シロカ 食器洗い乾燥機 アドバンスシリーズ(SS-MU251、SS-MA251)、ベーシックシリーズ(SS-M151)の違いは?

シロカ 食器洗い乾燥機 SS-MU251 SS-MA251 SS-M151 家電&ガジェット
カバコッティ
カバコッティ

シロカの食洗機のアドバンスシリーズとベーシックシリーズではどのくらいの機能が違うの?

ハカセ
ハカセ

洗浄コース、チャイルドロックや消費電力、すなわち電気代も変わってくるのぅ

他にも違いがあるから、簡単には言えんのぅ

2021年春にシロカの食器洗い乾燥機 アドバンスシリーズが発売しました。

ベーシックシリーズのSS-M151は2019年発売です。

アドバンスシリーズはSS-MU251はUV除菌機能、SS-MA251はオートオープン機能が特徴的です。

ではベーシックシリーズのSS-M151はどのような機能で、どのような特徴なのでしょうか。

アドバンスシリーズとベーシックシリーズの違いをみながら紹介していきます。

シロカの食器洗い乾燥機のラインナップ

冒頭でも書きましたが、ここでシロカの食器洗い乾燥機のラインナップをもう少し詳しくみていきましょう。

  • 食器洗い乾燥機 アドバンスシリーズ UV除菌タイプ SS-MU251
  • 食器洗い乾燥機 アドバンスシリーズ オートオープンタイプ SS-MA251
  • 食器洗い乾燥機 ベーシックタイプ SS-M151

2021年8月現在 シロカ公式サイトより

アドバンスシリーズとベーシックシリーズのみのラインナップです。

シリーズは2つだけなので、比較的選びやすいですね。

アドバンスシリーズのSS-MU251、SS-MA251の違いがこちらの記事で紹介しています。

ではアドバンスシリーズ SS-MU251・SS-MA251、ベーシックシリーズ SS-M151の違いをみていきましょう。

アドバンスシリーズ SS-MU251・SS-MA251、ベーシックシリーズ SS-M151の違い

シロカ 食器洗い乾燥機 SS-MU251 SS-MA251 SS-M151
アドバンスシリーズ
SS-MU251
SS-MA251
ベーシックシリーズ
SS-M151
電源交流100V交流100V
消費電力726 / 740 W512 / 526 W
本体重量約13.5kg
(本体、かご、小物入れ、小物かご)
約13.0kg
(本体、かご、小物入れ)
外形寸法
(約幅x奥行x高さcm)
42.0×44.0x47.0cm42.0×43.5×43.5cm
水道水圧0.04~1MPa0.04~1MPa
洗浄方式回転ノズル噴射式回転ノズル噴射式
すすぎ方式ためすすぎためすすぎ
乾燥方式送風送風
付属品かご
小物入れ
給水ホース
排水ホース
給水カップ
給水トレイ
小物かご
かご
小物入れ
給水ホース
排水ホース
給水カップ
UVライト寿命600時間
(SS-MU251のみ)
予約運転1~6時間まで1時間単位 1~6時間まで1時間単位
洗浄コース
時間
標準 約1時間5分
念入り 約1時間12分
おいそぎ 約37分
ソフト 約1時間2分
高温すすぎ 約57分
庫内洗浄コース 約1時間
標準 約1時間30分
念入り 約2時間10分
おいそぎ 約39分
ソフト 約1時間45分
チャイルドロック
使用水量6L5L
専用洗剤の標準使用量4g6g
標準収納容量16点
大皿2点
中皿2点
小皿2点
中鉢2点
小鉢2点
茶わん2点
汁わん2点
コップ2点
小物類(はし・スプーンなど)
16点
大皿2点
中皿2点
小皿2点
中鉢2点
小鉢2点
茶わん2点
汁わん2点
コップ2点
小物類(はし・スプーンなど)
対応可能な大皿サイズ直径27cmなど
(小物かごを外した場合)
直径23cmなど
(小物かごを外した場合)
その他機能UV除菌機能(SS-MU251)
オートオープン機能(SS-MA251)

★アース線取付

★アース線取付
発売年2021年2019年

仕様からわかる違いは

  • 消費電力
  • 本体質量・外形寸法
  • 付属品
  • コース
  • チャイルドロック
  • 使用水量
  • 専用洗剤の標準使用量
  • 対応可能な大皿サイズ
  • その他の機能
  • 発売年

たくさんの違いがありました。

2021年発売のアドバンスシリーズ SS-MU251・SS-MA251は色々と改良されたと言っていいですね!

↓通販サイトから購入できます↓

たくさんあるので、類似の項目はまとめて紹介します。

  • 本体質量・外形寸法・その他機能・発売年・消費電力・付属品
  • コース
  • 使用水量・専用洗剤の標準使用量・対応可能な大皿サイズ
  • チャイルドロック

では順にみていきましょう。

基本仕様(本体質量・外形寸法・その他機能・発売年・消費電力・付属品)の違い

シロカ 食器洗い乾燥機 SS-MU251 SS-MA251 SS-M151
アドバンスシリーズ
SS-MU251
SS-MA251
ベーシックシリーズ
SS-M151
消費電力726 / 740 W512 / 526 W
本体重量約13.5kg
(本体、かご、小物入れ、小物かご)
約13.0kg
(本体、かご、小物入れ)
外形寸法
(約幅x奥行x高さcm)
42.0×44.0x47.0cm42.0×43.5×43.5cm
付属品かご
小物入れ
給水ホース
排水ホース
給水カップ
給水トレイ
小物かご
かご
小物入れ
給水ホース
排水ホース
給水カップ
その他機能UV除菌機能(SS-MU251)
オートオープン機能(SS-MA251)
発売年2021年2019年

SS-MU251のUV除菌機能はお皿以外にも、マスクや哺乳瓶などコロナ禍の時代に合った使い方ができます。

SS-MA251のオートオープン機能はコース完了後に扉が開き、中の蒸気を逃がす機能です。中に湿気がこもるのがイヤだな・・・と思っていた人はオートオープン機能はウレシイ機能ですね。

あとチェックしておきたいのが消費電力です。違いを紹介した後に電気代がどのくらいかかるかをみていきます。電気代には消費電力が深く関係していきます。

他それぞれが違います。

アドバンスシリーズはコース(高温すすぎ・庫内洗浄コース)が増えた

アドバンスシリーズ
SS-MU251
SS-MA251
ベーシックシリーズ
SS-M151
洗浄コース
時間
標準 約1時間5分
念入り 約1時間12分
おいそぎ 約37分
ソフト 約1時間2分
高温すすぎ 約57分
庫内洗浄コース 約1時間
標準 約1時間30分
念入り 約2時間10分
おいそぎ 約39分
ソフト 約1時間45分

2021年発売のアドバンスシリーズ SS-MU251・SS-MA251では「高温すすぎ」「庫内洗浄コース」が増えました。

「高温」と聞くと、よく落ちそうなイメージがしますね。

汚れやすい庫内もキレイに洗えるのもウレシイですね。

使用水量・専用洗剤の標準使用量・対応可能な大皿サイズの違いでコスパや使いやすさが変わってくる

アドバンスシリーズ
SS-MU251
SS-MA251
ベーシックシリーズ
SS-M151
使用水量6L5L
専用洗剤の標準使用量4g6g
対応可能な大皿サイズ直径27cmなど
(小物かごを外した場合)
直径23cmなど
(小物かごを外した場合)

アドバンスシリーズ SS-MU251・SS-MA251では使用水量が増えるんですが、専用洗剤の標準使用量が減って、コスパが良くっています。

さらに洗えるお皿の大きさが最大直径27cmまでと庫内が広くなっていますね。

チャイルドロックはお子さんのいる家庭ではあった方がいい

アドバンスシリーズ
SS-MU251
SS-MA251
ベーシックシリーズ
SS-M151
チャイルドロック

アドバンスシリーズ SS-MU251・SS-MA251ではチャイルドロック機能がつきました。

お子さんのいる家庭での誤操作を防ぐことができますね。

電気代は1か月1000円以下!

次に電気代についてみていきましょう。

電気代は消費電力と使用時間がわかれば、おおよその電気代を計算できます。

アドバンスシリーズ
SS-MU251
SS-MA251
50Hz/726W60Hz/740W
標準 1時間5分1回
3回
30回
21.23円
63.69円
636.9円
21.65円
64.95円
64.95円
念入り 1時間12分1回
3回
30回
23.52円
70.56円
705.6円
23.98円
71.94円
719.4円
おいそぎ 37分1回
3回
30回
12.09円
36.27円
362.7円
12.32円
36.96円
369.6円
ソフト 1時間2分1回
3回
30回
20.25円
60.75円
607.5円
20.65円
61.95円
619.5円
高温すすぎ 57分1回
3回
30回
18.62円
55.86円
558.6円
18.98円
56.94円
569.4円
庫内洗浄コース 1時間1回
3回
30回
19.6円
58.8円
588円
19.98円
59.94円
599.4円
 
ベーシックシリーズ
SS-M151
50Hz/512W60Hz/526W
標準 1時間30分1回
3回
30回
20.7円
62.2円
622円
21.3円
63.9円
639円
念入り 2時間10分1回
3回
30回
29.2円
89.8円
898.5円
30.7円
92.3円
923.1円
おいそぎ 39分1回
3回
30回
8.9円
26.9円
269.5円
9.2円
27.6円
276.9円
ソフト 1時間45分1回
3回
30回
24.1円
72.5円
725.7円
24.8円
74.5円
745.6円
 

※1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。

※地域・環境・電気会社により料金は変わります。おおよその目安として参考にしてください。

消費電力、使用時間のどちらかでも高くなれば電気代も上がてくるので、どちらが高いとか差はありません。

アドバンスシリーズは消費電力が上がって使用時間が減り、ベーシックシリーズは商品電力は低いけど使用時間が長いので、同じような電気代になるんですね。

数百円程度なら、機能重視で選ぶ方がいいですね。

口コミのチェック!

次に購入者の口コミをみていきましょう。

SS-MU251の口コミ | 音より振動が気になるかも

26cmのフライパンがちょうど入るサイズなので大きさは◎ 

静音性は体感「食器洗い機洗浄機」≧「洗濯機(脱水除く)」くらいなので、洗濯機よりは少しだけ静かかな?くらいです。

初めて食器洗い機洗浄機購入したのですが、想像以上によかったです。

Amazon SS-MU251より

騒音がひどい!ってレビューがあったので心配でしたがコレ!全然静かです!

確かに水流が皿や庫内に当たる音がしますが、

実家にある食洗機(4年前の東芝製)に比べたら静かなくらいです。

ヨガ用のマットがあったので、防振対策に使ってみました

更に静かになったので、気になる人は設置をオススメします。

Amazon SS-MU251より

汚れ落ちも問題無く、キレイな仕上がりに感動しました。

他にも食器洗い機は、今までにも経験してますが、比較しても、動作音に不満ないです。

多機能なのかしれませんが、操作もシンプルで分かりやすいです。

UV乾燥など、衛生面にも考慮された仕様が嬉しいところです。

使用水量も、皿洗いを考えれば、優秀に感じます。

自分的には、節水です。

Amazon SS-MU251より

冷蔵庫がしっかりしている為全体的な振動はありませんが、食洗機を回すと横の下の方がビーッと食洗機自体が震えて音がしています。手で軽く触れると音は無くなるので回っている時の本体の振動がある様です。

食洗機自体の音はビルトインとさほど変わらない状態でした。洗濯機と同じ位です。ビーっという音が気になるか気にならないかと言えば特にテレビが聞こえないとか、大音量とかはそこまではないのですが、触ると消えるというのが何かの対策で消せればと思いながら試していますが出来ません。冷蔵庫はしっかりしている為土台からの振動はない状態です。

Amazon SS-MU251より

SS-MA251の口コミ | オートオープンで湿気が逃げるので◎

こちらの製品はタンクにも対応していますが、やると分かりますが給水作業が面倒過ぎて、すぐに分岐水栓を繋ぐことになるでしょう。

また、乾燥方式について、送風だけの食洗機があるということを知らなかったのですが、本製品はその送風乾燥のみの食洗機です。

洗い上がりは濡れたままで、その後、自動的に扉をオープンしてはくれますが、乾燥にはかなり時間がかかります。

従いまして、夜運転させる場合は良いのですが、昼間の内に運転して夜に備えようにも、なるべく早く運転してしまわないと乾燥が夜に間に合いません。

乾燥にヒーターを使わない分、電気代はかからないわけですが、折角楽をする為に食洗機を置くのですから、そこは温風でしっかり乾燥してくれる製品の方を私は強くお勧めしたいと思います。

Amazon SS-MA251より

水を投入するスタイルでも使えますが、6Lも入れるのは結構大変です。私は既存の分岐水栓で使っています。早速、オマケとして付属していた粉洗剤を投入して「標準」モードで洗ってみると、音は水流の音は殆ど聞こえず、モーターが唸る感じの音がします。振動は少な目でスチールラックの上に置いても問題ありません。

Amazon SS-MA251より

・オートオープンのメリット

しっかりした送風・乾燥の機能がついていても、食器の置き方の問題で(お椀の底などに)水が溜まってしまい結局うまく乾かせない、ということは往々にしてあるので、割り切ってオートオープンにしてしまう、というのは合理的だな、と思います。

Amazon SS-MA251より

SS-M151の口コミ | 音が気になる

賃貸なので、工事不要のこちらの商品は大満足です。作動音も気にならない程度です。奥行きが結構あるので、高さ調節が出来る台の上において、下の空間でまな板が広く使えるようにしました。標準で洗ったところ送風乾燥の為、プラスチック容器は水滴が残ったままです。陶器類は乾いていました。あと、やはり給水が面倒なので、この商品を買ったポイントで、泡沫蛇口に直接付けれる三栄水栓の切替えコックと三栄水栓の洗濯機用ニップルを再度Amazonで購入して、分岐水栓用のホースを取り付けて給水しています。

Amazon SS-M151より

2dkの間取りなのでキッチンから離れれば

テレビ等の音で聞こえなくなります。

キッチンとリビングが繋がっている間取りの方は音が気になるかもしれません

Amazon SS-M151より

あまり大きいものは入りませんが、手洗いが減ったので楽になりました。

音は少し気になりますが、こんなもんかなと思います。

朝に確認するときれいになっていますが、内部部分(壁側や水が排水されるところ)は水が乾きません。

コッブやお皿にくぼみがあると水が残ります

Amazon SS-M151より

音は、結構響きます。テレビの音は聞こえにくくなります。

乾燥機能は、皆さんが記載されているとおり、乾きませんが蓋を開けていればある程度乾きます。

洗浄は、かなり綺麗に落ちます。

給水は、付属の給水ボトルを使用しても溢れやすい受け口になっています。

収納は、かなり入ります。三人暮らし(1歳児と夫婦)で夕食分ギリギリ入ります。

Amazon SS-M151より

水回りということで、色々な不具合やトラブルがレビューでわかりました。

  • 音が大きい
  • 震動がある
  • 食器の置き方により水がたまる
  • 給水がメンドウ!

などがありました。テレビの音が聞こえないというくらいの意見もあったので、食器洗い乾燥機とテレビのおいている部屋が離れている方がよいですね。

洗浄力については満足している人が多いです。

毎回5~6Lの水を使うことになりますが、その「毎回の給水」がメンドウで分岐水栓を付ける人がいます。

確かに毎回給水のはシンドイですね。とはいっても、毎回お皿洗いをする労力と比べるとマシかな・・・と管理人くじらこは思います。

SS-MU251・SS-MA251、SS-M151の価格

最後に価格をみていきましょう。

アドバンスシリーズ
SS-MU251
SS-MA251
ベーシックシリーズ
SS-M151
Amazon59,400円
59,800円
39,800円
楽天市場59,400円
59,800円
39,800円
Yahoo!ショッピング59,400円
59,800円
39,800円

※2021年8月16日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

SS-M151は価格がかなり下がり40000円ほどになっています。発売時は50000円台だったので、かなり買いやすい価格となりましたね。

↓通販サイトから購入できます↓

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

ごはん食べた後の片付けがラクになるなら、絶対使いたいわ~

ハカセ
ハカセ

設置場所や設置環境、洗う食器の量などきちんと確認するんじゃぞ!

標準収納容量から家族2人分を設定しているのがわかります。

また本体サイズを設置する場所も十分に確保する必要があります。給水・排水が必要になるので

本体サイズのみの確保では足らなくなるので、必ず設置場所の確認はしてください。

後片付けのメンドウと手荒れが軽減されるのはウレシイですよね。

検討してみてください。

シロカの食器洗い乾燥機 アドバンスシリーズの違いはこちらの記事で紹介しています。

コメント