シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351、SC-A371の違いは何?

シロカ SC-A351 SC-A371 コーヒーメーカー
カバコッティ
カバコッティ

シロカの全自動コーヒーメーカーがさらにおしゃれになったみたいね!

ハニワ
ハニワ

おしゃれを突き抜けてるニワー

シロカの全自動コーヒーメーカーに『カフェばこ』シリーズが追加されました。

デザインは全自動コーヒーメーカーを継承。いえいえ、同じように見えて、さらに洗練されたデザインになっています。

今日はシロカの全自動コーヒーメーカー SC-A351、SC-A371を紹介します。

スポンサーリンク




シロカのコーヒーメーカーのラインナップ

まずはシロカのコーヒーメーカーの一覧をみてみましょう。

  • 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A371
  • 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351
  • 全自動コーヒーメーカー SC-A221
  • 全自動コーヒーメーカー SC-A211
  • 全自動コーヒーメーカー STC-501
  • コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122
  • コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C121
  • コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111
  • ドリップ式コーヒーメーカー SCM-401

全自動コーヒーメーカー・コーン式全自動コーヒーメーカー・ドリップ式コーヒーメーカーの3種類あり、全部で9機種あります。

ボックス型のすっきりかわいいコーヒーメーカーは全自動コーヒーメーカー SC-A371、SC-A351、SC-A221、SC-A211、STC-501の5機種になります。

その中で『カフェばこ』と名付けられたのがSC-A371、SC-A351です。

カフェばこ SC-A371、SC-A351は2019年に発売された新しい機種になります。この2機種の違いをみていきますが、さらにカフェばこ以前に発売されているSC-A221、SC-A211、STC-501とはどのように違うのかもみていきます。

SC-A351、SC-A371の仕様と特徴の違い

シロカ SC-A351 SC-A371
SC-A351SC-A371
サイズ
(幅x奥行x高さ)
16.2×28.0x26.4cm16.2×28.0x26.4cm
重さ約2.7kg約2.7kg
コード長さ約1.2m約1.2m
消費電力600W600W
抽出方法
最大使用水量
ドリップ方式
約0.55L
ドリップ方式
約0.55L
サーバーガラスサーバーステンレスサーバー
水タンク着脱可能着脱可能
蒸らし機能ありあり
保温機能30分30分
タイマー機能ありあり
ミル1・2・3・4(杯用)
中細挽き
新ブレード搭載
1・2・3・4(杯用)
中細挽き
新ブレード搭載
付属品本体
計量スプーン
取扱説明書
本体
計量スプーン
取扱説明書
カラーシルバーブラック
発売年2019年2019年

仕様からわかる違いは

  • カラー
  • サーバーの種類

2つになります。

まずはカラーから説明しましょう。

シロカ SC-A351 SC-A371

(画像はクリックすると拡大します)

前パネルの色がSC-A351はシルバー、SC-A371はブラックとなります。

どちらもすっきりシンプルなデザインでおしゃれですね。

あと一つのはサーバーの違いになります。

シロカ SC-A351

SC-A351

シロカ SC-A371

SC-A371

引用 シロカ/画像はクリックすると拡大します)

SC-A351はガラスサーバー、SC-A371はステンレスサーバーになります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらが自分に合うがよく検討が必要です。

ガラスサーバーステンレスサーバー
メリット中が見える
価格が安い
破損しにくい
デメリット破損しやすい中が見えない
価格は高い

ガラスサーバーは破損しやすいので、自分が今までガラスサーバーをいくつも割ってきた、おっちょこちょいな性格だと思うなら、ステンレスサーバーを使うのもいいですね。

ただどれだけコーヒーがサーバーに入っているか見える方がいい!というのが購入の条件になるならガラスサーバーを選ぶといいです。

自分の性格や使い勝手を考慮してどちらが自分に合うのかを決めてください。

SC-A221、SC-A211、STC-501との特徴の違い

SC-A351、SC-A371の違いはわかりました。次にカフェばこ以前に発売されているSC-A221、SC-A211、STC-501とはどのような違いがあるか、簡単にお話します。

  • 最大容量の違い
  • タイマー機能の有無
  • ミル段階の違い
  • 水タンクの着脱の違い
  • 蒸らし機能の有無
  • サーバーの違い
  • 保温機能の有無
  • デザインの違い

さらに詳しく表にすると以下の通りです。

SC-A351SC-A371SC-A221SC-A211STC-501
最大使用水量約0.55L約0.55L約0.58L約0.58L約0.58L
タイマー機能ありありなしなしなし
ミル段階1・2・3・4
(杯用)
新ブレード搭載
1・2・3・4
(杯用)
新ブレード搭載
1・2・3・4
(杯用)
新ブレード搭載
1(1・2杯用)
2(3・4杯用)
新ブレード搭載
1(1・2杯用)
2(3・4杯用)
水タンク着脱可能着脱可能一体型一体型一体型
蒸らし機能ありありありありなし
サーバーガラスサーバーステンレスサーバーガラスサーバーガラスサーバーステンレスサーバー
保温機能30分30分30分30分なし
(サーバーで保温)
デザインシルバーブラックステンレスシルバー
タングステンブラック
(表記なし)ブラック

デザインは説明よりも見た方が早いですね。画像はこちら。

シロカ SC-A351 SC-A371

SC-A351・SC-A371 カフェばこ

シロカ SC-A221 SC-A211 STC-501

SC-A221、SC-A211、STA-501

(画像はクリックすると拡大します)

カフェばこのSC-A351、SC-A371の方がフラットなデザインでよりシャープな印象になっています。

あと、ミルのフタ部分(上の突起部分)がすっきりした筒状になっています。

デザインも大事ですが、選ぶ方としては

  • ガラスサーバー or ステンレスサーバー
  • タイマー機能は必要か
  • 水タンクの着脱は必要か

これらを決めていくと、どの機種が自分に合うか選びやすいかと思います。

SC-AA221、SC-A211、STC-501の違いはこちらの記事で紹介しています。

SC-A351、SC-A371の価格

それでは次はSC-A351、SC-A371の価格をみていきましょう。

SC-A351SC-A371
シロカ
(メーカー希小売り価格・税込価格)
25,000円27,000円
Amazon16,280円18,320円
楽天市場16,280円18,320円
Yahoo!ショッピング16,280円17,800円

※2020年2月15日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

発売して間もないからか、価格差はそんなにありません。全自動コーヒーメーカーで2万円以下で購入できるのはうれしいですね。

通販サイトで購入できます。

SC-A351、SC-A371の交換部品・消耗品について

購入前にチェックしておきたいのが、交換部品・消耗品です。

SC-A351の交換部品・消耗品

SC-A351の交換部品・消耗品は以下の通りです。

コーヒーサーバー
(ガラス)
STC-401GP
給水タンクふたSC-A351KTF
メッシュフィルターSC-A351KT
計量スプーンSC-A111KS
本体ふたSC-A351LB-K
ミル付きバスケットSC-A351MB-K
しずくもれ防止弁SC-A351PV-K

SC-A371の交換部品・消耗品

SC-A371の交換部品・消耗品は以下の通りです。

コーヒーサーバー
(ステンレス)
STC-501SP
給水タンクふたSC-A351KTF
メッシュフィルターSC-A351KT
計量スプーンSC-A111KS
本体ふたSC-A351LB-K
ミル付きバスケットSC-A351MB-K
しずくもれ防止弁SC-A351PV-K

一緒に揃えたいコーヒーアイテム

ここからはコーヒーメーカーを購入する時に一緒に揃えると便利なアイテムを紹介します。

ミルのお手入れ用ブラシ

ミル付きのコーヒーメーカーを購入する時に、確認しておきたいのが見るのお手入れ用ブラシが付属しているかです。

残念ながら、SC-A351、SC-A371にはお手入れ用ブラシは付属していません。ミル付きバスケットは取り外して水洗いしますが、水洗いする前に付着したコーヒー粉を払っておくと、洗うのも楽になります。

ミルのお手入れ用ブラシは静電気の起きにくい動物の毛のブラシがおすすめです。

こちらの記事で紹介しています。

コーヒー豆

コーヒーメーカーを選ぶ時には、コーヒー豆も一緒にどうぞ。

浅煎り・深煎り、酸味が強い・苦みが強いなどさまざまな味があるので、お好みの豆を探してください。

カフェばこはミルが付いているので、コーヒー豆の購入がおすすめです。

カップ

おいしいコーヒーを飲むなら、カップまでこだわりたいですね。

カップは唇に触れるので、触感でかなり味が変わってきます。

こちらの記事で紹介しています。

クリーマー

カフェ・ラテやカプチーノを作りたい時はミルク泡立て器・クリーマーが必要です。

普段ブラックを飲んでいる人も、気分を変えたい時に味を変えるのもいいですよ。

こちらの記事で紹介しています。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

もっとおしゃれになって、タイマー機能もついて

シロカのカフェばこにスキはないわね!

ハニワ
ハニワ

カバコッティはドジっ子だからステンレスサーバーをおすすめするニワー

ボックス型のカフェばこはキッチンに収まりが良く、見た目もすっきり。

水タンクが着脱可能になって、タイマー機能も付きました。コーヒーの淹れやすさ、タイマーの便利さは他のコーヒーメーカーの一歩先を行っています。

検討してみてください。

シロカのコーヒーメーカーはこちらにもあります。

無段階調節のできるミルやタイマー機能など、コーヒーにこだわりたい人向け。

コメント