HX-RK12とHX-PK12の違いを比較 シャーププラズマクラスター加湿セラミックファンヒーター

シャープ HX-RK12 HX-PK12家電

この記事はシャープのプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターのHX-RK12とHX-PK12の違いを比較しています。

冬の乾燥した時期にヒーターを付けるとお肌の乾燥がより一層気になります。

プラズマクラスターで清潔な加湿+温風で快適空間にできるのがプラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターです。

2022年9月にHX-RK12が新発売し、2021年発売のHX-PK12は旧モデルと型落ちになりました。

HX-RK12とHX-PK12の違いは

  • HX-RK12の操作パネル部分はSIAA抗菌加工仕様
  • 価格の違い

2点です。

機能は同じですね。操作部分の清潔さの違いなので、価格と相談して購入したいですね。

本文では違いをくわしく紹介しています。価格も調査しましたので、参考になれば幸いです^^

\HX-RK12はこちら/

2022年新モデル♪操作パネル部分がSIAA抗菌加工仕様!

ホワイト系/プレミアムホワイト▼

ブラウン系/ダークブラウン▼

\HX-PK12はこちら/

2021年モデル♪予算をおさえられます^^

ホワイト系/プレミアムホワイト▼

ブラウン系/ダークブラウン▼

スリムな縦型セラミックファンヒーターもあります!
プラズマクラスターや人感センサー搭載♪狭い場所でもすっきりです

HX-RK12とHX-PK12の違いを比較

HX-RK12とHX-PK12の違いをくわしくみていきましょう。

  • HX-RK12の操作パネル部分はSIAA抗菌加工仕様
  • 価格の違い

違いは2点です。

①HX-RK12の操作パネル部分はSIAA抗菌加工仕様になった

シャープ HX-RK12 抗菌
シャープ公式サイトより

HX-RK12の操作パネル部分はSIAAマークの付いた抗菌加工です。

SIAAマークはISO22196法より評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示です。

HX-RK12はよく触る部分がより清潔になりました。

HX-PK12も操作パネルは抗菌加工仕様です。SIAAマークがないですが、抗菌加工されているので清潔です。

HX-RK12とHX-PK12の価格の比較

※2022年11月7日時点の価格です。価格は変動しますので購入時に再確認してください。価格はセール時の場合があることをご了承ください。

HX-RK12の価格

Amazon:28,000円前後

楽天市場:28,000円前後

Yahoo!ショッピング:28,000円前後

2022年9月に発売したばかりですが、価格は下がってきてい3万前半円だったのが10月時点で28000円ほどまで下がっています。値下がる速度が少し早めと感じます。

最新価格はこちらから↓ご確認ください。

ホワイト系プレミアムホワイト▼

ブラウン系ダークブラウン▼

HX-PK12の価格

Amazon:20,500円前後

楽天市場:20,000円前後

Yahoo!ショッピング:20,000円前後

新モデルHX-RK12が発売して型落ちしたHX-PK12はガクンと価格を下げ2万円前後とお買い得な価格になっています。まだ少しずつ下がっている状況で底値は見えていません。

最新価格はこちらから↓ご確認ください。

ホワイト系プレミアムホワイト▼

ブラウン系ダークブラウン▼

HX-RK12とHX-PK12の共通の特長

HX-RK12とHX-PK12の共通の特長を紹介します。

大風量+加湿で快適な暖かさ

約2m先まで届く温風と約650mL/hの最大加湿量で潤いながら暖まります。

女性は特に乾燥するとお肌がカサカサになりがちです。

お子さんは乾燥すると風を引きやすくなります。

ヒーターで暖まると同時に加湿すると、より暖かさを感じやすくお肌やのどの潤いなどの乾燥の悩みが解決できますね。

ヒーターを使う時に加湿器も別で準備する必要もなくなり省スペースにもなります。

フィルター自動洗浄運転で汚れをおさえる

※音量注意!

加湿器の悩みは水垢の付着やフィルターの汚れのこまめなお手入れです。約1~2週間ほど使っていると水垢がこびりついてきますよね。フィルターもキレイにしておかなければ菌をまき散らしているような不快な気持ちになります。

HX-RK12とHX-PK12はフィルターの自動洗浄運転機能があるので、水垢やフィルターの汚れ、水の汚れをおさえます。

自動洗浄運転があるのでお手入れは軽減されますが、全くしなくていいわけではありません。

丸洗いもできる

※音量注意!

各パーツは取り外すことができて、丸洗いできます。

  • 抗菌加湿フィルター
  • 加湿トレーカバー
  • 給水ポンプ
  • 加湿トレー
  • 抗菌防カビエアフィルター
  • タンク

それぞれ分解できて、丸洗いできます。

フィルター自動洗浄運転があることで汚れがおさえられますが、こまめにお手入れすることでより清潔を保てますよ。

\加湿フィルターHX-FK6はこちら/

交換目安は3シーズン(約18か月)に1回。

安心の安全設計

  • 切り忘れ防止機能:運転中8時間操作がないと運転停止し運転ランプが点滅
  • 防災対応型二重安全転倒OFFスイッチ:本体が転倒や傾いた時に運転停止
  • チャイルドロック
  • 温度過昇防止器
  • 電流ヒューズ

切り忘れや転倒しても運転停止する安全機能搭載です。

また入タイマー(6・7・8時間)や切タイマー(1・2時間)機能もあり、安心して使えます。

別売品として「Ag+イオンカートリッジ」がある

別売品として「Ag+イオンカートリッジ」があります。

給水タンクのキャップに取り付けることで、トレーのヌメリや菌を抑制します。約1年に1回の交換目安です。

\1個はこちら/

FZ-AG01K1

\2個はこちら/

FZ-AG01K2

\4個はこちら/

FZ-AG01K4

HX-RK12とHX-PK12の違いを比較 シャーププラズマクラスター加湿セラミックファンヒーターのまとめ

HX-RK12とHX-PK12の違いは以下の2点でした。

  • HX-RK12はSIAA抗菌加工仕様、HX-PK12は抗菌加工仕様
  • 価格の違い

どちらも操作パネルは抗菌加工です。SIAAかどうかの違いです。

機能は同じなので発売年や抗菌加工の差にこだわりがなければ、価格で選んでもいいですね。

価格で選ぶなら2021年モデルHX-PK12が型落ちし2万円前後まで下がっているのでお買い得です。

大風量温風+加湿機能で省スペースで置けて、潤った空間でより暖かさを感じられます。

フィルターの自動洗浄運転もポイントが高いですね。

スリムな縦型セラミックファンヒーターもあります!
プラズマクラスターや人感センサー搭載♪狭い場所でもすっきりです

コメント

タイトルとURLをコピーしました