映画「ジェラシック・ワールド/炎の王国」を観た感想【レビュー】

エンタメ

Amazonプライムで「ジェラシック・ワールド/炎の王国」を観ました。

 

知らない人はいないくらいの有名な映画「ジェラシック・ワールド」の続編です。

前回の「ジェラシック・ワールド」は恐竜を復活させて島で恐竜園のような場所を作り出し、そこでのアクシデントでパニックになるお話です。超短くまとめましたが。笑。

 

恐竜の楽園の島。

ジェラシック・ワールドのラストはストーリーの中心となった遺伝子操作をした頭のいい恐竜は食べられて、その他の恐竜は自由に島を闊歩して終わります。

恐竜の楽園となった島の3年後が「ジェラシック・ワールド/炎の王国」で始まります。

 

Amazonプライムでは、普段はレンタルや購入して見るような映画や番組が無料で観れることがあります。いつ、何が無料になるかはわかりません。

今回は運良く観れることができたのでラッキーでした。今日は「ジェラシック・ワールド/炎の王国」を観た感想・レビューです。

スポンサーリンク




「ジェラシック・ワールド/炎の王国」のあらすじ・キャスト

キャスト:クリス・プラット, ブライス・ダラス・ハワード, レイフ・スポール

128分 2018 字幕版/吹替版

ジャンル:アクション, SF, アドベンチャー

 

あらすじ

あの大惨事から3年――大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」は、今や放棄され、恐竜たちがたくましく生き抜く、野生の島へと姿を変えていた。しかしある日、島内で巨大な火山噴火の予兆が観測される。タイムリミットが近づく中、選択を迫られる人間たち

引用 Amazon prime video

 

「ジェラシック・ワールド/炎の王国」を観た感想【レビュー】

ここからはネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

観終わった後の感想は一言。

 

は・・・半分・・っ!

はっきり言います。

炎の王国は半分だけです。

 

ジェラシック・ワールドの続編なので、オーウェンとクレアが出てきます。

オーウェンとクレアが再び島へ戻りますが、島での冒険は前半で終わります。後半はアメリカへ戻り、ドッタンバッタンとストーリーが進みます。

 

勝手に想像しちゃたのよね・・・

島で噴火が起きていろいろと騒動が起きてドキドキワクワクするのを

 

前半は火山が噴火して慌てたり逃げたり、ドキドキして楽しめましたが、それも結構あっさり前半だけで終わります。

いえ、行動としては正解です。島の山が噴火したのなら即避難です。

ですが、映画だからもう少し噴火を楽しみたかった。後半の闇のオークションとかは30分くらいであっさり済ませたらよかったのに。

 

文句からのレビューですが、子供とみれば楽しめます。噴火で逃げるところも、オークション後の恐竜が暴れるところも、子供は派手に動くのが好きだから。

オーウェンの(手を前にして待てのポーズ)

よーし、いい子だ・・・

ジェラシック・ワールドを観たら、絶対やるヤツっ!!!

オーウェンごっこ!

またあるので、観たらつい「いい子だ・・・」と子供とやってしまいます。笑。

 

ラストは少々不満です。この映画のメッセージなのかな?

恐竜との共存。

恐竜の遺伝子操作をした人間の欲と罪。

やはり恐竜は滅ぶべきか。

人間の世界に放たれた恐竜はどうなるのでしょうか。

 

おわりに

ジェラシック・ワールドが面白かった分、続編の期待が大きくなってハードルを上げすぎて、失敗した感があります。

前半だけはアドベンチャーで、ドキドキワクワクの盛り上がりが後半になるにつれて下がってきたのは残念です。

 

だた私の想像が外れてラストに不満がありますが、無駄な想像をせずに観ればいいのかもしれません。

Amazonプライムビデオで無料で観れる時には観てください!

 

壮大なSFストーリー

 

冒険には楽しさと厳しさがある

 

Amazonプライムにまだ入会していなかったら

 

コメント