カフェばこ SC-A351とSC-A371の違いを比較!使いやすいが詰まった最上位機種 シロカ 全自動コーヒーメーカー

シロカ カフェばこ SC-A351 SC-A371 比較キッチン家電
カバコッティ
カバコッティ

シロカのSC-A351とSC-A371の違いって何かな?

ハニワ
ハニワ

SC-A351はガラスサーバーで、SC-A371はステンレスサーバーが大きな違いニワ

シロカのカフェばこは4機種あり、その中のSC-A351とSC-A371が上位機種のコーヒーメーカーになります。

特徴は

  • 水タンクは取り外しできる
  • タイマー機能付き
  • ミルは新ブレード搭載、1・2・3・4杯用と細かく設定できる
  • 蒸らし機能がある

と使いやすい機能が満載です。

SC-A351とSC-A371の違いは

  • SC-A351はガラスサーバー、SC-A371はステンレスサーバー
  • SC-A351はシルバー、SC-A371はブラック
  • 価格の違い

3ヶです。

SC-A351は

ガラスサーバーなので中が見えやすく、透明感がおしゃれ。

前面がシルバーで高級感があります。

SC-A371は

ステンレスサーバーで、持ち運びができ、壊れにくいです。

カラーはブラックでシックな雰囲気です。

ガラスサーバーとステンレスサーバーではメリットデメリットが異なります

生活スタイルに合わせて選びましょう。

ガラスサーバーすぐに飲み切る人におすすめ作り置きも30分ほど保温できます。ただ時間がたつと味が落ちてしまうので、やはりすぐに飲み切る方がいいでしょう。

中身が見えるので残量がわかりやすいですが、割れやすいこともデメリットです。

ステンレスサーバー破損しにくいことがメリットです。SC-A371のステンレスサーバーは断熱機能はありません。

それぞれメリットとデメリットがあるので、どういうふうに使うのかを考えて決めてください。

\ガラスサーバーのSC-A351はこちら/
\ステンレスサーバーのSC-A371はこちら/

▼シロカ公式ストア楽天市場店があります▼

お手頃価格のSC-A221、SC-A211はこちらの記事で紹介します↓

SC-A351、SC-A371の違いは3ヶ

ここからはSC-A351とSC-A371の違いをくわしくみていきましょう。

SC-A351はガラスサーバー、SC-A371はステンレスサーバー

SC-A351はガラスサーバーです。

メリットは中の残量が見えること、透明でデザイン性が高いことです。

デメリットはガラスは破損しやすいので、注意をして使わないといけません。

SC-A371はステンレスサーバーです。

メリットは破損しにくいことです。

デメリットは中が見えない、高価なことです。

表にまとめるとこんな感じ↓

ガラスサーバーステンレスサーバー
メリット中が見える
価格が安い
破損しにくい
デメリット破損しやすい中が見えない
価格は高い
カバコッティ
カバコッティ

断熱機能のあるステンレスサーバーだったら良かったなぁ

SC-A351はシルバー、SC-A371はブラックでどちらも高級感がある

SC-A351は前面がシルバーです。本体(再度・後ろ側)はブラックです。

SC-A371は全体がブラックです。前面もブラックなので、表示パネルが見やすいです。

ステンレスサーバーのシルバーとのコントラストがかっこいいですね。

SC-A351、SC-A371の価格の違い

SC-A351SC-A371
シロカ公式ストア
楽天市場店
16,940円18,700円
Amazon16,940円18,700円
楽天市場16,940円18,700円
Yahoo!ショッピング16,940円18,700円

※2022年2月3日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時に再度ご確認ください。

価格差はそんなにありません。価格が変わらないのは人気の証拠です。

SC-A351、SC-A371の共通の特徴

ここからはSC-A351とSC-A371の共通の特徴を紹介します。知ってるよ!って方は読み飛ばしてもいいですよ♪

SC-A351とAC-371の共通の特徴は

  • 水タンクは取り外しできる
  • タイマー機能付き
  • ミルは新ブレード搭載、1・2・3・4杯分と細かく設定できる
  • 蒸らし機能がある
  • 取り外しができてお手入れしやすい

と便利においしくコーヒーが飲める機能が詰まっています。

水タンクは取り外しができる

SC-A351とSC-A371は水タンクが着脱式で、楽に水を入れることができます。

ちなみにSC-A221とSC-A211は水タンクが本体一体型なので入れにくいです。

タイマー機能が付いているので、朝の忙しい時に手間いらず

SC-A351とSC-A371はタイマー予約ができます。忙しい朝は前日にセットしておけば、一つ作業が減ってスムーズな朝になります。

ミルは新ブレード搭載、1・2・3・4杯分と細かく設定できる

ミル刃は新ブレードなので、均一に挽くことができるようになりました。

挽く豆の量も1・2・3・4杯と1杯ずつ設定することができます。

細かい調節でコーヒーの味が一段とおいしくなります。

蒸らし機能がある

蒸らし機能搭載なので、香りや味を一層引き立てます。

取り外しができてお手入れがしやすい

バスケットが取り外し可能なので、お手入れがしやすいです。

使うたびに洗うと清潔を保てます。

SC-A351、SC-A371の共通のスペック表

サイズ
(幅x奥行x高さ)
16.2×28.0x26.4cm
重さ約2.7kg
コード長さ約1.2m
消費電力600W
抽出方法
最大使用水量
ドリップ方式
約0.55L
水タンク着脱可能
蒸らし機能あり
タイマー機能あり
ミル1・2・3・4(杯用)
中細挽き
新ブレード搭載
付属品本体
計量スプーン
取扱説明書
発売年2019年

取扱説明書 → シロカ 取扱説明書 コーヒーメーカー

SC-A221、SC-A211、STC-501との特徴の違い

SC-A351、SC-A371の違いはわかりました。次にカフェばこ以前に発売されているSC-A221、SC-A211、STC-501とはどのような違いがあるか、簡単にお話します。

  • 最大容量の違い
  • タイマー機能の有無
  • ミル段階の違い
  • 水タンクの着脱の違い
  • 蒸らし機能の有無
  • サーバーの違い
  • 保温機能の有無
  • デザインの違い

さらに詳しく表にすると以下の通りです。

SC-A351SC-A371SC-A221SC-A211STC-501
最大使用水量約0.55L約0.55L約0.58L約0.58L約0.58L
タイマー機能ありありなしなしなし
ミル段階1・2・3・4
(杯用)
新ブレード搭載
1・2・3・4
(杯用)
新ブレード搭載
1・2・3・4
(杯用)
新ブレード搭載
1(1・2杯用)
2(3・4杯用)
新ブレード搭載
1(1・2杯用)
2(3・4杯用)
水タンク着脱可能着脱可能一体型一体型一体型
蒸らし機能ありありありありなし
サーバーガラスサーバーステンレスサーバーガラスサーバーガラスサーバーステンレスサーバー
保温機能30分30分30分30分なし
(サーバーで保温)
デザインシルバーブラックステンレスシルバー
タングステンブラック
(表記なし)ブラック

SC-A351とSC-A371は光る表示パネルがあり、洗練させたデザインです。

SC-A221とSC-A211はスタンダードなデザイン。

デザインも大事ですが、選ぶ方としては

  • ガラスサーバー or ステンレスサーバー
  • タイマー機能は必要か
  • 水タンクの着脱は必要か

これらを決めていくと、どの機種が自分に合うか選びやすいかと思います。

SC-A351、SC-A371の交換部品・消耗品について

購入前にチェックしておきたいのが、交換部品・消耗品です。

シロカは部品がそろっているので安心です。

SC-A351の交換部品・消耗品

SC-A351の交換部品・消耗品は以下の通りです。

コーヒーサーバー
(ガラス)
STC-401GP
給水タンクふたSC-A351KTF
メッシュフィルターSC-A351KT
計量スプーンSC-A111KS
本体ふたSC-A351LB-K
ミル付きバスケットSC-A351MB-K
しずくもれ防止弁SC-A351PV-K

SC-A371の交換部品・消耗品

SC-A371の交換部品・消耗品は以下の通りです。

コーヒーサーバー
(ステンレス)
STC-501SP
給水タンクふたSC-A351KTF
メッシュフィルターSC-A351KT
計量スプーンSC-A111KS
本体ふたSC-A351LB-K
ミル付きバスケットSC-A351MB-K
しずくもれ防止弁SC-A351PV-K

一緒に揃えたいコーヒーアイテム

ここからはコーヒーメーカーを購入する時に一緒に揃えると便利なアイテムを紹介します。

ミルのお手入れ用ブラシ

ミル付きのコーヒーメーカーを購入する時に、確認しておきたいのが見るのお手入れ用ブラシが付属しているかです。

残念ながら、SC-A351、SC-A371にはお手入れ用ブラシは付属していません。ミル付きバスケットは取り外して水洗いしますが、水洗いする前に付着したコーヒー粉を払っておくと、洗うのも楽になります。

ミルのお手入れ用ブラシは静電気の起きにくい動物の毛のブラシがおすすめです。

\カリタがおすすめ/

コーヒー豆

コーヒーメーカーを選ぶ時には、コーヒー豆も一緒にどうぞ。

浅煎り・深煎り、酸味が強い・苦みが強いなどさまざまな味があるので、お好みの豆を探してください。

カフェばこはミルが付いているので、コーヒー豆の購入がおすすめです。

\いろんな豆を楽しんで!/

SC-A351、SC-A371のデメリットはある?

  • メッシュフィルターなので、お手入れが手間
  • 味の選択ができない

着脱式の水タンクやタイマーなど便利な機能がもりだくさんですが、お手入れがメンドウです。

お手入れがメンドウ。

これに尽きます。

ペーパーフィルターで慣れている人はメッシュフィルターの片付けはメンドウです。メンドウになるとコーヒーメーカーを使わなくなります。

「味・デザイン>お手入れ」な気持ちなら、カフェばこをおすすめできます。

SC-A351、SC-A371でおすすめはどっち?

SC-A351とSC-A371ではどちらがおすすめでしょうか。

SC-A351はこんな人におすすめ

  • ガラスサーバーで中の残量が見える方がいい
  • 価格をおさえたい

SC-A371はこんな人におすすめ

  • ステンレスサーバーがいい
  • サーバーを長持ちさせたい
  • ガラスサーバーはよく割ってしまう

ガラスサーバーをついうっかり割ってしまうことが多い人はステンレスサーバーをおすすめします。

残量は見えないですが、ステンレスサーバーは丈夫なので買いなおしが減ります。

\ガラスサーバーのSC-A351はこちら/
\ステンレスサーバーのSC-A371はこちら/

▼シロカ公式ストア楽天市場店があります▼

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

おしゃれになって、タイマー機能もついて

シロカのカフェばこにスキはないわね!

ハニワ
ハニワ

カバコッティはドジっ子だからステンレスサーバーをおすすめするニワー

ボックス型のカフェばこはキッチンに収まりが良く、見た目もすっきり。

水タンクが着脱可能になって、タイマー機能も付きました。コーヒーの淹れやすさ、タイマーの便利さは他のコーヒーメーカーの一歩先を進んでいます。

検討してみてください。

お手頃価格のSC-A221、SC-A211はこちらの記事で紹介します↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました