ハンドメイドのminneのアクセス解析から売り方を見る

ハンドメイド

 

minneにはアクセス解析機能があります。

 

なに?

まだ知らない?

 

知ってるけど、見てるだけ?

 

それはもったいない!

今日はminneのアクセス解析の活用するお話です。

 

*2018年5月18日に加筆修正しました。

スポンサーリンク




minneのアクセス解析

minneのアクセス解析は、作家登録している方のみ見ることの出来る機能です。

会員ページ → 左側の「アクセス解析」 と入っていきます。

現在、パソコンのみで見れる機能で、スマホアプリでは見れません。

※2018年5月17日にスマホアプリにもアクセス解析が実装しました。

 

 

期間は、前日から1週間分表示されます。

上部に表があり、その下には、アクセス数の多い順で5作品8作品が表示されます。

各作品名、在庫数、価格とviews数が表示されています。過去1週間のアクセス数ですので、直近の1週間でどれがよく閲覧されたかが分かります。

Twitterのみボタンが準備されているので、SNSを使って更に作品を売り込むことができるようになっています。

 

正直に言えば、1週間じゃ短いですね(^^;)

そして、1週間以上前の過去を見れないので、いつ、何がアクセスが多かったと見直すことが出来ません。1か月くらい出れば、1か月のうちどのタイミングが売れやすいかも、分析出来るんですけどね。

これは自分で集計を取って分析していくしかないのかな。

minneの改良に期待するかな。

 

minneのアクセス解析の見方

1週間だけでもアクセス解析から、色々と見えてくることがあります。それらを生かして売っていくチャンスを考えていきたいです。

私のアクセス解析から見てみたいと思います。

 

 

 

4/14 新作UP

4/21 新作UP

という流れでだいたい1週間に1回くらいのペースで新作をUPしています。

新作UP前に4/21はアクセスが少ないです。1週間も経てば、新作なんて、他の作家さんの新作や作品に埋もれてアクセスはみるみる減っていきます

でも4/21に新作UPするとポンとアクセスが増えますね。これが「新着情報」からか、「フォロー」した人が見てくれているのかは不明ですが、新作を見てくれてることは確実です。表の下にあるアクセス順の作品の上位は新作でした。

 

しかし、すぐにアクセスが減ってしまいます。どれだけ競争が激しいのか、アクセスから見えてきます。

ここから、新作をUPしないとアクセスが見込めないので、いかに新作が大事か思い知らされます。

 

新作UP当日にアクセスが増えるのは、アプリなどで「フォロー作家の新作が販売された時」というチェック設定があるので、チェックを入れている人たちが見てアクセスが増えますが、数日後にアクセスが少し上がっているのは、このお知らせ設定をしていない人がチェックしているからだと思います。

アプリのトップページには、「新着作品」として、フォローしている作家の新作が表示されます。これによって、すぐにチェックをしない人が見ています。

 

4/26に突出してアクセスが跳ね上がっています。これは、作品が特集に取り上げられたからです。

ピックアップに取り上げられた時の比ではないですが、特集に取り上げられた場合もかなりアクセスが増えます。そして、「お気に入り」もどんどん増えていきます。勿論フォロー数も増えていきます。

 

アクセス解析を見るとアクセスには山あり谷ありということが分かる

アクセスは、購買者があなたのショップの作品を見てくれた数のことです。

勿論山あり、谷ありです。

右肩上がりなんてことはありえません

 

ピックアップや特集に選ばれた時はアクセスが増えますが、新作を販売開始した時にもアクセスは増えます。

しかし早ければその翌日にはアクセスが減っていきます。またその次の日には更に減っています。

こうやって、アクセスは毎日動きがあります。

 

減ったからと言って、落ち込んでいては時間の無駄です。減ったのなら、あなたに出来ることは幾つもあります。

  • 新作をUPする
  • SNSで作品の情報を流す
  • ショップを見やすいように並べ替えて整理する

などすべきことはあります。新作をUPすることは作品数を増やすことです。

いつも言っていますが、作品数は多い方が売れる確率も上がります。新作をUPするには、まずは作品を作らなければいけません。アクセスが下がって落ち込んでいる間に、作品を一つでも多く作った方が、いいですよね。

 

アクセスは一つの指標です。一喜一憂する前に、作品を作りましょう。

 

ある1週間のアクセスの推移例

 

しばらく新作の試作を製作していたので、中々作品の更新ができず、ビューは100前後をウロウロしていました。もちろん、この低いビューの期間は売れていません。

5月23日にやっと新作ができて午後からさっそくギャラリーにUPしました。当日は確認できませんが、翌日にはアクセス解析でビューが上がっているのがわかりました。さらにその翌日にはビューが増えています。

更新した日とその翌日で約5倍ほどビューが増えたことがわかります。

 

 

ビューが増える又は継続して同じビュー位を推移してくれたらいいのですが、5倍ほど増えたビューは翌日ガクンと下がってしまいました。

minneのデザインが一新された頃から、この傾向が強くなっているように思います。新作を出してしばらくアクセスビューが継続してくれたらいいのですが、残念ながら、数日で下がってしまいます。

 

このアクセスの流れは、ハンドメイド販売戦略として新作を1点ものに絞り、作品数を多くしている販売方法をとっています。『お気に入り数』は1作品に対して数ケ~30ヶ位までしかつきません。

傾向としては、1作品に対し大量製作できるページは継続して販売しているためお気に入り数が増えやすく、数百・数千のお気に入り数の付いている作品が、ページに上位検索されやすくなっているようです。数百、数千のお気に入り数が付いているから上位検索されているのではなく、コンスタントに継続してお気に入りが増えていっている作品が上位にきているとも取れますね。

 

私がminneでの販売しつつ、ページの検索や表示を見て勝手に判断しているだけですが、明らかに作家が「売れる」「売れない」の二極化に進んでいます。

1点モノの作品を販売しているハンドメイド作家さんは少々売りにくくなっているのかなとは感じます。

1点モノでもオリジナル性の高い作家さんは売れている方もいます。一概には1点モノはもうダメだということではありません。あくまで、作品の質との関連はあるので、常にオリジナル性のある作品を作り続けることは前提となります。

 

minneのアクセス解析を利用する

 

アクセス数が増えれば、作品を多数の人たちが見て、売れる確率も上がってきます。このアクセス解析を見ながら、下がってきたら新作をUPする、など対策を取ることができます。

 

新作UPすることは誰でも出来ます。新作UPで新着作品に掲載され、作品を見る人が増えます。

一度に新作を大量にUPすることは避けて、3日ごとに、1週間ごとにと小分けして公開していけば、アクセスが山谷を描きながらも、増やしていくことができます。

また新作を常にUPしない方は、低い推移のまま、特集やピックアップに掲載されない限りアクセスが増えることは難しいです。

少なくとも1週間に1回は新作をUPしていくことをオススメします。

 

新作UP当日は増えても翌日はガクンとアクセスは減ります。

画像では4日後にはさらに下降してアクセスは少ないです。今回は特集に取り上げられたのでアクセスが増えていますが、特集やピックアップがなく、新作もUPせず、何も動きが無ければ、更にアクセスが減っていきます。

 

1週間に1回、新作をUPする

 

常にギャラリーやショップの作品が動いていれば、必ずアクセス数は増えていきます。

このペースを継続出来れば、売れる確率も上がってきます。

 

在庫が増えていくばかりで、大量に売れ残ったらどうしよう((+_+))

 

しかし、在庫を確保しておかなければ、売るものが無ければ、売れません。

不良在庫を抱える心配よりも、先ずは在庫数を確保して下さい。

 

2018年4月23日のminneのアクセス解析の変更点(PC版)

 

minneのアクセス解析が一部変更されましたね。以前よりも機能がぐんと充実しました。

変更点をみていきましょう。

 

「作品アクセスランキング」が5→8ヶに増える

 

作品アクセスランキング(画像左側)が5ヶ→8ヶに増えましたね!

なんで、8ヶ?中途半端!

って初めは思いましたが、3ヶ分増えただけでも大分と違います。

 

マメに更新している方は、新作は上位に来ているはず。たまに更新している方は継続的に人気の作品が上位に来ているはずです。

 

毎日更新されるので、常に上位に来ている作品は人気作品です。

  • 色を増やす
  • サイズを増やす
  • デザイン違いを増やす

などバリエーションを増やして売れる確率を伸ばしましょう。

 

「検索されたキーワード」情報が追加

 

新しく追加された機能「検索されたキーワード」(画像の右側)です。検索したキーワードからあなたの作品に辿り着いた時のキーワードと回数が分かります。

 

ここでは「欲しい人が検索しているキーワード」ということがわかります。

そして「検索結果の一覧から気になった作品を見に」あなたの作品ページへ訪れたことになります。

 

上位にある単語ほど購入率が高くなるんです。

勿論、購入されなければ、「思っていた作品と違った」ということになり、違う作品を見に行ったことになります。

落ち込まないでください。

これはチャンスです。検索した人が欲しい作品と違ったなら、あなたが新しく作品を作ればいいんです。何を求めているかは具体的にはわかりませんが、キーワードから、どのカテゴリーが多く検索されて見に来てくれたかはわかるので、そのカテゴリーを強化していきます。

「カテゴリー」「色」「サイズ」などキーワードから想像して作ります。

作品作りに悩んでいたなら、キーワードから連想してどんどん作っていきましょう。

 

minneが教える「検索されたキーワードの役立て方」

 

「検索されたキーワード」の説明文に「検索されたキーワードの役立て方はこちら」の文字があります。

この文字をクリックすると、ミンネ通信のページへといきます。

ここでは

  • 検索キーワードの説明
  • 検索キーワードから新作を製作してみる
  • 検索キーワードから作品順を並べる
  • ハッシュタグを設定する

などの説明やコツが詳しく書いています。じっくり読んで、ギャラリーを充実させていきましょう。

 

またキーワードで検索されている他の作品をチェックしてライバルに勝つ方法も書いています。

ミンネでは「写真が大事!」で「写真の撮り方」のページへリンクしています。

写真も大事です。一番大事と言ってもいいくらいです。

その他にも

  • 作品のカラー
  • 作品のサイズ
  • 説明文

などライバルがどんな風に作って、どんな風に説明しているか、自分に足らないものは何かを分析します。

 

面倒?ハンドメイドの売上を伸ばすための作業

分析が面倒!

って思ったでしょ?

 

でもそれをしないとハンドメイドで販売していくのは難しいです。やった人は自分に足らないものを勉強して補って、技術が上がり売れていきます。

 

今はハンドメイドは努力しないと売れない時代になりました。

数年前までは作れば売れる時代でしたが、ハンドメイド作家が増えれば増えるほどライバルが増え、作品が増え、売れる人と売れない人の二極化しています。

 

minneのアトリエ(世田谷・神戸・博多)では定期的に勉強会を開催しています。参加している人は、周囲からの刺激を受けて、努力し勉強し、ぐんぐん成長していきます。

 

負けないためには、積極的にアトリエの勉強会に参加したり、参加できなくても自分で勉強しなければいけません。

minneのブログでは売れるためのコツを分かりやすいく説明しています。技術UPのページは隅々まで読んで、日々勉強していかなければいけません。

 

2018年5月17日に実装されたスマホアプリのminneのアクセス解析の使い方

2018年5月17日についにスマホアプリにもアクセス解析が実装されましたね!

今までPC版でしか見れなかったので、アクセス解析を見る時は面倒ですがPCを立ち上げてから見るしかなかったですから、スマホアプリから見れるのは非常に嬉しい機能です!

 

さっそく使い方をみていきましょう。

 

スマホアプリのミンネのアクセス解析の使い方

 

スマホアプリを立ち上げたら、左上の三本線のボタンをタップすると、メニュー画面がにゅるっと出てきます。

「売れたもの」の下に「アクセス解析」が追加されました。売れたものの下にあるということは、売上と関連する機能、使用頻度が高い機能という位置づけをminneはしていると考えていいですよね。

 

「アクセス解析」をタップすると、アクセス解析の画面へ移ります。

 

 

 

アクセス解析の画面は、一番上に作品ページの総アクセス数の過去一週間の表示があります。

その下には作品アクセスランキング、検索されたキーワードと続きます。

 

表示はPC版と同じで、「作品ページへの総アクセス数」は過去一週間、「作品アクセスランキング」は1~8位まで、「検索されたキーワード」は20位まであります。

 

minneのアクセス解析のPC版とスマホアプリ版の違い

 

 

 

「作品アクセスランキング」ではPC版とスマホアプリ版では少し違いがあります。

  • 作品の在庫数の表示
  • 作品の価格の表示
  • ツイートボタンの表示

上記の3点がスマホアプリにはありません。PC版には表示があり、スマホアプリ版では在庫確認がタップしなければ見れないのでひと手間増えますね。1~8位まではタップすれば、それぞれのページを見ることができますので、さほど困ることはありません。

Twitterをしている方はスマホアプリではまだ連携をしていないようで、これからの追加に期待したいですね。

 

検索されたキーワードからライバル作品をチェック

 

 

検索されたキーワードのそれぞれのキーワードをタップすると、そのキーワードで検索されたページが表示されます。

この検索ページからあなたの作品に辿り着いたということで、下まで進まないと作品が見つけられないような順位だったら、とっても嬉しいことですよね。何十、何百の作品の中から、あなたの作品に辿り着いたのであれば、売れる確率も高くなります。

他のライバルを押しのけてみてくれているので、チャンスはあったということ。しかし購入に至らなかったのならば、作品を見てくれた人達の望む作品ではなかったということです。

「検索されたキーワード」から想像するしかないですが、購買者が欲しいと思う作品を作ることが売れる作品となるので、他のライバルの作品と見比べつつ、作品を作っていくしかありません。

売れなかったと落ち込む前に、ライバルの作品をチェックし、購買者の欲しい作品作りを作ることが売り上げを上げるコツをなります。

 

まとめ

 

 

minneがアクセス解析機能を付けたのは、ただ単にアクセス数を知ってもらいたいからだけではありません。

 

そのアクセス解析をきちんと分析しそれを利用して、売り上げに繋げてほしいからです。

 

インターネット販売サイトも作家も売り上げを上げていきたい目標は一致しています。ならば、何がお互い手段や必要なツールは一致しています。

サイトが用意してくれた機能は上手く利用していきましょう

 

 

 

コメント