TC-E263GY、TC-E261Sの違いを比較!使いやすく改良されていた!

ツインバード TC-E263GY TC-E261S 家電&ガジェット
カバコッティ
カバコッティ

TC-E263GYとTC-E261Sってデザインが同じだけど何が違うの?

ハカセ
ハカセ

まずTC-E263GYはTC-E261Sの後継機種じゃの

たくさんの改良点が見つかったわぃ

数字が大きくなるほど最新になります。

TC-E263GYはETC-E261Sの後継機種です。

仕様表だけみてもTC-E263GYはいろいろ改良されていることがわかりました。

  • サイズ
  • 重さ
  • カラー
  • 消費電力
  • 使用電池
  • TC-E263GYは充電時間が約2.5時間で短くなった
  • TC-E263GYは運転音が若干小さくなった
  • 付属品の使い捨てダストパックがTC-E263GYが25枚入りで多め

使いやすさが上がりました。

TC-E261Sは一部通販サイトで取り扱いがありますが、今回はTC-E263GYをおすすめします。

TC-E261S→TC-E263GYでは

使用時間は同じですが、充電時間が短くなりました。

充電の仕方がフックに掛けると充電できるように簡単になりました。

重さは約1.4kgと軽く、でもヘッドはパワーブラシです。

吸込仕事率は70Wと表記されているので、吸込みもある程度あることがわかります。

TC-E263GYはリビングに置いて気軽に使えるスティッククリーナーというのが想像できます。

↓公式オンラインストアはこちら↓

コードレススティック型クリーナーTC-E263GY 

※公式オンラインストアではTC-E261Sは販売終了です。

↓通販サイトから購入できます↓

TC-E263GYとTC-E261Sの違いが8つ

ここからはTC-E263GY、TC-E261Sの違いを詳しく紹介していきます。

サイズ・重さ・カラー・消費電力・使用電池の基本スペックの違い

ツインバード TC-E263GY TC-E261S
TC-E263GYTC-E261S
サイズ
(約幅x奥行x高さcm)
23.5×13.5×105.0cm23.5×13.5×103.0cm
重さ
(本体+延長管+パイプブラシ含む)
約1.4kg約1.5kg
カラーメタリックグレーシルバー
消費電力
 充電中
 満充電後/待機時

16W
0.5W

23W
0.5W

デザインはほとんど変わらないですが、TC-E263GYは高くなり、重さは軽くなりました。

サイズh大きくなったけど重さが軽くなりましたって、かなりがんばった改良点ですよね!

カラーは同じような色合いですが、「メタリックグレー」と「シルバー」と微妙に違います。

TC-E263GYは充電時間が約2.5時間と短くなった

TC-E263GYTC-E261S
約2.5時間約3時間

TC-E263GYが約30分も充電時間が短くなりました。

たったの30分?されど30分です。

運転時間は同じで、充電時間は短くなったので効率が上がりました。

TC-E263GYは運転音が若干小さくなった

TC-E263GYTC-E261S
強 約70db
自動 約63~70dB
約75dB以下

仕様での表記の仕方が異なりますが、TC-E263GYが70dB以下なので、少しだけ静かになっています。

70dBは「うるさい」レベルになります。騒がしい街中やセミの鳴き声レベル。

掃除機なので、このくらいは仕方ないかと個人的には思います。

付属品の使い捨てダストパックがTC-E263GYが25枚入りで多め

TC-E263GYTC-E261S
使い捨てダストパック x25枚使い捨てダストパック x12枚

付属品で使い捨てダストパックの枚数のみ違いました。TC-E263GYが25枚入りで多いですね。

1枚を2週間に1回ほどの交換で1年近く使えます(ゴミの溜まり具合で変わります)。

使い捨てダストバックは消耗品なので、多く付属しているとうれしい!

共通のスペック

ツインバード TC-E263GY TC-E261S
運転時間強 約7分
自動 約30
電源コード約1.5m
集じん容量約0.25L
その他運t捻状況や電池残量をお知らせするLEDライト

価格

TC-E263GYTC-E261S
ツインバードストア21,780円販売終了
Amazon19,270円32,800円
楽天市場18,500円19,159円
Yahoo!ショッピング18,900円36,206円

※2021年10月23日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

TC-E261Sは公式で販売終了しているので、価格が高騰しています。

無理にTC-E261Sを購入うるより新しいTC-E263GYが機能も向上しているのでおすすめします。

TC-5263SETGYとの違いはなに?

ツインバードの公式サイトではTC-5263SETGYがあります。

TC-5263SETGYはふるさと納税やグリーン住宅ポイントなどのポイントで手に入るスティッククリーナーです。

使い捨てダストバックが72枚、専用スタンドが付属しています。

ツインバード公式ストアや通販サイトで購入することができません。

口コミをチェック!

次は購入者の口コミをチェックしてみましょう♪

TC-E263GYの口コミ

ヘッドの素晴らしい動きとコンパクトさが決め手になった。そしてこの価格!部屋狭いしペットいるし絨毯の部屋もあるし体力ないしモノグサだし、、、というワガママ全部クリア、本当に使い易いです!

Amazon

すごく軽い

部屋に置いててもオシャレでとてもいい感じです

POWERは少し弱いように思いますが毎日しているのでそんなに汚れてもないし私にはちょうどいいです

Amazon

コードレス型ほぼ全般に対して言えることですが、吸引力的にセカンド機としての利用が望ましいです。弱いことはありませんが、決して強くはありません。ワンルームやそれに近い間取りでは全く問題ないと思います。

Amazon

高めの音が気にならなければ不快ではないと思います。ただ静かめだと吸引力もやや抑え気味になるので、完全に吸い込むまで3秒ほど要することもあり、長毛のペットがいる部屋にはあまり向かないかもしれません。

楽天市場

充電式ということで持ち運びしやすく 階段や奥まった箇所も掃除しやすいです。 紙パックなのも良いです。サイクロンは手入れが面倒なので。 吸引力も充電式としては、十分と感じます。 毛足の短いラグやフローリングであれば問題なし

楽天市場

スタイリッシュなデザインと十分な性能、自動回転するブラシとセンサーによる吸引力の自動調整がとても快適です。そしてなにより軽いです。

楽天市場

TC-E261Sの口コミ

猫を飼っているので毎日掃除機をかけるのですが、吸引力がなさすぎる…猫砂を吸うにも一苦労です。

Amazon

何よりも軽いので腕が疲れないし、コードレスなので部屋の移動が楽チン。

外観も派手さはないのに、さりげなくスタイリッシュで目立ちます。

それに紙パック式は衛生的で手間がかからず便利です。ただ、紙パックが思いのほか小さく、

毎日75㎡の部屋を掃除して約1ヶ月で1回交換しています。

Amazon

とても軽く片手で楽に掃除できるので毎日ちょこちょこ使うのに便利です。

デザインもスタイリッシュで気に入っています。

吸わないと仰ってる方が一体何を吸込もうとしているのかは謎ですが、ホコリや髪の毛などの普通のゴミは全然吸いますよ。

カーペットとフローリングどちらにも使用していますが、強モードを上手く使うことがコツです。

Amazon

我が家には毛を落とすペットは居ません。毛足の長いラグもないので分かりませんが、フローリングやタイルカーペットの上の埃、髪の毛などは綺麗に吸い取り掃除してくれました。

子供が落としたお菓子のカスも無事に吸い込みます

休日には従来の有線掃除機で掃除。

平日はこれで気になる箇所をささっと使うには十分過ぎるほど。階段はこれだけでもいいかも?

Amazon

犬の毛用にリビングへ置きたくて、スタイリッシュな

コードレスを探していました。音も、気にならない。

フローリングのみなので十分です。短い毛の絨毯なら、いけます。

Amazon

当初はサブのつもりで買いましたが、結局我が家ではメインになりました。

軽いから、掃除に抵抗感が少なくなるのが一番優れている点。毎日ささ〜っと家中かけられてます。パックの交換は月に2回にしています。取り回しも慣れれば楽々です。

カーペットはやはり毛足の長いものは全然ダメ(笑)、短いもので、パン屑なら吸えるかな?髪の毛は頑張れば吸えるかな??くらいなので、コロコロと併用しています。

Amazon

口コミのまとめ

紙パック式がほしかった、スタイリッシュなデザインがいい、軽いと高評価が多かったです。

気になる点は

  • 毛の吸込みが甘い

難しい所ですが、吸込みは「このくらいで大丈夫」という口コミと「吸わない」という口コミの2つに分かれまた。

髪の毛が長かったり、毛足の長いじゅうたんやラグなどのゴミなどが吸わない可能性もあります。

カバコッティ
カバコッティ

カバコッティは吸引力の表記のないアイリスオーヤマのスティッククリーナーを使っているけど、ホコリや小さな糸くず、髪(最長20cmくらい)なら問題なく吸うわ

吸込仕事率70Wで回転ブラシがあるなら、もっと吸いそう

吸込仕事率の表記のないスティッククリーナーは20~30Wと言われています(あくまで予想です)。

フローリングや階段、織りのラグではまったく問題なく吸ってくれています。

吸込仕事率70Wあれば、ホコリやチリ程度ならすってくれるんじゃないかなと、個人的には思います。

バッテリー交換は自分でできる

TC-E263GY、TC-E261Sのバッテリー交換は自分でします。

↓公式オンラインストアはこちら↓

TC-E263GY アフターパーツ

TC-E261S アフターパーツ

バッテリーの取り外し、取り付け方は取扱説明書に記載されています。

取扱説明書のダウンロード → ツインバード公式サイト

紙パックやスタンドはツインバードストアで購入できる

消耗品としてストックを置いておきたいのが紙パックです。

付属にフックがありますが、スタンドで収納したい時は専用スタンドもあります。

↓公式オンラインストアはこちら↓

TC-E263GY アフターパーツ

TC-E261S アフターパーツ

ツインバード公式オンラインストアで購入できるので安心です。

TC-KP04は販売終了となっています。

新紙パックとしてTC-KP05 使い捨てダストパック(24枚入)があります。不織布、24枚入りになっています。

家電レンタルでお試ししてみるのもアリ

吸込みや軽さはどうなんだろう・・・と購入に踏み切れない人もいると思います。

そんな時は家電をレンタルしてみるのもアリです!

使ってみてわかることもあるし、購入した後に使えない(泣)がなくなります。

→ カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

レンティオではTC-E263GYが14泊15日2980円~レンタルできます。

不安解消のためにぜひ試してみてください。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

TC-E263GYっていろいろ性能が向上しているのね!

ハカセ
ハカセ

TC-E261Sは販売終了じゃから、TC-E263GYの購入を検討じゃ

スリムで、すっきりしたデザインはリビングの端においていもおしゃれ。

ダストパックの容量が少し小さめですが、こまめに変えることはニオイや排気のリスクが減ります。

吸込仕事率70Wと表記しているのは、吸込みに自信があるということです。

ツインバードのコードレススティッククリーナーTC-E263GYを検討してみてください。

コメント