ハリオ V60 オートプアオーバーSmartQサマンサEQS-110-MGR-BTの特徴や価格は?

コーヒー

ハリオから新しいコーヒーメーカーが出ました。

V60 オートプアオーバー SmartQ サマンサ EQS-110-MGR-BT

 

ちょっと長い商品名なので、「サマンサ」と呼ぼうかな。

 

ハリオではSmart7、Smart7BTのおしゃれコーヒーメーカーが話題になりました。

直線を生かしたシャープなデザインは、スタイリッシュでインテリアとしても存在感があるのでテレビでも紹介されていました。

見た目だけじゃなく、もちろん機能も湯温・湯量・スピードなど細かい設定まででき、アプリと連携していて先進的なコーヒーメーカーです。

 

そんなコーヒーメーカーの次に発売されたのが、SmartQ サマンサ EQS-110-MGR-BTで、見た目ががらりと変わりました。

丸みを帯びたデザインはSmart7、Smart7BTとは全く違う雰囲気です。

個人的にはSmart7、Smart7BTが好きなのですが、SmartQサマンサがどんなコーヒーメーカーなのか興味があり調べてみました。

今日はハリオのV60 オートプアオーバーSmartQサマンサEQS-110-MGR-BTを紹介します。

スポンサーリンク




ハリオ V60 オートプアオーバー SmartQ サマンサ EQS-110-MGR-BTの仕様と特徴

サイズ:幅27.5x奥行12.5x高さ33.5cm

容量:2-5杯 1100ml

カラー:メタリックグレー

特徴

  • タンクに熱湯を注げる
  • 連続抽出可能
  • Bluetooth対応

見た目で目を引くのが丸みを強調したデザインですが、ドリッパーやサーバーは孤立している仕様となっています。

一般的なコーヒーメーカーはドリッパーは本体に組み込まれていることが多く、取り外しして丸洗いができるようになっています。サーバーはガラスやステンレス製などありますが、コーヒーメーカー専用の型のため、破損すると専用のサーバーを購入しなければならず、メーカーに問い合わせたり、品番を調べるのが大変だったりします。

その点、ハリオのコーヒーメーカーはドリッパー・サーバーは孤立しているので専用の品番を選ぶ必要はありません。

またドリッパー・サーバーはハンドドリップする際にも使えるので気分によって使い分けできます。

 

他のコーヒーメーカーにない特徴は、熱湯をタンクに注げることです。通常は水を入れて、コーヒーメーカーの中で熱湯にし抽出していきます。

サマンサは熱湯を注ぐことができ「水を熱湯にする」工程が短くなるので、抽出時間も短くなります。

 

Bluetooth対応となっていて、アプリと連携してお好みの抽出ができるのはSmartシリーズの特徴となっています。

EQS-110-MGR-BTの使い方

EQS-110-MGR-BTには操作ボタンが3つしかありません。一つは電源ボタン、あと二つは操作ボタンです。

電源ボタンはあるけど、操作ボタンはどこ?

操作ボタンは抽出口の上面にあります。タッチパネルとなっていて、選択・抽出になっています。

湯温・湯量などの設定ボタンはありません。それらはアプリで設定して使います。デメリットはスマホを持ってないと使えないことです。ガラケーだとサマンサの特徴を最大限に使えません。

スマホアプリで、コーヒーの抽出設定をします。抽出中に見ながら操作もできます。またアプリd設定したレシピは4つまで本体に保存できます。

選択ボタンを押して選択します。選択ボタンのデフォルトのレシピもあり、必ずアプリで設定しなければいけない、ということはありません。

 

本体デフォルトレシピ

レシピ 使用湯量 湯温 コーヒー粉量 杯数・特徴
A 362ml 90℃ 24g 2-3杯・爽やか
B 300ml 90℃ 24g 2杯・リッチ
C 536ml 90℃ 36g 3-4杯・爽やか
D 438ml 90℃ 36g 3杯・リッチ

このままでもいい気がしますが、コーヒーの抽出や味にこだわりたい人はアプリで細かな設定ができます。

EQS-110-MGR-BTのお手入れの仕方

サマンサでは水タンクのお手入れが気になります。

ドリッパーやサーバーは使うたびに洗うので心配はないですが、水タンクは取り外しができないので、こまめなお手入れが必要となります。

水タンクのお手入れでは「クエン酸」で水あかなどを除去します。

しつこい水あかになる前に、3か月~半年程度の頻度でお手入れをしてください。

水あかなどが溜まると、抽出スピードが遅くなります。使用頻度などにより汚れるペースが変わってくるのでご注意ください。

詳しいお手入れ方法は取扱説明書に記載されています。

EQS-110-MGR-BTの付属品の仕様

サマンサEQS-110-MGR-BTの消耗品や付属品です。

ドリッパー

サマンサEQS-110-MGR-BTのドリッパーは02サイズのガラス製です。もしも割れてしまった時でも安心です。ハリオでは単品で販売しています。

 

V60 コーヒーサーバー 02サイズ XGS-60

もこもことしたサーバーはおしゃれです。このデザインは一目でハリオとわかるくらいです。

サーバーもガラス製なので、うっかり割れてしまうこともありますが単品でも販売しているので、購入できます。

 

ペーパーフィルター 02 VCF-02-40W

02サイズのドリッパーなので、02サイズのペーパーフィルターを使用してください。

 

EQS-110-MGR-BTのの価格

アプリと連携して抽出するコーヒーメーカーは最新の機能です。気になるのは価格ですよね。

Amazon 129,600円

楽天市場 88,000円

※2019年5月5日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

発売したばかりなので、ほぼ定価です。楽天市場ではいくつかのショップが10万を切る価格で販売しています。送料負担の場合もあるので確認してください。

おわりに

アプリと連携という最新の機能を備えたサマンサEQS-110-MGR-BT。

コーヒーの抽出や味にこだわる人におすすめします。

 

個人的にはSmart7やSmart7BTのデザインが好みなので、サマンサはどうかなぁと思います。Smart7、Smart7BTはアプリも連携しているので、サマンサにも見劣りしません。

 

熱湯を注げる、本体にアプリで設定したレシピを保存できるのはサマンサだけです。

検討してみてください。

 

 

コメント