シロカ おうちシェフ PRO(SP-2DM251、SP-2DP251)、SP-2DF231の機能を比較!料理を楽しむならPROがおすすめ

シロカ おうちシェフ SP-2DM251 SP-2DP251 SP-2DF231 家電&ガジェット
カバコッティ
カバコッティ

シロカのおうちシェフってPROとスタンダードのFタイプではどんな機能がどれだけ違うのかな?

ハカセ
ハカセ

作れる料理が大分と変わってくるのぅ

2021年9月24日発売のおうちシェフには3機種あります。

おうちシェフ PROのSP-2DM251、SP-2DP251とおうちシェフのSP-2DF231です。

おうちシェフ PROのSP-2DM251、SP-2DP251の違いはこちらの記事で紹介しています。

PROの2機種(SP-2DM251、SP-2DP251)とSP-2DF231がどのように違うかを紹介します。

シロカの電気圧力鍋のラインナップ

冒頭でも言いましたが、2021年9月に電気圧力鍋のおうちシェフの3機種は発売します。

シロカにはおうちシェフ以外にも電気圧力鍋があります。

  • おうちシェフ PRO Mタイプ SP-2DM251
  • おうちシェフ PRO Pタイプ SP-2DP251
  • おうちシェフ Fタイプ SP-2DF251
  • 電気圧力鍋 SP-4D151
  • 電気圧力鍋 SP-4D151

2021年8月現在 シロカ公式サイトより

シロカの圧力鍋については過去のこちらの記事で紹介しています。

こちらはドラマで使用されて人気となった電気圧力鍋です。

そして、新しく進化したのがおうちシェフ。

おうちシェフ PROはオートメニュー数が83もあったり、自動減圧機能があったりと高機能です。

PROと同時に発売されたSP-2DF231はスタンダードタイプ?通常タイプ?があります。

SP-2DF231とPRO(SP-2DM251、SP-2DP251)とではどのような違いがあるのかみていきます。

SP-2DM251・SP-2DP251、SP-2DF231の違い

シロカ おうちシェフ SP-2DM251 SP-2DP251 SP-2DF231
おうちシェフ PRO
SP-2DM251
SP-2DP251
SP-2DF231
サイズ(幅x奥行x高さcm)24.0×26.0x27.0cm24.0×24.0x27.0cm
重さ約3.9kg約3.5kg
コード長さ1.2m1.2m
カラーSP-2DM251 ホワイト、ダークブラウン
SP-2DP251 グレー
ホワイト
電圧AC100VAC100V
周波数50/60Hz50/60Hz
消費電力700W700W
オートメニュー数8320
容量
 調理容量
 満水容量

1.68L
2.4L

1.68L
2.4L
使用最高圧力95kPa ゲージ圧70kPa ゲージ圧
自動減圧機能ありなし
セット内容本体
計量カップ
蒸し台
パッキン(予備)
レシピブック(83メニュー)
取扱説明書(保証書)
本体
計量カップ
蒸し台
パッキン(予備)
レシピブック(63メニュー)
取扱説明書(保証書)
1台〇役1台10役
圧力調理
無水調理
蒸し調理
炊飯
スロー調理
温めなおし
低温調理
炒め(下ごしらえ)
発酵
温度調理
1台7役
圧力調理
蒸し調理
炊飯
スロー調理
温めなおし
炒め(下ごしらえ)
温度調理
その他スマートプレッシャー技術
LEDディスプレイ
お手入れ簡単
お手入れ簡単
発売年2021年8月2021年8月

仕様からわかる違いは

  • サイズ・重さ・カラー・デザイン
  • オートメニュー数
  • 使用最高圧力
  • 自動減圧機能
  • セット内容のレシピブック
  • 1台〇役の数

たくさんの違いがみつかりました。

↓通販サイトから購入できます↓
シロカ 自動減圧機能付き電気圧力鍋 おうちシェフ PRO [スマートプレッシャー技術(高圧力90Kpa×自動減圧)/1台10役/レシピ本付き/かしこい予約プログラム] SP-2DM251 ホワイト
siroca(シロカ)
シロカ 電気圧力鍋 おうちシェフ [20種のプリセットメニュー/1台7役/レシピ本付き/かしこい予約プログラム] SP-2DF231 ホワイト
siroca(シロカ)

基本仕様(サイズ・重さ・カラー・デザイン)の違い | フタの減圧機能部分で見分ける

シロカ おうちシェフ SP-2DM251 SP-2DP251 SP-2DF231
PRO
SP-2DM251
SP-2DP251
SP-2DF231
サイズ(約幅x奥行x高さcm)24.0×26.0x27.0cm24.0×24.0x27.0cm
重さ約3.9kg約3.5kg
カラーSP-2DM251 ホワイト、ダークブラウン
SP-2DP251 グレー
ホワイト

サイズや重さが少しずつ違います。

同じようなデザインとカラーでどれも同じに見えますが、減圧機能の部分や持ち手のカラーや操作パネルの大きさなどから見分けられます。

SP-2DF231は減圧機能部分や操作パネルのディスプレイ部分が小さいです。

PRO(SP-2DM251、SP-2DP251)は83メニュー!

PRO
SP-2DM251
SP-2DP251
SP-2DF231
オートメニュー数8320

本体に保存されているメニュー数の違いです。

PROの2機種は83メニューを本体のボタンを操作して選ぶだけで調理ができます。

SP-2DF231は20メニューです。少ないですが、決まったメニューばかりを作るなら、メニュー数にこだわらなくてもいいですよね。

使用最高圧力・自動減圧機能の違いは食べ比べや使い比べでないとわからない?!

シロカ おうちシェフPRO SP-2DM251 SP-2DP51
シロカより
シロカ おうちシェフPRO SP-2DM251 SP-2DP251
シロカより
シロカ おうちシェフPRO SP-2DM251 SP-2DP251
シロカより
シロカ おうちシェフPRO SP-2DM251 SP-2DP251
シロカより
PRO
SP-2DM251
SP-2DP251
SP-2DF231
使用最高圧力95kPa ゲージ圧70kPa ゲージ圧
自動減圧機能

シロカ公式サイトのデータを参考にみてみると、圧力が高い方が味の染み込みややわらかさなどが70kPaと90kPaでは違います。

自動減圧機能があることで、調理時間も短縮できます。

1台〇役、レシピブックのメニュー数の違い | 1台7役の限界

PRO
SP-2DM251
SP-2DP251
SP-2DF231
1台〇役1台10役
圧力調理
無水調理
蒸し調理
炊飯
スロー調理
温めなおし
低温調理
炒め(下ごしらえ)
発酵
温度調理
1台7役
圧力調理
蒸し調理
炊飯
スロー調理
温めなおし
炒め(下ごしらえ)
温度調理

SP-2DF231でできないのは「無水調理」「低温調理」「発酵」です。

これらの調理をしたいのなら、PRO(SP-2DM251、SP-2DP251)を選びましょ。

電気代はメニューによって異なるけど、1回100円以下でコスパ〇!

電気圧力鍋で気になるが電気代です。どのくらいになるのかみてきましょう。

電気代は消費電力と使用時間がわかれば、おおよその電気代を計算できます。

15分使用1時間使用3時間使用
700W3.15円18.9円56.7円
 

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

※地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

消費電力は同じなので、同じ電気料金になります。

メニューによって調理時間は変わりますので、このくらいだなぁーと広い心でみてください。

SP-2DM251・SP-2DP251、SP-2DF231の価格

最後に価格をみていきましょう。

PRO
SP-2DM251
SP-2DP251
SP-2DF231
Amazon15,800円12,800円
楽天市場15,800円12,800円
Yahoo!ショッピング15,800円12,800円

※2021年8月14日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

機能差によりSP-2DF231が3000円ほど安いです。

いろんなメニューを作ってみたいならPROを選びましょう。

↓通販サイトから購入できます↓
シロカ 自動減圧機能付き電気圧力鍋 おうちシェフ PRO [スマートプレッシャー技術(高圧力90Kpa×自動減圧)/1台10役/レシピ本付き/かしこい予約プログラム] SP-2DM251 ホワイト
siroca(シロカ)
シロカ 電気圧力鍋 おうちシェフ [20種のプリセットメニュー/1台7役/レシピ本付き/かしこい予約プログラム] SP-2DF231 ホワイト
siroca(シロカ)

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

PROはいろんなメニューが作れるのが魅力的!

ハカセ
ハカセ

まあ、こまめに料理をするならの

いくら電気圧力鍋だからと言って、具材を切ったりはしてくれんからのぅ

電気圧力鍋はおいしい料理ができる家電です。

PRO(SP-2DM251、SP-2DP251)ならたくさんのメニューの設定があるので、色んな調理を楽しめるでしょう。

反対に、カレーばかり、おでんばかり作るのならPRO(SP-2DM251、SP-2DP251)のような高機能は必要ありません。

自分がどれだけ料理するかをよく考えて、検討してみてください。

おうちシェフ PROのSP-2DM251、SP-2DP251の違いはこちらの記事で紹介しています。

コメント