ハンドメイド作品が売れない?カバコッティが売れるまでに経験して試したこと

ハンドメイド作品が売れない ハンドメイド
カバコッティ
カバコッティ

売れない・・・

せっかく作ったのに売れない・・・どうしよう在庫になるし、売れないのが悲しい・・・

忍者
忍者

売れる秘術があるはず・・・!

調査でござる!

「ハンドメイド 売れない」で検索すると、

  • 売れない 焦り
  • クオリティ 低い
  • 飽和状態
  • 売れない やめた
  • ミンネ 1つも売れない
  • 売れない 値下げ
  • 作家 現実

とネガティブな単語が並びます。売れないから辞めるとか値下げとか現実とか、悲しいです。

カバコッティもminneとcreemaでハンドメイド作品を販売していますが、1つも売れないことはないです。新作更新すれば、必ず1つでも売れます。

売れないのには必ず理由があります。今売れていないのなら、売れるようにすればいいんです。

今のやり方や考え方をガラッと方向転換すると売れるようになります。

カバコッティはハンドメイド作家人口の少ない2013年頃から販売しているので、初めからポツポツ売れました。

でもポツポツです。多いとは言えない件数と売り上げで、何度も売れない期間を経て、今も細々続けています(ブログが主になってハンドメイドは縮小)。

カバコッティは何度も失敗して、考えて考え尽くして、ハンドメイド作品を売り続けています。

その方法を試せば売れるかもしれません。

ハンドメイドを辞める前に、試してみてください。

全体を見て、きめ細やかに対応する

ハンドメイドは1人で作業している人が多いと思います。

1人で作業するのは大変です。全体を客観的に見ながらバランスをみて、作品1つ1つに気を配らなければいけません。

全体・作品・価格・梱包に分けて説明します。

ショップ全体を整える

ハンドメイド ショップ全体をチェック

まずはminneやcreemaでショップをオープンしているとしてショップ全体をチェックします。

  • 作品に魅力がありますか?
  • 作品数は足りていますか?
  • 作品がバラバラに並んでいませんか?
  • ずっと同じ作品が並んでいませんか?

チェックする項目は冷静に厳しめに判断してください。

作品に魅力がありますか?

まず初めに「作品の魅力」で売れる・売れないに辿り着きますが、決めるのはあなたではありません。

その作品を欲しいと思う人がいますか。

  • 布小物やアクセサリーで誰でもすぐに作れる作品
  • 極端に使う人が制限されている作品
  • 1回(1個)買えば十分な作品
  • 自分の趣味に偏った作品

ちょっと耳が痛い話になるかもですが、売れないなら改善していかないといけません。

布小物やアクセサリーなど誰でも作れるような作品ばかりじゃない?

全国のハンドメイド作家さんは何十万・何百万といます。

ミシンを扱える人口が多い日本では布小物では売れにくいです。参考にされて自分で作れるので購入されにくい傾向にあります。

布小物を作る時は、ただ単にミシンで作るだけではなく一工夫をすれば購入率が上がります。

例えば

  • 布屋さんで手に入りにくい生地
  • 革や金具を使う
  • 簡単に作れない複雑な形状

など簡単にはマネできないようなデザインにすれば、他の布作家さんとの差別化ができ売れる確率が上がります。

他にもアクセサリーなら

  • レジンを使う
  • 色んな素材を組み合わせる
  • カラフルに揃える

などただ売っている石を組み合わせるだけでなく、自分のオリジナル部分を入れてみてください。

極端に使う人が制限されている作品じゃない?

使う人が限られてくるような作品は売れる確率がグンと下がります。

誰でも使えるような作品を作ってください。

1回(1個)買えば十分な作品じゃない?

家具などは1つ購入すれば、当分購入しません。

なのでリピーターを増やすことが難しく、価格や送料も高額になるので売れにくいカテゴリーになります。

自分の趣味に偏った作品を作ってない?

ハンドメイドは1人で作業をしているので、どうしてもかたよった作品になりがちです。自分がいい!と思っても、他人には響かないことが多々あります。

カバコッティは自分がいいと思う作品より、他人がいい!欲しい!と思った(言ってくれた)作品を作ります。

他にも、こんなのが欲しい!という意見をもらったら、できるだけ作るように努力します。それも少数意見ではなく数人以上いれば、ネットでも欲しい!と思う人が必ずいます。

この場合、意見を聞きつつ、いろんな使いやすさやデザインのパターンを考えて試作をたくさん作り反応を見ます。

自分だけ魅力を探すのではなく、周囲の人に魅力を教えてもらいながら、作品を増やしていけば自然と売れる作品に成長します。

作品数が足りていますか?

ショップに並んでいる作品数はどのくらいですか?

カバコッティはminneは100ヶ、creemaは200ヶ以上在庫を持っています。1点もので1作品につき1ページで設定してます。アクセサリーなど量産できるものはまとめています。

これでも少ない方でminneは300ヶ以上の在庫を確保したいなぁと思いつつ、生産が追いつきません。

数が多ければ種類やカラーが増えて、ショップに訪れた人も選ぶ楽しさがあります。

数が少なければ選択肢が減り、他の作家さんに流れてしまいます。

こんなサイズが欲しい、こんなカラーはありませんか?とお問い合わせがあれば、ラインナップに加えるのもいいですね。

作品がバラバラに並んでいませんか?

作った作品を出品順のまま放置していませんか。

いろいろな作品を作りますが、カテゴリー別にまとめておく方が購入しやすいので、新作出品時にカバン、ポーチ、財布、アクセサリー、ヘアバンドなどまとめて整理します。

カラー別よりカテゴリー別が見やすく探しやすいです。

ずっと同じ作品が並んでいませんか?

出品して、カテゴリーごとにまとめて・・・でもそのまま放置していませんか。1か月、2か月と同じ作品がショップのトップページに並んでいると、売れていない雰囲気が出てしまいます。

人気の作品をトップページに持ってくるのもいいですが、時折商品の順番を入れ替えることで今まで見つけられなかった作品に惹かれて購入することもあります。

購入者は1~2ページはみますが、ページ数が大きくなるほど見ません。

作品の順番を入れ替えることで

  • いろんな人にいろんな作品を見てもらえる
  • 新作っぽく見える

などのメリットがあるので、不定期で2~3週間に1回ほどの頻度で作品順を変えてみてください。

作品の魅力を最大限に引き出す

作品の魅力を引き出す

作品が良くても、タイトルや説明文が残念で売れないことがあります。

ネットで作品を売るためには、相手に正確で魅力的に伝えなければいけません。

  • 作品名は素材+サイズ+カラーを入れる
  • 写真は明るく・わかりやすく・たくさん
  • カテゴリー設定は間違わないで
  • タグを入れて検索で見つけやすく
  • 作品説明は詳しく、イメージしやすいように

作品一つ一つを丁寧に登録しましょう。

作品名は素材+サイズ+カラーを入れる

作品名はイメージだけで付けていませんか?または説明不足ではありませんか。

minneで検索してみると

  • イヤリング
  • ピアス

だけというのがありました。これはどんなデザイン、大きさ、カラーとまったくわかりません。

画像をみればわかりますが、買いたい人は検索して自分の好みの作品を探します。検索するとタイトルを優先して表示されます。その次にタグです。

作品名にショルダーバッグ、トートバッグ、財布、コットンパール、淡水パールなど入っているだけでぐんと検索へ上がりやすくなり、購入者の目に入る機会も増えます。

作品名は1度付けたら終わりではありません。何回も変更することができます。

色々な作品名にして、しばらく置いて売れるワードを探してみてください。

カバコッティはこだわっているのがカラー名です。販売しているカラー名にするのもいいですが、オリジナルで創造しやすいカラー名にするのもいいですね。

私は自然や食べ物、花などの色をつけています。レッド、ブルー、グリーン、オレンジと言っても微妙に素材によって色の明暗やコントラストなどが違ってきます。

それを想像しやすいように、自分で一番想像しやすい色名を作っています。

タグを入れて、検索で探しやすく

minne、creemaではタグを入れることができます。

タグを入力していると検索した時に表示されやすくなります。

作品名+タグで幅広く検索で上がってくるように対策をします。

画像は明るくわかりやすく、そしてたくさん!

作品にはイメージを持って作っていると思います。

画像作りは「買いたい!」と心を動かすための大事な大事な売る作業です。

基本的に画像の雰囲気は明るくします。が、

  • 全体を暗め → 落ち着いた雰囲気
  • 全体を明るく → 華やか、キレイ、かわいい

このような印象になります。

「全体を暗め」と「写真撮影の失敗で光量が足らない暗め」とはまったく違います。

全体が暗めは光量やコントラストがはっきりしていて、暗い部分が多い画像です。

カバコッティはこの落ち着いた画像も好きなんですが、販売するには断然明るい画像が好まれます。

明るい画像を撮影する時に気をつけておきたいのが

  • 白飛びしないように
  • 影は薄く(はっきり影があると一方向からの光が強い)
  • 作品本来のカラーを忠実に出る光量で

作品を取るのはめちゃくちゃ難しいです。撮影しながら設定を変えたり、いろんな方向から撮ったりと渾身の1枚を撮影してください。

渾身の1枚ができれば、トップ画像(アイキャッチ画像)にし、作品説明用の画像はいろんな角度から形状がわかりやすいに撮影します。

minneは最大20枚、creemaは最大10枚の画像を掲載することができます。この制限をめいいっぱい使って作品を隅々まで紹介しましょう。

カテゴリー設定は間違わないで!

ちょくちょく見かけるのが、カテゴリーを間違って設定している作品です。

トートバッグのカテゴリーにピアスがあっても、誰も見向きしません。

カテゴリー設定はしっかり確認しましょう。

作品説明は詳しく、イメージしやすいように

作品説明は詳しく書き込みましょう。

  • サイズ
  • (作品によっては)重さ
  • カラー
  • 素材
  • 上記以外の特筆すべきこと

作品の基本的な情報はもちろん、作品の紹介は必ず説明します。

そのほかに

  • 作った経緯
  • 使った感想
  • 購入してくれた人の感想

など購入した時のイメージを想像しやすいように書き込むのもいいです。

作品説明も読みやすさを重視しつつ、いっぱい書き込むと作品に対する思いなどが伝わりますよ。

価格設定は十分に調べて決定する

価格設定はどうする

次は悩ましい価格設定についてです。

自分の作品に自信がない、売れないから価格を下げるのは止めた方がいいでしょう。一旦価格を下げるともとに戻したり、値上げしにくくなります。

価格を下げるなら売らない方がいいです。というか売れなくて価格を下げても売れません。

これはカバコッティが失敗したことがあるので、自信を持って言います。その失敗はこちらの記事で紹介しています↓

やみくもに値下げするのはダメですが、計画をもっての価格設定、値下げは売れる可能性があります。

  • 送料込み、送料無料をアピールする
  • 同じカテゴリーの作品より少しお安めでお得感
  • 1年に1回くらいのSALE
  • SALEには必ず理由を付けて

minneは最低設定金額300円、creemaは最低設定金額500円です。

初めからこの金額で売るのは避けた方がいいです。低金額と材料費+作業量が見合っていればいいですが、多くは最低金額では四苦八苦します。

例えば500円でピアスを100ヶ販売しても、50,000円です。材料+作業+梱包費+梱包作業とたくさん時間を取られて割に合いません。

というか、売れないと悩んでいるのに100ヶ売るのは到底無理があります。

なので、価格を最低金額などと無茶をせずに、作業に見合った金額をつけましょう。

送料込み、送料無料をアピールする

ネット販売では送料が発生してきます。

minneもcreemaも送料設定できますが、送料込み、送料無料にすると購入しやすくなるので、売れる可能性があります。

カバコッティは初めは送料別で設定していましたが、1つ1つの重さを確認し設定するのがメンドウで送料込みにしました。郵便局へ持っていって、送料が異なったら多くても少なくても気持ちが落ち着きません。

なので、送料込みの価格にして150~200円ほど値上げしました。カバコッティの発送はほとんどが郵便局の定形外郵便、レターパック、ゆうパックです。

価格が上がってもクレームなどはなく、むしろ売り上げは上がりましたよ。

同じカテゴリーの作品より少し価格を下げてお得感を出す

自信を持って作った作品で材料費を考慮しつつ利益の出る価格を出して、同じカテゴリーの作品の価格をチェックします。

同じような価格帯の作品と比べて、自分の作品が見劣りしないかを確認して価格上げるか下げるか決めて下さい。

作品にもよりますが価格は100~300円ほど安くするといいですね。

他の作品と同レベルまたはそれ以上の作品で、価格が安ければ売れます。

もし他の作品より価格を下げて500円以下になるなら、あまり作らない方がいいですね。作業の手間はかかるけど、金額が安いという負のループになります。

客寄せの数点程度ならOKです。

1年に1回くらいSALEする

カバコッティ
カバコッティ

売れ残った作品はどうするの?どんどん在庫が増えていく!

という状況になりますよね。必ず売れ残りは出ます。売れ残って落ち込む必要はありません。

売れ残った時は1年に1回程度SALEとして、低価格にしたり、まとめ売りします。

SALEをするのに、300円や500円の低価格の作品が通常に売られていれば売れなくなります。

カバコッティは2~3月くらいが一番売り上げがよく、訪問者も多いのでこの時期に合わせてSALEをします。この数年は在庫が少なく開催できていませんが・・・。

何年かしていると売れ残った在庫は無くなっていきます。

期間限定、1年に1回ということで集中して売れるので気持ちいいです。

SALEには必ず理由を付けて

カバコッティ
カバコッティ

1年に1回なんて待ってられない!すぐに在庫処分したいの!

流行があったり、在庫を置いておく場所がないなど色々な理由ですぐにSALEをしたい人もいます。

カバコッティもしていた時期がありました。

なんのイベントもなくSALEをしたい時は、必ずSALEをする理由を作品名や説明に書いてください。

  • 多く作りすぎたのでSALE
  • 少しゆがみがあるのでSALE
  • 売れ残ったのでSALE
  • 在庫処分
  • 販売終了

など正直にSALEの理由を書くと素直な印象が出て、誰も文句を言いません。

むしろ安く手に入ったと喜びます。お得だと喜びます。

価格を安くする手段はいくつもあるので、言い訳にしない

売れないから価格を安くしがちですが、それを自分に言い訳してしまいますが、安くするなら作らない方がいいです。

今持っている在庫はまとめ売りして減らしていきましょう。

作品は安く作れるならだれでも作れます。

だから高く売れる作品を作るのがコツです。高く売るにはデザインや材料など工夫が必要です。

ハンドメイドは片手間でやると売れません。がっつり作りましょ。

梱包は届いた時のワクワクをイメージする

梱包はていねいに

作品が売れて喜んでいる場合ではありません。

購入者に作品を届けるまで気を抜かないでください。

梱包は最後の一仕事です。

  • 雨に濡れてもだ丈夫なように、ビニールで包む
  • 封はきっちりと
  • 色んな装飾は過度に付けない
  • 納品書+自分で作った案内カードを入れる
  • 注文日の翌日以内の発送はうれしい

購入した作品が雑に届くと、残念な気持ちになります。

雨に濡れても大丈夫なように、ビニールで包む

これはカバコッティの経験ですが、早々に発送したのに購入者がポストに1週間ほど入れっぱなしにしていて、ビニールで包んでいたので作品はなんとか傷んでなかったということがありました。

私の作品は厚みがないので茶封筒・定形内郵便で送っています。雨が降って濡れると中の作品にシミがつく恐れがあるのでビニールに入れるようになりました。

初めのうちは茶封筒に作品(OPP袋包装)と自分で作った納品書と案内カードをそのまま入れて送っていました。ビニール袋に入れるようになってから、「丁寧な梱包」とレビューで書かれることが多くなり、反応が良くなりました。

段ボールで送るとしても全体をビニールで雨から保護するために使うことをおすすめします。

封はきっちりと

封筒でも段ボールでもきっちり封はしていますか。

きっちりとすき間がないくらいに封をしましょう。

カバコッティはスティックのり+マスキングテープで茶封筒の封をしていましたが、スティックのりは外れやすいことに気付き水のりに変更しました。

マスキングテープでとめていても、封が外れてしまうかもしれないからです。今までクレームは来たことがないので、郵便で送っても運良く外れなかったと思います。

お客様に届いた時に封が開いていると、がっかりを超えてダメな評価を受けてしまいます。

見ためはキレイに、強度は高く梱包しましょう。

いろんな装飾はつけない、過度にしない

購入してもらえるとうれしくてついラッピングに力を入れがちです。

あまりにラッピングしすぎると、拒否反応を示す人もいます。

カバコッティは作品とショップカードをOPP袋に入れ、余った革と毛糸でリボン風にして両面テープでつけています。

そして納品書+案内カード(お手入れ方法を記載)と作品をビニールにまとめ、茶封筒へ入れます。

これでも梱包しすぎと言われたことがあります。

あまり梱包にかけたくないので最低限で済ませているのですが、それでももう少しエコにしたらどうですかというお言葉を頂きました。

ポーチやアクセサリーなどはやっぱりOPP袋に入れないといけない。

小さな革は使い道がないので最後のラッピングに使う。

毛糸も大量に余っているのでリボンに使う。

納品書とお手入れ方法は最低限必要。

最後のビニールに入れるは、もしも雨でぬれたら・・・。しかも近所のおばちゃんに大量に貰ったのでお金は発生していない。

なので、梱包にも意味があります。再利用と最低限。

これを念頭に入れて、最高にラッピングするので梱包代は抑えられています。

カバコッティはケチと言われようが、最後まで材料を使いきりたいので、とことん使っています。

何年も前ですが、アクセサリーをジップロック(小さいサイズ)に入れて発送している作家さんを見かけたことがあります。

せっかく買ったイヤリングをジップロックは・・・届いた時にがっかりですよね。こんな極端にエコにしなくてもいいですが、できるだけ簡素だけど、自分にできるかわいい装飾と梱包はしましょう。

納品書+自分で作った案内カード(お手入れ方法)を入れる

納品書はminneやcreemaは購入ページから印刷できるようになっています。

自分で作った案内カードは表に自分の紹介、裏にはお手入れ方法を記載しています。

お手入れ方法は付けておくのをおすすめします。

購入してくれた人が長く使ってくれるための、製作者の最後の心使いです。

アクセサリーのお手入れ方法なんて誰でも知っているわ、と思わずに簡単でもいいでので、自分の言葉でお手入れ方法を説明してあげてください。

注文日の翌日以内に発送するはうれしい

作品の発送はすぐにしていますか。

出来上がっている作品に注文が来たらすぐに発送しましょう。オーダー品などで注文後に製作するのは別です。

すぐに発送できるなら当日又は翌日までに発送すると、「迅速な発送」とレビューに書き込みがあり評価があがります。

カバコッティは郵便局の営業日に合わせての発送をショップページに記載し、土日祝はお休みし、平日は注文があれば毎日発送します。最近は減ったけどね・・・( ;∀;)

注文してすぐに手元に届くはドキドキしてうれしいですよね。

今日はしんどいから、とか、まとめて発送しようなどと思わず、1件の注文でも発送しましょう。

「平日〇時までの注文は当日発送します」などショップページに記載しておくと安心感もUPです。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

ちょっと・・・いっぱいすぎてできないわよ

忍者
忍者

ひとつずつやっていくしかないでござる

たくさんの項目があります。さいごにまとめておきます。

ショップ全体のチェック!
  • 作品に魅力がありますか?
  • 作品数は足りていますか?
  • 作品がバラバラに並んでいませんか?
  • ずっと同じ作品が並んでいませんか?
作品のチェック!
  • 作品名は素材+サイズ+カラーを入れる
  • 写真は明るく・わかりやすく・たくさん
  • カテゴリー設定は間違わないで
  • タグを入れて検索で見つけやすく
  • 作品説明は詳しく、イメージしやすいように
価格のチェック!
  • 送料込み、送料無料をアピールする
  • 同じカテゴリーの作品より少しお安めでお得感
  • 1年に1回くらいのSALE
  • SALEには必ず理由を付けて
梱包のチェック!
  • 雨に濡れてもだ丈夫なように、ビニールで包む
  • 封はきっちりと
  • 色んな装飾は過度に付けない
  • 納品書+自分で作った案内カードを入れる
  • 注文日の翌日以内の発送はうれしい

これらはカバコッティは何年もかけて試して辿り着いた答えです。

今でも色々試しています。だからこれらの項目は増えていきます。

今回は簡単に説明しただけなので、もっと詳しく説明したい部分もあります。

しかし、これらはたぶんいい方向へ向かうと思いますが、自身のさらにいい答えが見つけるために色々と試行錯誤していかなければいけません。

間違った解釈をして失敗することもあると思います。

それでも考えて修正して頑張って、最適解を見つけてください。

コメント