VC-PK9とVC-PK7Aの違いを比較!おすすめは?東芝 紙パック式クリーナー【上下比較】

東芝 VC-PK9 VC-PK7Aキャニスタークリーナー
カバコッティ
カバコッティ

私ホコリアレルギーだからサイクロン式より紙パック式がいいの

東芝の紙パック式クリーナーが発売したけどVC-PK9とVC-PK7Aってどう違うのかな?

ハカセ
ハカセ

紙パック式はホコリが舞うのをかなり減らせるからの

VC-PK9とVC-PK7Aはヘッドの種類、エコモード、グリップの形状が違うのぅ

この記事では東芝の紙パック式クリーナーのVC-PK9とVC-PK7Aの違いを比較しています。

VC-PK9とVC-PK7Aは2022年5月に新発売しました。

VC-PK9とVC-PK7Aの違いは

  • ヘッドのタイプ
  • らくわざフリーグリップとらくわざグリップの使いやすさ
  • VC-PK9は2WAYブラシが付いている
  • VC-PK9はエコモード搭載
  • 付属品
  • 吸込仕事率(消費電力)
  • 標準質量
  • カラー
  • 価格

たくさんあります。

VC-PK9は

カーボンヘッドで自走式なのでグイグイ前へ進みます。床の菌を約99%除去します。

ラウンド形状のらくわざフリーグリップは抗菌加工になっています。

延長管とグリップの先にブラシが搭載されていて、素早く高い場所やすき間など掃除できます。

省エネ機能のエコモードはヘッドが浮くと運転を制御し電気代をおさえます。

VC-PK7Aは

フローリングターボヘッドでエアー式。エアー式は吸い込む風で回転ブラシが動きます。モーターを使っていないのでヘッドまるごと水洗いができます。

らくわざグリップは三角形状の持ち手で操作がしやすくなっています。

すき間ノズルが付属しているので、狭い場所やサッシなど掃除ができますね。

機能をぐんと厳選しているのでVC-PK9より低価格です。

自走式ヘッドでヘッドが軽いので楽に掃除したいならVC-PK9がおすすめ。

予算を重視するならVC-PK7Aがおすすめです。

\VC-PK9はこちら/

自走式ヘッドで楽々お掃除♪エコモードで電気代も節約♪

\VC-PK7Aはこちら/

予算を重視したい方向け♪

VC-PK9とVC-PK7Aの違いを比較 東芝紙パック式クリーナー

ここからはVC-PK9とVC-PK7Aの違いをくわしくみていきましょう。

  • ヘッドのタイプ
  • らくわざフリーグリップとらくわざグリップの使いやすさ
  • VC-PK9は2WAYブラシが付いている
  • VC-PK9はエコモード搭載
  • 付属品
  • 吸込仕事率(消費電力)
  • 標準質量
  • カラー
  • 価格

違いは9点あります。

違い①VC-PK9はカーボンヘッド、VC-PK7Aはフローリングターボヘッド

VC-PK9VC-PK7A
ヘッドカーボンヘッドフローリングターボヘッド
機能モーター式:自走式
床ピタ設計
床の菌を約99%除去

水洗い可(ブラシ・お手入れカバー)
エアー式
水洗い可(全体)

VC-PK9は回転ブラシがモーターで動くので、ヘッドが前へ進む力があります。ラグやじゅうたんでもスイスイ動かせるので楽に掃除できます。

床の菌を約99%除去できるのも時代に合わせたウレシイ機能です。

VC-PK7Aはエアー式で、掃除機の吸い込む力で回転ブラシが回転します。吸い込む力にまかせるので、モーター式より回転は劣ります。

エアー式はヘッドを丸洗いできるので、こまめにお手入れをすることで清潔を保てます。

違い②VC-PK9はらくわざフリーグリップ、VC-PK7Aはらくわざグリップ

VC-PK9:らくわざフリーグリップ

VC-PK7A:らくわざグリップ

VC-PK9のらくわざフリーグリップは丸みを帯びたラウンド形状で、どの角度でも持ちやすくなっていて手首の負担が少ないです。

VC-PK7Aのらくわざグリップは三角形状でまっすぐ持つことができるので持ちやすくなっています。

違い③VC-PK9は2WAYブラシが付いている

VC-PK9:2WAYブラシ

VC-PK7A:-

VC-PK9は延長パイプの先とグリップの先にブラシが搭載されています。ノズルを付けることなく、素早くブラシに切り替えて、細かい場所を掃除できます。

違い④VC-PK9はエコモード搭載

VC-PK9:エコモード

VC-PK7A:-

VC-PK9のエコモードは

  • 運転時にヘッドが1秒浮くとパワー低減
  • 紙パック内のゴミのたまり具合でパワー調整

状況に応じてパワー調整をしてくれてエコです。毎日掃除するならエコが断然いいですよね。

違い⑤付属品の違い

VC-PK9VC-PK7A
シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5)1枚すき間ノズル
シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5)1枚

VC-PK7Aにはすき間ノズルが付属しています。

VC-PK7は2WAYブラシがないので、すき間ノズルを使って掃除します。

違い⑥吸込仕事率(消費電力)の違い

VC-PK9VC-PK7A
吸込仕事率350~約20W350~約80W
消費電力870~約120W870~約250W

吸込仕事率は吸い込む力を数値で表していて、数値が大きいほどゴミをよく吸います。

VC-PK9とVC-PK7Aは最大350Wの吸込仕事率で吸引力が強いです。

VC-PK9の最小は約20Wでエコな運転をします。

違い⑦標準質量の違い

VC-PK9VC-PK7A
本体・ホース・延長管・ヘッドの合計質量約3.7kg約3.6kg

標準質量が違いますがわずかなので気にしなくてもOK。

違い⑧カラーの違い

VC-PK9VC-PK7A
-R グランレッド-N ローズゴールド

本体カラーが違うので、見分けやすいです。

違い⑨VC-PK9とVC-PK7Aの価格の違い

●VC-PK9の価格

Amazon:-円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:26,324円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:25,780円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

●VC-PK7Aの価格

Amazon:-円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:17,062円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:17,077円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

※2022年6月9日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。なお調査時にセール価格の場合があります。

1万円近くの価格差があります。

VC-PK9は自走式ヘッド、床の菌を除去、2WAYブラシなど効率よくキレイに掃除できます。

VC-PK9とVC-PK7Aはどちらがおすすめ?

ではどちらがおすすめでしょうか。購入の際の参考になれば幸いです。

VC-PK9がおすすめな方

  • 自走式ヘッドでラクに掃除したい
  • ノズルを付け替えずに掃除したい
  • ワンタッチでブラシにして掃除したい
  • 床の菌が気になるからキレイにしたい
  • エコモードで少しでも節電したい
  • 手首に負担をかけたくないからどの角度でも持ちやすい持ち手グリップがいい
\VC-PK9はこちら/

自走式ヘッドで楽々お掃除♪エコモードで電気代も節約♪

VC-PK7Aがおすすめな方

  • 予算を重視したい
  • ブラシノズルは必要ない
  • ヘッドの回転ブラシは適度に動けばいい
  • 少々ヘッドに抵抗があっても気にしない
  • 持ち手はまっすぐ持ちたい
\VC-PK7Aはこちら/

予算を重視したい方向け♪

VC-PK9とVC-PK7Aの共通の機能と特長

ここからはVC-PK9とVC-PK7Aの共通の機能と特長を紹介します。

  • 本体はコンパクトで大きな持ち手で運びやすい
  • シール弁付き紙パックでゴミが漏れにくい
  • 床ピタ設計でソファや家具の下の奥まで掃除できる

特長①本体はコンパクトで大きな持ち手で運びやすい

本体は約2.3kgと軽量。

大きな持ち手なので、持ち運びをしやすいです。

特長②シール弁付き紙パックでゴミが漏れにくい

ホースと密着しているシール弁付き紙パックなのでゴミが漏れません。

吸ったゴミは紙パックの中に入るので、ホコリが舞うこともありません。

清潔ですね。

\いっしょに予備を買っておくといいですよ!/

特長③床ピタ設計でソファや家具の下の奥まで掃除できる

ソファやベッド、家具の下の奥までヘッドを差し込んでも浮きにくいので、ホコリやゴミを逃さずにキレイに掃除できます。

VC-PK9とVC-PK7Aのスペック表

違いは赤太字にしています。

VC-PK9VC-PK7A
タイプ紙パック式クリーナー紙パック式クリーナー
本体色-R グランレッド-N ローズゴールド
集じん機能紙パック
(シール弁付きトリプル紙パック/VPF-5)
紙パック
(シール弁付きトリプル紙パック/VPF-5)
集じん容積約1.2L約1.2L
吸込仕事率
(消費電力)
350~約20W
(870~約120W)
350~約80W
(870~約250W)
本体質量
(標準質量)
約2.3kg
約3.7kg)
約2.3kg
(約3.6kg)
運転音65~約61dB65~約61dB
クリーン排気
&フィルター
高集塵:シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5)
①一般フィルター
高集塵:シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5)
①一般フィルター
コード長さ約5.0m約5.0m
本体寸法幅210x奥行323x高さ194mm幅210x奥行323x高さ194mm
ヘッドのタイプカーボンヘッド
モーター式:自走式

床ピタ設計
床の菌を約99%除去
水洗い可(ブラシ・お手入れカバー)
フローリングターボヘッド
エアー式

床ピタ設計
水洗い可(全体)
付属品シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5)1枚すき間ノズル
シール弁付きトリプル紙パック(VPF-5)1枚
使いやすさらくわざフリーグリップ
2WAYブラシ
らくわざグリップ
省エネ機能エコモード
発売年2022年5月2022年5月

東芝 取扱説明書 掃除機(クリーナー)

\VC-PK9はこちら/

自走式ヘッドで楽々お掃除♪エコモードで電気代も節約♪

\VC-PK7Aはこちら/

予算を重視したい方向け♪

VC-PK9とVC-PK7Aの違いを比較!おすすめは?東芝 紙パック式クリーナー【上下比較】のまとめ

カバコッティ
カバコッティ

紙パックがホースと密着しているからホコリが漏れないのはいいわね!

ハカセ
ハカセ

ホコリアレルギーならウレシイ仕様じゃのぅ

ヘッドの自走式とエアー式ではヘッドの押し引きの重さがかなり違うから、後悔したくなかったら自走式がおすすめじゃ

VC-PK9の自走式のカーボンヘッドはラクラク前へ進んでいきます。引いた時もゴミをかき取るのでキレイに掃除できます。床の菌を約99%除去してくれるのもウレシイ機能です。

1万円近くの価格差があるので、予算を重視するならVC-PK7Aがおすすめです。自走式ではないですが、エアー式なので吸い込む力で回転ブラシが回転しゴミをかき取っていきます。

しかし断然VC-PK9が高機能です。ペットを飼っている、小さなお子さんがいるならVCPK9がおすすめです。

検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました