ハンドメイド作家になるのはどうしたらいい?なる前に考えよう

ハンドメイド作家になりたい ハンドメイド
カバコッティ
カバコッティ

私ハンドメイド作家になるわ!

ハニワ
ハニワ

ハンドメイド作家で宣言してになるものニワ?

テレビでハンドメイドで稼いでる人の特集をしているのを見かけます。

普通の主婦が自宅で作って売れている様を見たら、自分にそういう風に働いて稼ぎたいと思うのは当然ですよね。

管理人カバコッティも少ないながらもハンドメイド販売サイトで作品を売って、収益を得ている身です。・・・・・・・・一応、ハンドメイド作家って名乗っていい?笑。

名乗ったことはないですが、今からハンドメイド作家になりたい人へ、メッセージを送りたいと思い、このブログを書いています。

ハンドメイド作家になりたいのは趣味で?生活のため?

あなたはなぜハンドメイド作家になりたいのですか?

趣味で作った作品を売りたいから?

家でできる仕事としてやりたいから?

生活費稼ぐため?

おこづかい稼ぎ?

理由は人それぞれあると思います。

ハンドメイド作家になりたいと漠然ばくぜんと思う人はいないでしょう。

なりたい理由があるはず。

ハンドメイド作家は誰でもなれます。

自分で何かを作れば、ハンドメイドしている人ですから。そして、ネットや手作り市や店舗などで売れば、立派なハンドメイド作家と言ってもいいでしょう。

作って売ってとすれば、ハンドメイド作家になる夢はかなえられます。

とてもハードルが低いです。

しかし、ハンドメイド作家になって、お金を稼ぐ、収入で生活をするとなれば、ぐんとハードルが上がります。ハードルよりも高い壁になります。

実際ネット検索すると、「ハンドメイド 売れない」や「ハンドメイド 一つも売れない」などの検索ワードが上がってきます。

テレビや雑誌で紹介されている人はほんの一握りです。ほとんどが「売れない!」と日々悩んでいる人が多数です。

簡単にハンドメイドの収入で生活できるほど、うまくはいきません。

それならば、趣味程度で売ってはどうかと考え直すでしょう。

趣味程度と自分でハードルを下げると、これもまた売れません。

そもそも自宅ですき間時間があれば作ってそれを売るという甘い考えでハンドメイド作家になる人が多すぎます。

ハンドメイド販売サイト(minneやcreemaなど)で売れている人はガチで作ってガチで売ってます。

一日中自分の作品の事を考えて、一日中作っています。

売れているからではありません。

自分の作品がよりよく、より売れるために全力で考えて作っています。

だから売れています。

そんな人たちに、素人がすきま時間に作った作品で対抗するのでは勝ち目は到底ありません。

ハンドメイド作家になりたいなら、覚悟が必要です。

カバコッティ
カバコッティ

もう何年もそんなことを考えて作っています

ハニワ
ハニワ

なかなか売れるのはむずかしいニワ

誰でもなれるハンドメイド作家だけど、向かない人もいる

ハンドメイドで何かを作って売ればハンドメイド作家と名乗れます。

ただ作っているだけではハンドメイドしている人ですから。

誰でもなれますが、向かない人もいます。

  • 何をしていいかわからない
  • 新しいものに興味がない
  • コツコツ作業がキライ
  • 継続できない
  • 向上心がない(技術やデザインなど)
  • 人の評価をとても気にする
  • 心が折れやすいうえに、復活できない
  • 何でも一人でやろうと思わない(一人でできない)
  • 決断力がない

ハンドメイド活動は基本的に一人で進めます。

友人と一緒に活動をする人がいますが、多くはトラブル発生や長く続かなかったりします。

そもそも友人と一緒ではないとハンドメイド活動できないなら、長くは続きません。

一人でハンドメイド活動をしていくうえで、継続・決断が常にあります。

それらができないならばハンドメイド活動はできないということです。

ハンドメイド作家に資格はない

ハンドメイド作家には資格はありません。

だから誰でもなれます。すぐになれます。

だけど、1個作って売ったというのをハンドメイド作家と名乗るはちょっと違います。

ずっと作り続けることが大事です。

資格はないので、基準もありません。

初めは誰もが作るのがヘタクソで、失敗を繰り返して、何度もやり直して続けています。

ハンドメイドで作り始めたら、壁しかないのか!というほど壁にぶち当たります。

それでも、ハンドメイド作家は試行錯誤して続けています。

ハンドメイド作家は

  • 続ける
  • 決断をする
  • 新しいものに興味を持つ
  • アイデアを出す
  • 新しい作品を作り出す
  • ひたすら作る
  • 続ける

と色々なことをしながら続けていくことです。

諦めずに、日々考えて、ハンドメイド作家になってください。応援しています。

コメント