映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」を見た感想【レビュー】

22年目の告白-私が殺人犯です- エンタメ

映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」を観ました。

正直言うとあまり興味がなかったのですが、邦画は字幕版の洋画と違って日本語なので、画面に集中しなくてもいいので、流して観るつもりでした。

けれど、すぐに話に惹き込まれました。

今日は「22年目の告白-私が殺人犯です-」を観た感想【レビュー】です。

スポンサーリンク




「22年目の告白-私が殺人犯です-」のキャスト・あらすじ

2時間1分 2017年

キャスト:藤原竜也、伊藤英明、竜星涼、中村トオル、夏帆、岩松了、岩城滉一、早乙女太一

ジャンル:サスペンス

あらすじ

時効後に名乗り出た、殺人の告白。かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然みずから名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件(ゲーム)の始まりだった……。

Amazon prime video

「22年目の告白-私が殺人犯です-」を観た感想【レビュー】

ここからはネタバレを含みますので、ご注意ください。

冒頭で「惹き込まれた」という通り、観ててすぐに画面に集中するようになりました。

面白くなかったら、途中でも消したり

ブログを書いたり、何か他の作業をするよ

私のAmazonプライムビデオのウォッチリストには、途中までしか観ていない映画がたくさんあります。

そんな私が作業を中断して、観始めるのは「おもしろい」「興味がある」ということです。

どんでん返しがあるよ

私はミステリーやサスペンスなどで犯人を予想しながら観るタイプではありません。何も考えずに流れに任せてぼーっと観るタイプです。

だから、ストーリーの中盤にどんでん返しがあるのを、「おおっ!」と思いながら観ました。

Amazonプライム・ビデオでのレビューではとても鋭い人がたくさんいて、

  • 犯人がすぐに分かった
  • ストーリーが陳腐
  • 辻褄があっていない

など色んな意見がありましたが、本格的な犯人捜しをしながら観たり、辻褄があっていないことに違和感を持ち落ち着かない人は観ない方がいいかもしれません。

まあ、ようするに

本気で観るんじゃなくて、さらっと観るのがおすすめ

藤原竜也の熱演だけに観るのもありですね。

最後にネタバレしますけど、

恋人のタクミが整形して、藤原竜也になるのは無理があるかなー。

私のツッコミの感想はこの一つだけかな。

2回目はまた違う見方ができるんだろうけど、まだ観ていません。

たぶん、観ないかな(笑)

終始、暗いストーリーなのであまり気が進まないのかもしれません。

サスペンスが好きな人は観てください。

おわりに

真犯人は誰か?

どのように殺したのか?

などの謎の要素もあるので、謎解きしながら観たい人にも1回は観るといいかもしれません。

韓国で作られた作品のリメイク版でもあるので、そちらを観た人も日本版を観ると違う楽しみ方ができるかもしれません。

興味があったら、観てください。

サスペンスなら、こちらも圧巻です。

コメント