの価格は20,000円を超えます。バッテリーも10,000円です。

少々価格が高く思えます。他のメーカーでお手頃価格のクリーナーはたくさんありますから。

 

ならば、同じパナソニックで似た性能のクリーナーはあるのかな?と調べたところ、ありました。

MC-SBU1Fはハンディクリーナーとして使うことが多いのなら、いっそMC-B20JPを買えばいいと思います。

本体価格、バッテリーなどもMC-SBU1Fとは比較にならないほど安い。チェックしてみてください。

 

ただスティッククリーナーとしても使いたいなら、マキタのクリーナーは価格もお手頃で、吸引力もそこそこあり、満足度も高いです。

スティッククリーナーの人気はこちら

 

おわりに

ハンディスティック掃除機は立ち位置としては、どっちつかずで使い方に困りそうです。

調べて分かったことは、スティッククリーナーとして購入して使うと、求めすぎてしまって期待値を下回り満足度が下がることです。

あくまでハンディクリーナーとして使い、スティッククリーナーはオマケ程度で使うといいですね。

子供と一緒に掃除ができるという点では、とても良いクリーナーです。チェックしてみてください。

 

こちらも人気

 

パナソニックが好きならこちら

 

コメント