セリアのフリーノート 368/192ページをカスタマイズでダウンロード素材を作る

ダウンロード素材

大人気のセリアのフリーノート。

一時期は売り切れ続出で手に入りにくかったのですが、最近は落ち着いてきてセリアや他の100均ショップなどでも手に入るようになってきました。

 

  • 表紙は厚手のクラフト紙。中は日付、罫線、チェック欄のシンプルなデザイン。
  • 368ページの1年で1日1ページも使える。192ページは半年分とキリの良いページ数ですっきり使いやすい。
  • シンプルなデザインなので、自分の好きなようにアレンジできる。
  • 100円なので手軽に使える。

という風な使いやすさが人気の理由になっています。

 

しかし、シンプルすぎて、「どう書いたらいいかわからない」「自分の文字だけで殺風景」「手帳にするからカレンダーが欲しい」などの悩みも出てきます。

 

今日はそんな悩みを少しでも解決できるように、セリアのフリーノートをアレンジできるダウンロード素材のお話です。

スポンサーリンク




seriaのB6フリーノート 368ページとほぼ日手帳の違い

数千円するほぼ日手帳と100円のセリアのフリーノート。比べるものではないけど、比べてしまいます。どんな違いがあるんでしょう。

セリア フリーノート  ほぼ日手帳
サイズ B6 368ページ

A5 192ページ

文庫本

ウォレット

A5

デザイン 日付、罫線、チェック欄 年間カレンダー、月間カレンダー、1日ページ、オマケページなど
使い勝手 表紙紙が柔らかい

背表紙が固く、閉じやすい

フラットに開く

トモエリバー紙使用

1日ページに日々の言葉

カバーが多種多様

オマケページのコンテンツが豊富

 

価格の違いは使いやすさ、コンテンツの多さの違いです。ほぼ日手帳は毎日日記を書くことを楽しませてくれる作りとなっています。

さらに「ほぼ日手帳」のHPでは、「ダウンロードシティ」というページがあって、自分でカスタマイズをしたい時にダウンロードして貼って使う素材もあります。ダウンロード素材は誰でも使えるので、フリーノートに貼り付けてもいいのですが、カレンダーなど肝心なページはすでにほぼ日手帳にあるので、ダウンロード素材としてはありません。

 

368ノートの素材は作るしかない

 

一番の問題は、368ノートを手帳替わりにしようと思っていることです。
中は空欄の日付欄と罫線とチャック欄だけです。

 

私は手帳として使おうと思ったので(サイズが大きいと持ち運びが面倒くさいって書いているけどそれは置いといて、カレンダーが必要です。

 

368ノートに貼り付けるカレンダーをダウンロードしよう!と探してみると・・・

 

通常の手帳やほぼ日手帳のダウンロードデータはありました。

しかし、368ノートのダウンロードデータが無い。

 

 

これって自分で作るしかないよね!

 

 

 

作るしかないよね!

 

 

 

 

 

作るしかないよね!

 

 

B6フリーノートに合うように作るのが早いですよね!というわけで作りました。

 

素材のダウンロードについて

必ず、「素材について」についてをお読み下さい。

素材のダウンロードや扱いについての注意事項と使い方です。

素材は「ご利用についての注意点」をお守りください。

素材に間違いがありましたらご連絡下さい。

お問合せのメールでも、コメント欄でもどちらでも構いません。少しでも間違いがありご連絡を頂きましたら、早急に修正や変更をします。

 

素材のアレンジ方法

用紙を変えるとオリジナルのカレンダーになります。
このブログではseriaのクラフト紙を使用しています。

  • 普通紙
  • 色普通紙
  • 柄用紙

色んな紙が販売されていますので、好きな用紙で印刷するのも楽しいですね。

canonのプリンターでseriaのクラフト紙で印刷すると滲みます。印刷設定で印刷の品質を「きれい」に設定すると滲みは軽減されます。

セリア B6フリーノート 368ページ、A5フリーノート 192ページのダウンロード素材

1ページ用1年カレンダー


(カレンダーのデザイン例)

PDFデータです。ページが開くので保存をクリックしてダウンロードして下さい。
上記はイメージ画像なので、画像をクリックしてもダウンロードできません。

罫線部分(ドットの横線の部分)に合うように作っています。そこへ貼り付けて使えるようにしています。上部の日付欄と下部のチェックは使えるようにしています。

368ページ、192ページともデザインは同じです。

 

 

1ページ用マンスリーカレンダー

(こちらの画像はサンプルです。ダウンロードできません)

2017年

A5 368ページ用

1月 2月 3月 4月

5月 6月 7月 8月

9月 10月 11月 12月

B6 192ページ用

1月 2月 3月 4月

5月 6月 7月 8月

9月 10月 11月 12月

 

連絡先リスト

(こちらの画像はサンプルです。ダウンロードできません)

B6 368ページ A5 192ページ
グレー ブラウン グレー ブラウン

 

(こちらの画像はサンプルです。ダウンロードできません)

B6 368ページ A5 192ページ
グレー ブラウン グレー ブラウン

 

タイムテーブル

(こちらはサンプル画像です。ダウンロードできません)

B6 368ページ A5 192ページ

ブラック ブルー ブラウン

グレー グリーン オレンジ

ピンク パープル

ブラック ブルー ブラウン

グレー グリーン オレンジ

ピンク パープル

 

seria フリーノート 2017年カレンダーの使い方

ダウンロードは出来ましたか?

出来た方は印刷します。
A4用紙 100%で印刷して下さい。

 

 

印刷用紙はseriaのクラフト紙を使用しています。表紙と同じ色合いなので、中にも使うと可愛いです。おしゃれです。

点線の内側を切るのが良いです。点線上を切ると、点線跡が残ってしまいます。不細工になりますので、点線が残らないように切るのがコツです。

 

 

切り取ります。

これを368ノートに重ねると、

 

 

こんな感じ。罫線部分に納まります。
上部と下部は使えるようにしています。

下部のチャック欄は、2017年の目標や買いたいモノなど色々書けますね。

 

 

確認してから貼り付けます。水のりの方が剝がれにくいけど、紙がボコボコになってしまうから、スティックのりを使いました。剥がれないようにべっとり塗ると、紙がボコボコになりました。

なので、重しを乗せて平らになるようにします。辞書とか平で重しになるものです。
少しはマシになります。

 

マスキングテープを貼っているのは、背表紙の糊を取る時に広がってしまって、1ページ目を切りました。開けにくいって言うて糊を取り除く処理をしたのに、開けにくくなるって(/ω\)
不細工だからマスキングテープを貼りました。

 

まとめ

ほぼ日手帳など、有名なところや、定番サイズのリフィルなどはダウンロードサイトがありました。
しかし、368ノートは、使い方や使いやすいようにする方法は沢山のサイトがありましたが、ダウンロードのサイトはありませんでした。私が探しきれてないからかな。

 

自分で使いやすくするには、自分で工夫して使うのが一番いいです。
メーカーがどれだけ使いやすいように作っても、不要なものもあります。

 

自分で必要なものを付け足して作っていくのが一番いいですね。368ノートは中がシンプルな分、自分でカスタマイズしやすいです。
108円で買えるのでコスパもいいです。

 

今回は2017年カレンダーを作って、公開しました。
まだまだカスタマイズしようと思います。

 

配布出来る無料素材は「ダウンロード」のカテゴリーにあります。
これから増えていくので、自分の使う素材を自由にダウンロードしてカスタマイズして下さい。

 

 

コメント