HC-JM2A、HC-JM2Xの違いを比較!バッテリー交換は?

三菱電機 HC-JM2A HC-JM2X 家電&ガジェット
カバコッティ
カバコッティ

三菱電機のスタンダードモデルのHC-JM2AとHC-JM2Xではどう違うのかしら?

ハカセ
ハカセ

HC-JM2Aは2021年発売でHC-JM2Xは2020年発売邪じゃ

違いは充電時間の短縮やヘッドの抗菌加工が新機能じゃ

この記事では2021年発売のHC-JM2Aと2020年発売のHC-JM2Xの違いをまとめています。

HC-JM2A、HC-JM2Xはスタンダードモデルで価格をおさえた機種です。

HCJM2AとHC-JM2Xの違いは

  • カラーの違い
  • HC-JM2Aは充電時間が約70分と短くなった
  • HC-JM2Aのヘッドの一部が抗菌加工、ブラシの新植毛

3つありました。

HC-JM2Aは

充電時間が短くなり

コロナ禍で安心の抗菌加工が追加しました。

HC-JM2Xは前機種で

価格が下がってきて買いやすくなってきています。

↓通販サイトから購入できます↓

2021年発売のHC-JM2Aはこちら▼

2020年発売の前機種HC-JM2Xはこちら▼

2021年最新機種HC-JD2A、HC-JM2Aの比較記事はこちら↓

プレミアムモデルHC-JD2A、HC-JD2Xの比較記事はこちら↓

HC-JM2A、HC-JM2Xの3つの違い

ここからはHC-JM2A、HCJM2Xの違いをくわしくみていきましょう。

カラーの違い

三菱電機 HC-JM2A HC-JM2X

HC-JM2Aはワインレッド。

HC-JM2Xはキャニオンブロンズ。

カラーが違います。

HC-JM2Aの充電時間は約70分で短くなった

三菱電機 HC-JM2A 充電時間
三菱電機公式サイトより HC-JM2A

HC-JM2Aの充電時間は約70分です。

前機種のHC-JM2Xは約90分なので、約20分も充電時間が短くなりました。

充電時間が短くなると、掃除したくなった時にさっと掃除できるようになります。

HC-JM2Aのヘッドの一部が抗菌加工、ブラシの新植毛でお手入れが楽になった

三菱電機 HC-JM2A 抗菌加工
三菱電機公式サイトより HC-JM2A

ヘッドの回転ブラシの樹脂部分と回転ブラシ室の内側が抗菌加工になっています。

コロナ禍ですから、抗菌加工は安心です。

三菱電機 HC-JD2A HC-JM2A
三菱電機公式サイトより

回転ブラシは新植毛でゴミがブラシの中まで入らないようになりました。

ゴミがからみにくくなると、ブラシのお手入れも楽です。

共通のスペック表

質量
 クリーナー
 充電台
 総質量

約1.9kg(パイプ・ブラシ含む)
約2.4kg
約4.3kg(クリーナー収納時)
寸法
 クリーナー
 充電台
 収納時

22.5×19.0x100.5cm
27.0×27.0x81.7cm
27.0×27.0x102.0cm
集じん容積約0.25L
ヘッド自走式パワーヘッド
連続運転時間
(スティック型)
標準 約40分
強 約8分
充電池リチウムイオンバッテリー
充放電約2000回
排気性能①洗える銀ナノHEPAフィルター(2層)
〈抗菌加工・消臭機能付加〉
②洗えるプレフィルター
0.3μm以上の微細なゴミを99.9%以上逃さない
清潔機能
 毛がらみ除去
 お手入れ サイクロンボックス
 (水洗い) 回転ブラシ



付属品ロングノズル(エアブロー機能対応)
毛ブラシ
お手入れブラシ
その他ワンタッチごみ捨て
らく楽アシスト(ハンドル形状)
エアブロー機能

価格

HC-JM2AHC-JM2X
Amazon49,800円46,870円
楽天市場52,436円46,800円
Yahoo!ショッピング52,990円47,800円

※2021年11月10日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

通販サイトでは3000~5000円位の価格です。

充電時間、お手入れが楽になることを考えると、HC-JM2Aを購入した方が後悔しないかな。

バッテリー交換はどうするの?

購入前にチェックしておきたいことはバッテリーの交換についてです。

HC-JM2A、HC-JM2Xはバッテリーの交換依頼します。

→ 三菱電機 お客様サポート 修理のご相談

基本的には購入したショップでお問い合わせをした方がいいです。

取扱説明書もダウンロードできます。

バッテリー交換依頼をするデメリット

バッテリーを交換が自分でできないため、バッテリー交換の依頼期間中は掃除できないデメリットがあります。

さらに交換料金として作業代がかかってきます。

  • 修理期間中はスティッククリーナーが使えない
  • バッテリー+作業代金が必要

バッテリー交換依頼するタイプのデメリットを解消するのが、自分でバッテリーを交換するタイプ、着脱式バッテリータイプです。

修理期間はなくバッテリー代のみなので時間もコストも低いです。

購入前にメンドウなバッテリー交換については知っておきたいですね。

ただし三菱電機のスティッククリーナーはバッテリーの充放電は約2000回です。

毎日1回充電しても2000回/365日で5年以上持ちます。

5年使ったら次のスティッククリーナーの購入を検討する頃かもしれません。バッテリー交換せずに買い替えるかもしれないくらい、バッテリーの持ちがいいです。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

スティッククリーナーは床を掃除するから、ヘッドに抗菌加工があると安心よね

ハカセ
ハカセ

これからは抗菌、除菌が必要になる時代じゃのぅ

スタンダードモデルは主に床を掃除する機能に重点を置いています。

コロナ禍の中、掃除機のヘッドをあまり触りたくありません。毛がらみ除去や新植毛機能でお手入れを楽に簡単にできるようになっています。

検討してみてください。

ふとんクリーナーとしても使いたい、車の中を掃除したいならプレミアムモデルをおすすめします。

コメント