VC-CF31とVC-CF21Aの違いを比較!おすすめは?サイクロンクリーナー トルネオミニ 東芝【上下比較】

東芝 VC-CF31 VC-CF21Aキャニスタークリーナー

この記事では東芝のサイクロンクリーナー トルネオミニのVC-CF31とVC-CF21Aの違いを比較しています。

VC-CF31とVC-CF21Aは2022年6月発売の新モデルです。トルネオミニのコンパクト軽量タイプですね。

VC-CF31とVC-CF21Aは

  • VC-CF31はカーボンヘッド、VC-CF21Aはフローリングターボヘッド
  • VC-CF31はエコモードがある
  • VC-CF31はらくわざフリーグリップで握りやすい
  • VC-CF31は2WAYブラシがある
  • VC-CF21Aはすき間ブラシが付属
  • 吸込仕事率と消費電力
  • カラー
  • 質量
  • 価格

コンパクト軽量タイプでもVC-CF31とVC-CF21Aには違いが多くありました。

VC-CF31は

自走式のカーボンヘッドです。床の菌を約99%除去するので、床の清潔を保てますね。

運転モードにエコモードがあるので電気の消費をおさえます。

らくわざフリーグリップは丸みの帯びたグリップなので、どの角度でも持ちやすくなっています。

延長管とグリップの先の2カ所にブラシがあるので、ヘッドを取り外してワンタッチですき間などを掃除できます。

VC-CF21Aは

エアー式のフローリングターボヘッドで、吸い込む風の力でブラシが回転してゴミを取ります。

エアー式のヘッドはモーターがないので、ヘッドごと水で丸洗いできます。

らくわざグリップは丸みを帯びた角度が付いたグリップでまっすぐ持つことができます。

すき間ノズルが付属しているので、付け替えてすき間を掃除できます。

VC-CF31より低価格です。

VC-CF31は自走式ヘッドでスイスイ前へ進むので楽に掃除できます。床の菌を除去できるのも、今の時代に合った機能です。ヘッドが浮くと運転が減速・停止して電気代もおさえます。

高機能で楽に掃除したい人におすすめです。

VC-CF21Aは機能が少ない分、VC-CF31より低価格です。予算重視の方におすすめです。

\VC-CF31はこちら/

自走式のカーボンヘッドで床の菌を除去♪エコモードや2WAYブラシ搭載♪

\VC-CF21Aはこちら/

フローリングターボヘッド♪予算重視の方に♪

上位機能のサイクロンクリーナー トルネオVはこちらの記事で紹介しています

フィルターレスサイクロンでお手入れも簡単。自走式のラクトルパワーヘッド搭載です♪

VC-CF31とVC-CF21Aの違いを比較

ここからはVC-CF31とVC-CF21Aの違いをくわしくみていきましょう。

  • VC-CF31はカーボンヘッド、VC-CF21Aはフローリングターボヘッド
  • VC-CF31はエコモードがある
  • VC-CF31はらくわざフリーグリップで握りやすい
  • VC-CF31は2WAYブラシがある
  • VC-CF21Aはすき間ブラシが付属
  • 吸込仕事率と消費電力
  • カラー
  • 質量
  • 価格

違い①VC-CF31はカーボンヘッド、VC-CF21Aはフローリングターボヘッド

VC-CF31VC-CF21A
ヘッドのタイプカーボンヘッドフローリングターボヘッド
機能モーター式:自走式
床ピタ設計
床の菌を約99%除去

水洗い可(ブラシ・お手入れカバー)
エアー式
水洗い可(全体)

VC-CF31は回転ブラシがモーターで動くので、ヘッドが前へ進む力があります。ラグやじゅうたんでもスイスイ動かせるので楽に掃除できます。

床の菌を約99%除去できるのも時代に合わせたウレシイ機能です。

VC-CF21Aはエアー式で、掃除機の吸い込む力で回転ブラシが回転します。吸い込む力にまかせるので、モーター式より回転は劣ります。

エアー式はヘッドを丸洗いできるので、こまめにお手入れをすることで清潔を保てます。

違い②VC-CF31はエコモードがある

VC-CF31:エコモード搭載

VC-CF21A:-

VC-CF31のエコモードは運転時にヘッドが1秒浮くとパワー低減します。

状況に応じてパワー調整をしてくれてエコです。毎日掃除するならエコが断然いいですよね。

違い③VC-CF31はらくわざフリーグリップで握りやすい

VC-CF31:らくわざフリーグリップ

VC-CF21A:らくわざグリップ

VC-CF31のらくわざフリーグリップは丸みを帯びたラウンド形状で、どの角度でも持ちやすくなっていて手首の負担が少ないです。

VC-CF21Aのらくわざグリップは三角形状でまっすぐ持つことができるので持ちやすくなっています。

違い④VC-CF31は2WAYブラシがある

VC-CF31:2WAYブラシ

VC-CF21A:-

VC-CF31は延長パイプの先とグリップの先にブラシが搭載されています。ノズルを付けることなく、素早くブラシに切り替えて、細かい場所を掃除できます。

違い⑤VC-CF21Aはすき間ブラシが付属

VC-CF31:-

VC-CF21A:すき間ノズル

VC-CF21Aはすき間ノズルが付属しています。

VC-CF31は2WAYブラシが延長管とグリップの先についているので、すき間ブラシのかわりになります。

違い⑥吸込仕事率と消費電力の違い

VC-CF31VC-CF21A
吸込仕事率290~約20W290~約80W
消費電力850~約120W850~約250

吸込仕事率は吸い込む力を数値で表していて、数値が大きいほどゴミをよく吸います。

VC-CF31は吸い込む力を弱めて消費電力が低くなって電気代をおさえるようになっています。

違い⑦カラーの違い

VC-CF31:-R グランレッド

VC-CF21A:-W ホワイト

からーが違うので、見分けやすいです。

違い⑧標準質量の違い

VC-CF31:約3.6kg

VC-CF21A:約3.5kg

標準質量は本体・ホース・延長管・ヘッドの総重量です。

VC-CF21Aが約0.1kgほど軽いですが、ほとんど同じですね。

違い⑨VC-CF31とVC-CF21Aの価格の違い

●VC-CF31の価格

Amazon:-円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:32,560円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:29,000円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

●VC-CF21Aの価格

Amazon:-円~

 →Amazonで最新価格をチェックする

楽天市場:23,712円~

 →楽天市場で最新価格をチェックする

Yahoo!ショッピング:26,704円~

 →Yahoo!ショッピングで最新価格をチェックする

※2022年6月19日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にもう一度確認してください。なお調査時にセール価格の場合があります。

VC-CF31は3万円台、VC-CF21Aは2万円台の価格帯です。どちらも販売して日が浅いので定価に近い価格です。

VC-CF31とVC-CF21Aはどちらがおすすめ?

ではどちらがおすすめでしょうか。購入の際の参考になれば幸いです。

VC-CF31がおすすめな方

  • 自走式ヘッドで軽く前へ進みたい
  • 楽に掃除したい
  • エコモードで節電したい
  • ノズルの付け替えはカンタンに2WAYブラシで掃除したい
  • 床の菌もキレイに掃除したい
\VC-CF31はこちら/

自走式のカーボンヘッドで床の菌を除去♪エコモードや2WAYブラシ搭載♪

VC-CF21Aがおすすめな方

  • 予算を重視したい
  • 床を掃除することが多く、ノズルはあまり使わない
  • ヘッドはまるごと水荒らして清潔を保ちたい
\VC-CF21Aはこちら/

フローリングターボヘッド♪予算重視の方に♪

VC-CF31とVC-CF21Aの共通のと機能と特長

ここからはVC-CF31とVC-CF21Aの共通のと機能と特長を紹介していきます。

  • 軽くてコンパクトボディ
  • デュアルトルネードシステムで吸引力が持続
  • 床ピタ設計でヘッドが浮かずに奥までキレイ

特長①軽くてコンパクトボディ

本体質量が約2.2kgの軽量でコンパクト。

大きな持ち手で持ち運びやすいです。

特長②デュアルトルネードシステムで吸引力が持続

デュアルトルネードシステムは2つの気流を駆使することで

  • 吸引力99%以上持続
  • 強力な気流でゴミを圧縮し、ネット部へのゴミの付着を低減
  • ホコリの付着を防ぐ帯電防止加工
  • フィルター・ダストカップは水洗いOK、プリーツフィルターは抗菌加工

パワフルにゴミを吸引、お手入れも楽にできます。

特長③床ピタ設計でヘッドが浮かずに奥までキレイ

棚やベッドの下の奥までヘッドを差し込んでも、ヘッドが浮かずにキレイに掃除できます。

VC-CF31とVC-CF21Aのスペック表

違いは赤太字にしています。

VC-CF31VC-CF21A
タイプコード付きクリーナー
サイクロン式
コード付きクリーナー
サイクロン式
本体色-R グランレッド-W ホワイト
集じん容積約0.25L約0.25L
ゴミ圧縮機能〇(デュアルトルネードシステム)
水洗い可(サイクロン部・ダストカップ)
〇(デュアルトルネードシステム)
水洗い可(サイクロン部・ダストカップ)
吸込仕事率
(消費電力)
290~約20W
(850~約120W
290~約80W
(850~約250W
本体質量
(標準質量)
約2.2kg
約3.6kg
約2.2kg
約3.5kg
ヘッドのタイプカーボンヘッド
モーター式:自走式

床ピタ設計
床の菌を約99%除去
水洗い可(ブラシ・お手入れカラー)
フローリングターボヘッド
エアー式

床ピタ設計
水洗い可(全体可)
省エネ機能エコモード
使いやすさらくわざフリーグリップ
2WAYブラシ
らくわざグリップ
本体寸法幅220x奥行295x高さ255mm幅220x奥行295x高さ255mm
運転音63~約58dB63~約58dB
コード長さ5.0m5.0m
排気性能粒子径0.5μm以上の微細塵を約99%捕塵粒子径0.5μm以上の微細塵を約99%捕塵
クリーン排気
&フィルター
①高集塵プリーツフィルター(水洗い可)
②一般フィルター
①高集塵プリーツフィルター(水洗い可)
②一般フィルター
付属品お手入れブラシすき間ノズル
お手入れブラシ

東芝 取扱説明書 掃除機(クリーナー)

\VC-CF31はこちら/

自走式のカーボンヘッドで床の菌を除去♪エコモードや2WAYブラシ搭載♪

\VC-CF21Aはこちら/

フローリングターボヘッド♪予算重視の方に♪

VC-CF31とVC-CF21Aの違いを比較!おすすめは?サイクロンクリーナー トルネオV 東芝【上下比較】のまとめ

VC-CF31とVC-CF21Aの違いは

  • VC-CF31はカーボンヘッド、VC-CF21Aはフローリングターボヘッド
  • VC-CF31はエコモードがある
  • VC-CF31はらくわざフリーグリップで握りやすい
  • VC-CF31は2WAYブラシがある
  • VC-CF21Aはすき間ブラシが付属
  • 吸込仕事率と消費電力
  • カラー
  • 質量
  • 価格

たくさんありました。

VC-CF31が高機能で上位モデルです。ヘッドは自走式で床の菌を約99%除去できます。エコモードや2WAYブラシなど便利機能は魅力的です。

VC-CF21Aは機能を減らした価格重視なモデルです。フローリングターボヘッドはエアー式ですがヘッドをまるごと水洗いできるメリットもあります。

検討してみてください。

上位機能のサイクロンクリーナー トルネオVはこちらの記事で紹介しています

フィルターレスサイクロンでお手入れも簡単。自走式のラクトルパワーヘッド搭載です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました