映画「ノー・エスケープ 自由への国境」を観た感想【レビュー】

映画 ノー・エスケープ エンタメ

【吹替版・1時間30分・サスペンス】という条件だけで観ました。

もちろんAmazonプライムなので無料です。

内容のあらすじを理解せず読んだので、内容は私のイメージとは違ってました。画像から勝手にイメージしていただけなので、映画は悪くないです。私が悪いんです。

今日は映画「ノー・エスケープ 自由への国境」を観た感想【レビュー】です。

スポンサーリンク




「ノー・エスケープ 自由への国境」のキャスト・あらすじ

2017 1時間28分 吹替版/字幕版

キャスト:ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガン

ジャンル:サスペンス、ドラマ

あらすじ

家族に会うために、メキシコからアメリカへの不法入国を試みるモイセス。車で国境を越えようとしていたが、急なエンジントラブルによりモイセスを含む15人の移民たちは荒れ果てた砂漠を徒歩で越えることになってしまう。有刺鉄線がひかれた国境をくぐってアメリカ国内に侵入する不法移民たち。見つかることを警戒しながらも、順調に都市部へと向かっていた。しかし、歩みの差からふたつのグループに分かれてしまう。遅れをとった移民たちが待ってくれるように必死で叫んだその時、突然、銃弾が襲いかかる。襲撃者は見えず、正体は不明。見つかる前にと辛くも逃げ出したモイセスたちだが、そこは身を隠す場所もない摂氏50度の砂漠。モイセスたちは”自由の国”アメリカで無事逃げ切ることはできるのか――。

Amazon prime video

「ノー・エスケープ 自由への国境」を観た感想【レビュー】

ここからはネタバレを含みますので、ご注意ください。

簡単に説明すると、不法入国する集団を狩りをするように楽しむ殺人鬼がいて狙われ、逃げるお話です。

遠く離れたところから、命中させる技術がすごくて、どんどん殺されていきます。ここら辺の描写は目を背けたくなるので、子供とは観たくないですね。

結論をはじめに書くと、おもしろかったです。

あ、後半はツッコミを入れたくなるようなところもあるので、広い心で観たら楽しめます。

この映画は、意見が分かれる・・・というより多くのレビューが

  • ヒドイ
  • おもしろくない
  • イライラする
  • ツッコミ所が多すぎる

と散々な結果です(笑)

逃げるドキドキ感を味わいながら観ることをおすすめします。

私が映画のレビューを書くと、頭をからっぽにして辻褄とか説得力とか気にせずに観ましょう!といつも書いていますね(笑)

おそらく、満足のいく映画に出会うためには、有名な映画を観るべき。説得力があり、迫力があり、おもしろい。だから有名になるんですよね。

タイトルを聞いたことのない映画はきっとちょっとしたズレのある映画が多い。ズレをいうのは、説得力・辻褄・筋・ストーリー性などです。これらがしっかりしていなければB級・C級映画といわれるわけですが、そんなことを求めず観ることが大事です。

レビューでは散々な結果ですが、私は何も考えずに観ているので楽しめました。

クライマックスの大きな岩での隠れながら逃げるのは、さすがにツッコミを入れてしまいました。この場面のためのストーリーと思ったら、おもしろい!でいいんじゃないでしょうか。

おわりに

時間を無駄にしたくない人にはおすすめできない映画です。

逃げるドキドキを味わいたい方にはおすすめです。ぜひ観てください。

こちらも逃げる映画です。

コメント