副業でハンドメイドが稼げる?可能性はあるけど、覚悟とメリット・デメリットを語るよ

ハンドメイドは稼げる ハンドメイド
カバコッティ
カバコッティ

私、手作りって案外好きなのよ

だからハンドメイドで何か作って売って稼いでみようと思うのよ

忍者
忍者

ハンドメイド修行をする前の心構えを伝授でござる

今やもうハンドメイドは副業の地位まで上がってきています。

家で好きなものを作って楽しむだけでなく、作った作品を売って他の人にも楽しんでもらう時代です。

モノづくりが好きな人ならば、自分の作品を売ってみようと思う人も多いはず。

今からでも自分の作品を売っていくことは歓迎です。応援します。

けれど、「稼ごう」「儲けよう」と思ってハンドメイド販売を始めるなら、覚悟を決めてください。

今回はハンドメイドを副業にして稼ごうと思って始める人へ覚悟やメリット・デメリットを語ります。

すべてが自分次第で「稼げる」が変わる

ハンドメイドで稼げる

管理人カバコッティがハンドメイドを始めて早9年。

minne(2021年11月)誕生から半年後くらいに登録して、ずっとハンドメイドを続けています。

ハンドメイドのネット販売で売りつつも、手作り市やブログやらで忙しくなり、なかなか集中できない時期もありました。

正直に書くと、カバコッティのハンドメイドの売り上げはminneで最高5万円ほどです。ハンドメイドのみなら10万円位の売り上げがありました。

これはカバコッティがハンドメイド販売を始めたのが初期でタイミングがよく売れたのが大きかったかなと思っています。自分の実力で売れたとは思っていません。

現在はほとんど製作していなくて(ブログに集中しているので)、在庫も少ないので売り上げは全体で1.5万~4万円ほどで幅があります。

ちなみにカバコッティはレザークラフトと帆布の小物をチマチマ製作して販売しています。

ちょっと自慢というか、レザークラフトと帆布の小物は手軽に始められるようなジャンルではないので、今でもちょこちょこ売れていると思います。

アクセサリーや布系の洋裁はハンドメイド人口も多く、自然と作品数も多くなり、売れにくい傾向です。いわゆる競合が多くて、負け率が高くなります。

現在のハンドメイドはもうプロ作家さんや会社も参入しているので、普通に張り合っていたら負けます。

カバコッティ
カバコッティ

プロに勝てるわけないのよ!

タダの素人が!

世の中にはセンスのいい人がそこら中にいます。

ハンドメイド人口が増えたので、ハンドメイド販売も厳しくなっています。

minneが誕生し、カバコッティが販売していた2012~2013年頃は作品を公開・販売したら売れていました。

今はただ販売をしているだけでは売れにくいです。

人が欲しがるような便利なアイテム、おしゃれなデザイン性の高いアイテムなら売れます。

・・・それを見つけるのが難しいのですが。

ビビらすつもりはありません。

ハンドメイド販売で生活をするくらいの収益を得るにはそう簡単ではないということです。

テレビで紹介されているハンドメイド作家さんは成功した人たちばかりだから、希望溢れる世界に見えますが、残念ながら埋もれている作家さんは数万・数十万・それ以上います。

おこづかい程度の収益を得るなら、もしかしたら可能性はあります。

あくまで可能性で、すべては自分のセンスと技術で変わってきます。

ハンドメイド販売での売れる・売れないはすべて自分のセンスにかかってきます。

便利なものを売るか、おしゃれなものを売るか、安く売るか、1点もので価値を付けるか。

販売方法がいろいろあります。

真っ白の0ゼロから作り出すハンドメイドは全部が自分の可能性です。

ハンドメイドは売れるだけではない、楽しさやうれしさがある

ハンドメイド 稼げる

ハンドメイドで売れるのが難しくなった現在、ハンドメイドで販売するのを辞めろとビビらすつもりはありません。

ハンドメイドは自分が手作りした作品が売れると、会社で働くのは違う達成感や充実感、うれしさがあります。

これは経験しないとわからない気持ちです。ぜひ体験してほしいです。

カバコッティはいまだに作品が売れるたびにうれしいです。

「うれしい」から次の作品を作ります。次の新しいアイテムを考えます。

ハンドメイドで販売するというのは、一人で作品を作り、一人で店を持ち、一人で売るということで、全部一人で稼いだということ。

自分の力で稼いだんです。

一人で自分の作品が売れたうれしさと稼いだ達成感の両方得られるというのは、どんなものにも変えられない気持ちでいっぱいになります。

ハンドメイド販売でのメリット・デメリット

ハンドメイド 稼げる

しかし現実問題ハンドメイド販売にはメリットとデメリットがあります。

メリットデメリット
作った作品が売れるうれしさ
好きな作業をして、お金が手に入る
ネット販売なので、コロナ対応している
自由な時間で作業できる
家で作業できる
作品を作る時間がかかる
在庫が必要
センスにより売れないことも
売れなければ在庫を抱える
一人で経営のノウハウを勉強する

一人で商売しているので、材料調達・製作・販売・在庫管理・帳簿(仕入れや売り上げを見る)を一人でしなければいけません。

難しく書いていますが、これって結構家庭の管理と似ているので、すぐに覚えられます。

自宅で作業する分通勤時間などありませんが、作品を作るには時間がかかります。

作品を作る以外にも時間を取られることは理解しておかなければいけません。

ハンドメイドで自分の作品を売りたい人におすすめするサイトはminne

ハンドメイド作品を売りたいなら、minneがおすすめです。

カバコッティも初めて登録したのがminneです。

minneは登録者数が多く、カジュアルな雰囲気なので気軽に購入できる雰囲気を持っています。

実際、カバコッティはminneの方が売りやすいです。

→ minne (外部サイトへいきます)

登録者数が多ければ、それだけ見てくれる人が多いので売れやすいです。

もし半年・1年も売れなければ、キツイ言い方ですが作品・写真・売り方が悪いです。

それくらい売りやすいサイトなので、気軽に登録して売ってみてください。

ちなみにカバコッティはBASEでもハンドメイド作品を販売しましたが、売れなくて辞めました。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

わたしの作った作品かわいいから売れるわよ!絶対!

忍者
忍者

気張りすぎず、なおかつ気を抜き過ぎず

日々修行じゃ

長々書きましたが、結局売れるか売れないか、稼げるか稼げないか自分次第ってことです。

売れる!なんて断言できないし、責任も持ちません。

アイデア次第では売れる可能性もあるので、がんばって!

コメント