VC-S630XとVC-S620Xの違いを比較!おすすめは?サイクロンクリーナー トルネオV 東芝【新旧比較】

東芝 VC-S630X VC-S620Xキャニスタークリーナー

この記事では東芝のサイクロンクリーナー トルネオVのVC-S630XとVC-S620Xの違いを比較しています。

  • VC-S630X:2022年6月発売
  • VC-S620X:2021年7月発売

VC-S630Xは新発売したので、VC-S620Xは型落ちになり旧モデルとなりました。

VC-S630XとVC-S620Xの違いは

  • VC-S630X新らくわざグリップが抗菌加工になった
  • VC-S620Xはすき間ノズルが付属
  • ダストボックス内のカラー
  • 価格

があります。機能は同じです。

VC-S630Xは

グリップが抗菌ホースグリップになり、より清潔になりました。

付属品はお手入れブラシのみです。

VC-S620Xは

すき間ノズルが付属しています。サッシなどのせまいすき間などを掃除できます。

旧モデルとなったので価格が下がっています。

新モデルで抗菌加工のグリップで清潔を保ちたいならVC-S630Xがおすすめです。

予算を重視するならVC-S620Xがおすすめです。

\2022年発売のVC-S630Xはこちら/

新モデル♪グリップが抗菌加工♪

\2021年発売のVC-S620Xはこちら/

旧モデル♪予算を優先したいならこちら♪

VC-SG930Xはゴミ残しまセンサーやワイドピカッとブラシ機能があり、付属品も豊富にそろっています。

VC-S630XとVC-S620Xの違いを比較

ここからはVC-S630XとVC-S620Xの違いをくわしくみていきましょう。

  • VC-S630Xの新らくわざグリップが抗菌加工になった
  • VC-S620Xはすき間ノズルが付属
  • ダストボックス内のカラー
  • 価格

違い①VC-S630Xの新らくわざグリップが抗菌加工になった

VC-S630X:新らくわざグリップ(抗菌ホースグリップ)

VC-S620X:新らくわざグリップ

どちらも新らくわざグリップですが、新モデルのVC-S630Xは抗菌加工になっています。家族で使うにしても、グリップが抗菌になっていれば清潔で安心ですね。

違い②VC-S620Xはすき間ノズルが付属

VC-S630X:お手入れブラシ

VC-S620X:お手入れブラシ、すき間ノズル

VC-S620Xにはすき間ノズルが付属しています。

VC-S630XとVC-S620Xは2WAYブラシが延長管とグリップの先についています。ブラシを可動させてサッとどこでもお掃除できます。ノズルの付け外しの手間がないので簡単に棚の上やすき間を掃除できます。

2WAYブラシがあるので、すき間ノズルの出番は少なくなります。

違い③ダストボックス内のカラー

VC-S630X:ブラック

VC-S620X:透明

ダストボックス内の一部のカラーが違います。正直に言うと、購入して使う側からしたらどうでもいい変更です。

違い④VC-S630XとVC-S620Xの価格の違い

●2022年モデルのVC-S630Xの価格

Amazon:-円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:44,065円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:46,467円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

●2021年モデルのVC-S620Xの価格

Amazon:-円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:26,400円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:26,800円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

※2022年6月17日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。なお調査時にセール価格の場合があります。

VC-S620Xは取扱ショップも少ないです。在庫が少なくなってくると価格が高騰してくるので、お早目の購入をおすすめします。

VC-S630XとVC-S620Xはどちらがおすすめ?

ではどちらがおすすめでしょうか。購入の際の参考になれば幸いです。

VC-S630Xがおすすめな方

  • グリップが抗菌加工で清潔がいい
\2022年発売のVC-S630Xはこちら/

新モデル♪グリップが抗菌加工♪

VC-S620Xがおすすめな方

  • 予算を重視したい
  • すき間ノズルはほしい
\2021年発売のVC-S620Xはこちら/

旧モデル♪予算を優先したいならこちら♪

VC-S630XとVC-S620Xの共通の特長

ここからはVC-S630XとVC-S620Xの共通の特長を紹介します。

  • フィルターレスサイクロンで強い吸引力と簡単なゴミ捨て
  • ラクトルパワーヘッドで床の菌まで除去
  • エコな節電ストップ機能
  • ダストカップや回転ブラシはまるごと水洗いできる

特長①フィルターレスサイクロンで強い吸引力と簡単なゴミ捨て

フィルターレスサイクロンはプリーツフィルターを使わない構造をしています。

  • 10気筒の気流で微細な粒子まで分離 吸引力が99%以上持続
  • 高速気流でゴミと空気を分離 強い吸引力を発揮
  • 強力な気流でゴミを圧縮(トルネードプレス)でゴミ捨てが簡単

フィルターがないので、ゴミが目詰まりしにくく強い吸引力が長続きします。

特長②ラクトルパワーヘッドで床の菌まで除去

ラクトルパワーヘッドの特長は

  • 自走式でスイスイ進む
  • フッ素加工ブラシ
  • Agブラシ
  • 床の菌を除去

床の菌も気になる時代です。掃除機でキレイにできるウレシイ機能です。

特長③エコな節電ストップ機能

  • ヘッドが浮くとパワーが低減、運転を一時停止
  • 一時停止後約1分後に運転が停止

コード式なので、使用時間が決まっているわけではありませんがエコな運転をして節電します。

特長④ダストカップや回転ブラシはまるごと水洗いできる

ダストカップや回転ブラシはまるごと水洗いできます。

フィルターレスなのでダストカップのお手入れも簡単です。

こまめにゴミを捨ててお手入れすることで、清潔を保ち吸引力が持続します。

VC-S630XとVC-S620Xのスペック表

タイプコード付きクリーナー
フィルターレスサイクロン式
本体色-S シルバー
ゴミ圧縮機能〇(バーティカルトルネードシステム)
水洗い可(サイクロン部・ダストカップ)
集じん容積約0.2L
吸込仕事率180~約50W
消費電力770~約250W
本体寸法幅180x奥行300x高さ276cm
本体質量
標準質量
約2.3kg
約3.7kg
運転音64~約58dB
排気性能粒子径0.5μm以上の微細塵を約99%捕塵
クリーン排気
&フィルター
①排気清浄フィルター(水洗い可)
②脱臭フィルター
コード長さ5.0m
ヘッドのタイプラクトルパワーヘッド
モーター式:自走式
床ピタ設計
Agブラシ
フッ素加工抗菌ブラシ(床の菌を除去)
水洗い可(ブラシ・お手入れカバー)
使いやすさ新らくわざグリップ
2WAYブラシ
スムーズタイヤ
省エネ機能節電ストップ機能
エコモード

東芝 取扱説明書 掃除機(クリーナー)

\2022年発売のVC-S630Xはこちら/

新モデル♪グリップが抗菌加工♪

\2021年発売のVC-S620Xはこちら/

旧モデル♪予算を優先したいならこちら♪

VC-S630XとVC-S620Xの違いを比較!おすすめは?サイクロンクリーナー トルネオV 東芝【新旧比較】のまとめ

VC-S630XとVC-S620Xの違いは

  • VC-S630Xの新らくわざグリップが抗菌加工になった
  • VC-S620Xはすき間ノズルが付属
  • ダストボックス内のカラー
  • 価格

4つです。

グリップの抗菌加工で清潔なのがVC-S630Xです。

抗菌加工は必要なくて、すき間ノズルが欲しいならVC-S620Xがおすすめです。

VC-S620Xは取扱ショップが少なくなってきているので、購入をするならおはやめに。

検討してみてください。

VC-SG930Xはゴミ残しまセンサーやワイドピカッとブラシ機能があり、付属品も豊富にそろっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました