映画「フランケンジョーズ」を観た感想【レビュー】

エンタメ

映画「フランケンジョーズ」を観ました。

 

サメ映画です。サメ映画はたくさんあります。

できる限りのAmazonプライムビデオのサメ映画を観ようと試みています。Amazonプライムビデオではそりゃもうたくさんのラインナップがあるので楽しみです。

 

その中で「フランケンジョーズ」を選んだ理由は視聴時間が73分と短めだったから。1時間ちょっとなので気軽に観れますね。

今日はAmazonプライムビデオで「フランケンジョーズ」を観た感想【レビュー】です。

スポンサーリンク




「フランケンジョーズ」のあらすじ・キャスト

73分 2016 字幕版

キャスト:グレタ・ヴォルコヴァ, ケン・ヴァン・サント, ジェームズ・カロラス

ジャンル:SF, サスペンス

 

あらすじ

1942年。第二次世界大戦の劣勢を打破する為、ナチスが極秘に開発していた生物兵器が破壊され、この失態でドイツは敗戦した。そして、現代。海辺の小さな町に突如巻き起こった鮫の襲撃騒動。町民は鮫退治に乗り出すが、彼らが見たのは世にもおぞましい人造生命体フランケンジョーズだった!

引用 Amazon prime video

 

「フランケンジョーズ」を観た感想【レビュー】

ここからはネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

 

これは・・・

私の許容範囲を超えている・・・

一定の人には人気がありますが、私はもう2回目は観ないと思います。

  • カメラワークが苦手
  • CGがCG
  • ストーリーの流れが予想外
  • 画面におさまりきらない

ストーリーが予想外なのはいいことなんですが、いい意味での予想外と悪い意味での予想がありますが、私は悪い意味での予想外で受け付けませんでした。

サメが画面に収まり切れていません。カメラワークもちょっと苦手です。カットのブツ切りが半端ないです。映像に気を取られてストーリーが頭に入ってきません。

 

マーク・ポロニア監督を調べてみたのですが、B級映画ではなく低級映画を作る奇才の監督らしい。マーク・ポロニア監督の映画にハマるマニアックな人もいるみたいです。

確かに、ハマる人がいるのはわかります。

ネタバレですが、クライマックスではフランケンジョーズに手足が生えてきます。このぶっ飛び具合にハマるのかな、と想像します。

そして、ジョーズが画面におさまりきらない。

 

とりあえず、画面にジョーズがおさまり切っていないんです。私の感想は「おさまりきっていない」です!

 

Amazonプライムビデオの評価は42件中、

★1 48%
★2 19%
★3 7%
★4 9%
★5 17%

と低評価の★1と★2で67%と占めますが、★5の高評価も17%もいるんですよね。

一定数のコアなファンはいるんだなと思います。

そして、レビューを読むのがおもしろいです。

  • まぁとにかく凄い。凄いとしか言えない。
    あれは絶対サメじゃない! 脚生えてるじゃん!!
  • B級の基本を踏襲したお決まりの展開。撃退方法もラストのオチも想定どおり。
    それがここまで滑稽なものになった要因、それは全てにおいて雑、としか言いようがありません。
  • サメ退治に集まった村人もこの映画のピークの一つで、センス0、演技力0(多分演技指導も0)、やる気0の稀に見る脱力シーンです。
    で結局どうやって退治したんでしたっけ、もう覚えてないです。

逆にレビューを観たら、映画を観たくなってくるほどです。私はかなり影響されて観ました。笑。

73分の比較的短時間+レビューのおもしろさを確かめたい欲求で観ましたが、レビューに間違いはありませんでした。

心がゾワゾワしたら、観た方がいいですよ。

 

 

絶対後悔するから。

おわりに

基本的にあらすじやレビューを観てから、映画を観ます。低評価の映画ほど気になるものです。

私はブログにレビューを書くし!と思って観ているので、後悔とか時間の無駄とかは思いません。

時間を無駄にしたくない人は観ないでくださいね。

 

最後に一つ注意を。

お金を払ってまで観てはいけません。

 

海底でドキドキするよ

 

こちらもツッコミ満載

 

Amazonプライム会員ではなかったら

 

コメント