PV-BH900J、PV-BH900Hの新旧違いの比較!ヘッド機能や吸込口最大風量がUP

日立 PV-BH900J PV-BH900H 家電&ガジェット
カバコッティ
カバコッティ

2021年発売のPV-BH900Jと1つ前の機種のPV-BH900Hの違いってなにかな?

ハカセ
ハカセ

新旧の違いじゃの

PV-BH900Jは自動モードが増えたり、ヘッドが小さくなりごみくっきりライトやからまんブラシなど機能がプラスされたの

モーターが変わったことで吸込みも強くなったんじゃ

PV-BH900Jが新しく発売したことで前機種のPV-BH900Hは値下がりするので、新機能か予算かで迷いますよね。

PV-BH900JとPV-BH900Hの違いは

  • サイズ
  • 重さ
  • カラー
  • PV-BH900Jは自動モードが増えた
  • ヘッドの仕様
  • モーターの違い

と6つの違いがあります。

PV-BH900Jは

強(約8分)、標準(約40/60分)に加え自動(約8~40分)が搭載

パワフルスマートヘッドには緑色のごみくっきりライト(7灯)、ぺたりんこ構造、からまんぶらしがつきます。ヘッド幅は約23cmとコンパクトになりました。

モーターはジェット3Dファンモーターで風量約15%UP、46%小型化しました。

PV-BH900Hは

強(約8分)、標準(約8~40分)の運転モード。

パワフルスマートヘッドはヘッド幅約25cmで、白色LEDライト、ダブルシンクロフラップ、かるふきブラシが機能があります。

モーターは小型ハイパワーファンモーターX4。

発売して1年ほどになるので価格が下がってきています。

PV-BH900Jは吸込みが強くなり、緑色のライトでゴミが見えやすくなり、自動モードがあるのでよりキレイに掃除できます。

↓通販サイトから購入できます↓

2021年発売のPV-BH900Jはこちら▼

2020年発売のPV-BH900Hはこちら▼

シャンパンゴールドはこちら▼

ルビーレッドはこちら▼

PV-BH900J、PV-BH900Hの6つの違い

ここからはPV-BH900J、PV-BH900Hの違いをくわしくみていきましょう。

サイズ・重さ・カラーの基本スペックの違い

日立 PV-BH900J PV-BH900H
PV-BH900JPV-BH900H
本体寸法(スティック時)22.5×23.0x102.4cm25.5×26.8×102.4cm
標準質量
本体・延長パイプ・パワフルスマートヘッド・電池の合計
約1.7kg約1.9kg
カラー-N シャンパンゴールド-N シャンパンゴールド
-R ルビーレッド

ヘッドの仕様が違うことからサイズや重さが違います。

カラーはPV-BH900Jはシャンパンゴールドのみ、PV-BH900Hはシャンパンゴールドとルビーレッドの2色です。

ヘッドの仕様の違い

ヘッドの違いはたくさんあるので表にまとめました。

PV-BH900JPV-BH900H
ヘッドパワフルスマートヘッドパワフルスマートヘッド
ヘッドヘッド幅 約23cm
ごみくっきりライト(7灯)
シンクロフラップ
自走機能
クルッとヘッド
ぺたりんこ構造
からまん機構
ヘッド幅 約25cm
白色LEDライト
ダブルシンクロフラップ

自走機能
クルッとヘッド

からまん機構
回転ブラシワンタッチ着脱
モーター駆動方式
水洗い対応
からまんブラシ
ワンタッチ着脱
モーター駆動方式
水洗い対応
かるふきブラシ
きわぴた構造

PV-BH900Jのヘッド幅は約23cmでコンパクトに

PV-BH900Jのヘッド幅は約23cmとコンパクトになりました。

PV-BH900Hは約25cm。

ヘッドがコンパクトだと狭い場所を掃除しやすくなります。

ごみくっきりライトと白色LEDライトの違い

日立 PV-BH900J ごみくっきりライト
日立公式サイトより PV-BH900J
日立 PV-BH900H 白色LEDライト
日立公式サイトより PV-BH900H

PV-BH900Jは緑色のLEDライトが加わってゴミが見えやすくなりました。

日立 PV-BH900J 見えやすい色
日立公式サイトより

しろいろより緑色の方が光が強くなり、その結果ゴミが見えやすくなります。

PV-BH900Jはシンクロフラップ、PV-BH900Hはダブルシンクロフラップ

日立 PV-BH900J シンクロフラップ
日立公式サイトより PV-BH900J
日立 PV-BH900H ダブルシンクロフラップ
日立公式サイトより PV-BH900H

PV-BH900Jはシンクロフラップが後ろのみあります。前のシンクロフラップを無くして軽量化しました。

PV-BH900Hは前後にあります。

PV-BH900Jはぺたりんこ構造でソファの下もラクラクお掃除ができる

日立 PV-BH900J ぺたりんこ
日立公式サイトより PV-BH900J

PV-BH900Jはソファや棚の下の狭い場所にもヘッドが入り、浮くことなくキレイにホコリを吸い取ります。

PV-BH900JのからまんブラシとPV-BH900Hのかるふきブラシの違い

日立 PV-BH900J からまんブラシ
日立公式サイトより
日立 PV-BH900J からまんブラシ
日立公式サイトより PV-BH900J

からまんブラシは毛の1本1本が輪になっているので、毛が入るすき間が少なくからみにくくなっています。

菌を拭き取る機能もあります。

日立 PV-BH900H かるふきブラシ
日立公式サイトより PV-BH900H

PV-BH900Hは毛がからみます。それを改良したのがPV-BH900Jの回転ブラシです。

かるふきブラシは緑のふき用のブラシが床の菌を拭き取ります。

PV-BH900Jは自動モード搭載

PV-BH900JPV-BH900H
強 約8分
標準 約40分/60分*
*パワフルスマートヘッド・ミニパワーヘッド非使用時
自動 約8~40分
強 約8分
標準 約40分/60分*
*パワフルスマートヘッド・ミニパワーヘッド非使用時

PV-BH900Jには自動が搭載しました。

モーターの違い

日立 PV-BH900J モーター
日立公式サイトより PV-BH900J
日立 PV-BH900H モーター
日立公式サイトより PV-BH900H
PV-BH900JPV-BH900H
モータージェット3Dモーター小型ハイパワーモーターX4
吸込み口最大風量約1.30m3/min約1.13m3/min

PV-BH900Jはモーターが変わり、吸込み口最大風量が強くなりました。

約0.17m3/minの差ならあまり変わらないかな・・・と思ってしまいますが、少しでも吸込みは強い方がいいですね。

スペック表でみる違い

PV-BH900JPV-BH900H
本体寸法
 スティック型
 ハンディ型
 充電台セット時

22.5×23.0x102.4cm
37.8×9.0x20.6cm
27.0×28.0x111.3cm

25.5×26.8×102.4cm
37.8×9.0x20.6cm
27.0×28.0x111.3cm
標準質量

 本体質量
約1.7kg
(本体・延長パイプ・パワフルスマートヘッド・電池合計)
約1.3kg
約1.9kg
(本体・延長パイプ・パワフルスマートヘッド・電池合計)
約1.3kg
カラー-N シャンパンゴールド-N シャンパンゴールド
-R ルビーレッド
集じん容積約0.25L約0.25L
電池
(定格電圧)
カセット式リチウムイオン電池
(25.2V)
カセット式リチウムイオン電池
(25.2V)
連続使用時間強 約8分
標準 約40分/60分*
*パワフルスマートヘッド・ミニパワーヘッド非使用時
自動 約8~40分
強 約8分
標準 約40分/60分*
*パワフルスマートヘッド・ミニパワーヘッド非使用時
充電時間約3.5時間約3.5時間
ヘッドパワフルスマートヘッド
ヘッド幅 約23cm
ごみくっきりライト(7灯)
シンクロフラップ

自走機能
クルッとヘッド
ぺたりんこ構造
からまん機構
パワフルスマートヘッド
ヘッド幅 約25cm
白色LEDライト
ダブルシンクロフラップ

自走機能
クルッとヘッド

からまん機構
回転ブラシワンタッチ着脱
モーター駆動方式
水洗い対応
からまんブラシ
ワンタッチ着脱
モーター駆動方式
水洗い対応
かるふきブラシ
きわぴた構造
使い易さ
(ダストケース)
ごみダッシュ
ごみ捨てレバー
からまんプレス構造
ごみダッシュ
ごみ捨てレバー
からまんプレス構造
付属品ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
ミニパワーヘッド
ほうきブラシ
スマートホース
延長パイプ
スタンド式充電台
ACアダプター
お手入れブラシ
ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
ミニパワーヘッド
ほうきブラシ
スマートホース
延長パイプ
スタンド式充電台
ACアダプター
お手入れブラシ
モータージェット3Dファンモーター
吸込み口最大風量 約1.30m3/min
小型ハイパワーファンモーターX4
吸込み口最大風量 約1.13m3/min

違いは赤太字にしています。

価格

違いがたくさんあり、PV-BH900Jは機能は向上しました。価格がどのくらい違うのでしょうか。

PV-BH900JPV-BH900H
Amazon65,733円49,800円
楽天市場64,980円52,400円
Yahoo!ショッピング65,699円52,594円

※2021年11月12日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。

PV-BH900Hの在庫が無くなりつつあり価格が少しずつ上がってきていますね。それでもPV*BH900Jよりは安いですが・・・。

どちらを購入するかは早めに決めた方がよさそうです。

共通の特徴

ここからは共通の特徴を紹介します。

軽い!重さが2kgを切っている!

カバコッティがスティッククリーナーに求める条件として

重さが2kg以下!

というのを1つあげています。

2kg以上の重さになると腕が疲れてきます。

重さを理由にせっかく購入したスティッククリーナーを手放す人もいます。

なのでパワーブーストサイクロンは2kg以下なので、腕が疲れにくいです。

着脱式バッテリーでラクに交換!

日立 PV-BH900H 着脱式バッテリー
日立公式サイトより

PV-BH900J、PV-BH900H両機種ともに着脱式バッテリーです。

バッテリー交換は購入して交換するだけなのでラクラクですね。

日立充電式掃除機専用電池PVB-2525A
(PV-BH900H-010)

2個目のバッテリーを購入して、使用時間が切れたら2個目を使うなどできます。

長時間使いたい、使用時間が足らない場合は2個目の購入がおすすめ。

付属品が豊富にそろっている!

日立 PV-BH900J 付属品
日立公式サイトより
  • ハンディブラシ
  • 2WAYすき間ブラシ
  • ミニパワーヘッド
  • ほうきブラシ
  • スマートホース
  • 延長パイプ
  • スタンド式充電台
  • ACアダプター
  • お手入れブラシ

4種類のノズルやホース、充電できるスタンド台など付属品が豊富にそろっています。

日立 PV-BH900J 充電台
日立公式サイトより PV-BH900J

ノズルなどの付属品は充電台に収納できます。

ノズルがたくさんあると家中掃除できます。充電台にあるとさっと取り出せるので、すぐに使えますね。

PV-BH900Jのデメリット

ここからはカバコッティは気になるデメリットをお話します。

ヘッド幅が小さい

コンパクトと聞こえはいいですが、注意しておきたいのが幅が小さくなるとヘッドの往復回数が増えるということです。

1m幅の広さを掃除した時に、PV-BH900H(幅25cm)は4回で済みますが、PV-BH900J(幅23cm)は5回の往復が必要になります。

広い場所を掃除する時はヘッド幅が狭い方が不利になります。

コンパクトなヘッドは狭い場所を掃除しやすいですが、広い場所での掃除もデメリットがあることを理解しておいてください。

価格が高い

発売してしばらくは価格が高いです。

予算が足らないときは、前機種のPV-BH900Hを検討してみてもいいかも。

どっちがおすすめ?

どちらもパワーブーストサイクロンで日立の最上位機種です。悩みますね。

PV-BH900Jにはこんな人がおすすめ

  • 軽い方がいい
  • 自動モードでバッテリー消耗をおさえつつ掃除したい
  • ごみがキレイにみえるほうがいい
  • 吸込みが強いほうがいい
  • ヘッドはコンパクトなほうがいい

PV-BH900Hにはこんな人がおすすめ

  • 価格をおさえたい
  • 発売日は気にしない
  • ヘッドは大きい方がいい
  • ほこりやゴミが見えればいい

PV-BH900Hは2020年の最上位機種なので性能が悪いわけではありません。

価格をおさえたいけど、性能も高い方がいい人にはPV-BH900Hはおすすめです。

おわりに

カバコッティ
カバコッティ

PV-BH900Jは大きく機能が変わったわね!

緑色のLEDライトでゴミがよく見えるなら、部屋をキレイにできそう!

ハカセ
ハカセ

どちらも日立の最上位機種じゃということを忘れてはいかんぞ

ヘッドが小さくなり、シンクロフラップが1つ、緑のLEDライトなど最上位機種の機能がどんどん研ぎ澄まされてきている感じがします。

とは言ってもPV-BH900Hが劣っているというわけではありません。

白色LEDライトもホコリがよく見えます。かるふきブラシも菌を拭き取ります。ヘッドが大きいので往復回数が少なくなります。

どちらが自分に合うのかよく検討してみてください。

コメント