ハンドメイドの作品名の付け方のコツと注意すること

ハンドメイドで収益

ハンドメイドでの作品名の付け方は少し工夫が必要です。

作品名だけで、どんな作品か分かりやすく、そして表示される文字数にも限りがあります。この作品名で売り上げが変わることもあります。

いかに分かりやすく伝えるかが重要になります。

 

今日はハンドメイド販売サイトでの作品名の付け方についてのお話をします。

 

*この記事は2018年5月12日に加筆修正しました。

スポンサーリンク




ハンドメイド販売サイトでの作品名の付け方の注意点

 

手作り市や委託販売店での販売では、作品名はつけることは少ないです。作品名をつけるとしても、台紙に入れたり、POPに書いたりする程度で、作家の好きなように作品名を付けることが出来ます。しかし、数十個、数百個とある作品全てに作品名を入れていくことはできないし、しません。

 

ハンドメイド販売サイトでは、作品の全てに名前を付けなければいけません。1ページに1デザインもしくは1色など分け方がそれぞれありますが、その1ページに作品名をつけます。

作品名には文字数制限があります。

  • minne 全角100文字
  • ccreema 全角60文字

この文字数以内の作品名を収めなければいけませんが、大方収まると思います。

 

作品名は短ければいいというわけではありません。

また長くてもいいというわけではありません。

 

各ページのトップに作品名が表示されますが、ショップの作品一覧にも作品名は表示されます。

  • minne 全角15文字
  • creema 全角11文字

と、作品名の文字数よりかなり短めになっています。ショップページの一覧では、作品名が全て表示されるわけではありません。一部の表記となっています。画像と文字の表示となっているので、一目見て分かりやすくする必要があります。

 

品番は前派?後ろ派?

 

商品管理はどうしていますか?

品番をつけますか?

名前で分けていますか?

 

私は一つの作品に1つの品番をつけています。1ページに1作品の管理ですので、売れたら売り切れとなります。こちらは在庫管理が簡単です。売り切れなら「無し」、在庫があるなら「1点限り」です。

 

自分の在庫管理やお客さんとのやり取りで品番が必要ですが、ショップでの表示にはそんなに重要ではありません。

もし、品番管理していて、作品名に品番を入れているのなら、作品名の先頭に品番を入れるよりも、作品名の後尾に品番を入れる方が良いでしょう。

 

minne 全角15文字

creema 全角11文字

 

ですから、品番を数文字入れるだけでも、文字数を取ってしまうので、品番は後尾に入れ、作品名を出来るだけ、ショップの一覧表示でも分かるようにします。

 

そうすれば、写真と作品名だけで、どんな作品か分かりやすくなり、更に作品のページへ入ってくれるようになります。

 

ハンドメイド販売サイトでは検索すれば表示されるのは作品名

 

知っていましたか?

作品名でGoogleで検索をすると、検索結果に表示されるんですよ。自分の作品名を検索して下さい。必ず作品ページが表示されますから。

 

minneのトップページでもなく、ギャラリートップでもなく、作品ページです。ギャラリー名でGoogleで検索しても、表示されるんですけどね。

ギャラリーでも作品名でも検索で表示されます。これって、とっても重要なことです。

 

同じく、minneの検索で、作品名を検索して下さい。自分の作品名は知っているから、販売している作品名を打ち込みました。

 

検索で表示されましたよね。当然ですよね。自分の作品名は自分の付けた作品を打ち込んでるので、検索結果に表示されます。

 

では、minneに見に来て、買い物をしようと探した時に、あなたの作品名を打ち込みますか?

あなたの作品を買おうと思って、minneにアクセスしている人は、フォローやお気に入りをして買い物をしますよね。

 

ピアス欲しい

ショルダーバッグ欲しいなぁ

帽子買おうかなぁ

 

漠然と買い物をしようと思って、検索で探している人はあなたの作品名を知りません。そんな人に見つけてもらうのは、確率が低くなってしまいますよね。

きちんと検索に正しいカテゴリーで表示されるような作品名をつけていますか?

 

例えば、

これから夏だから、夏らしいピアス欲しいなぁ。そうだ!「ターコイズのピアス」がいいな。検索してみよう!「ターコイズ ピアス」・・・

 

 

ピアスが欲しい人がいます。今年はターコイズのピアスが欲しいです。

検索するのは「ターコイズ ピアス」またはカテゴリーのピアスを選択してから「ターコイズ」ですよね。さらに、デザインのイメージが「透かし」や「丸」など希望があれば、打ち込むこともあります。

 

作品名はこの検索するであろう単語をイメージしながら、作品名を付けなければいけません。

 

作品名にはカテゴリーと色名を入れる

 

作品名にはきちんとカテゴリー(ジャンル)をきちんと入れましょうね。例えば、「トートバッグ」「ショルダーバッグ」「リュックサック」などカバンの大きいカテゴリーの中の次に小さなカテゴリーの名前です。

さらに機能や用途を作品名に入れればより良いです。

 

また、1ページに1デザインの全色をまとめる場合は除いて、単色のみの作品ページや色分けして販売している作品には、必ず色は入れましょう。色にこだわって探す人もいるので、色で検索に表示される場合もあります。

柄も好きなアイテムの柄なら、そのアイテムで探すので、検索に表示されやすいよう作品名にいれておきます。

悪い例

たくさん入るナチュラルなカバン!お出かけにどうぞ☆

この作品名でわかるのは、「たくさん入る」「ナチュラル」「カバン」ということだけですね。

これでは、まず「トートバッグ」なのか「ショルダーバッグ」なのか「リュックサック」なのかまたどんな形状のカバンかわかりませんよね。

 

人は用途によってカバンを使分けます。自分が一番使いやすいと思っているカバンがあります。

 

大カテゴリー(バッグ・財布・小物)の下に小カテゴリー(バッグ・トートバッグ・ショルダーバッグ・バックパック・リュック・・・)とがありますが、トップページからの検索をする人もいます。

人は横着をします。その横着にも対応できるように作品名をつけておきましょう。

良い例

大容量のナチュラルなトートバッグ ライトグリーン

「トートバッグ」という形状がわかるようにしました。作品名を一つにする必要はないので、色名は作品名の後ろにつけました。これで、「グリーン」が好きで検索した人には引っ掛かりやすいワードになります。

 

しかし、少しあっさりしすぎですよね。普通の作品名になりすぎて個性がありません。もう少し女の子らしく、可愛く、イメージしやすくしてみましょう。

更に考えた良い例

大きくてナチュラルなトートバッグ 新緑のライトグリーン

「大容量」とうワードが硬かったので「大きい」に変更しました。

色もただの「ライトグリーン」ではなく、「新緑」と入れると木の葉の映像が思い浮かび、ナチュラル感が増します。

最終答え

大きい革ポケットの付いたたくさん入るナチュラルな帆布のトートバッグ 新緑のライトグリーン

作品名は長くなりましたが、

  • 革の大きいポケットがついていること
  • 帆布
  • トートバッグ
  • ライトグリーン

とポイントとなるポケットや素材の帆布、バッグの形状と色と作品の特徴を入れつつ、イメージを持ちやすい作品名にしました。

 

今回はあくまで検索表示される作品名の考え方に基づいた考え方です。

 

タグにワードを入れておけば大丈夫じゃない?

 

minneでは、タグを5ヶまで入力できます。

creemaでは、素材・カラーは選択でき、キーワードタグはモチーフ・素材・イベント・シチュエーションから選択できます。creemaではワードを自由に入れることができず、選択のみとなっています。

 

勿論、タグでも検索で表示されます。

が、検索してみたらわかりますが、作品名が優先されます。それならば、作品名にもワードを入れておけば、検索表示の確率が上がってきますよね。

自分が出来ることは最大限していきましょう。

 

これで大丈夫だから、あれはしなくていいや。

 

と手抜きはしないことです。少しの手間で状況は変わってきます。より自分の作品が見られるように、自分で努力しましょう。

 

自分で作品名を試行錯誤するしかない

 

ギャラリーに表示される作品名を考えたり、検索に表示されるように作品名を考えたり、自分んで試してみることをおすすめします。

どれか正しいかはありません。

 

画像と一緒に作品名は表示されるのですから、説明不足でも検索で表示されることがあります。その場合は、ワードが厳選されているからです。

上の例だと、「トートバッグ」は必ず入れることです。

 

作品名が当たれば、特集に選ばれることもある

 

検索の表示以外にも、作品名をきちんと考えることで、特集に選ばれる確率も上がってきます。イメージしやすいワードを使うと、特集のイメージ合致した場合は選ばれます。

 

特集は用途やイベントだけではありません。

「色」や「イメージ」や「アイテム」で特集をすることもあります。その「アイテム」のイメージ合えば「色」で選ばれることもあります。

「レモン」の特集で「レモン色」を作品名に入っていたり、「レモン」の形や柄ではなくても、特集に選ばれることもあります。

 

まとめ

作品名といちいち考えるのは面倒だなぁ・・・

と思う時もあります。私は作った作品1点につき1ページ作っていますので、製作数=作品ページです。minne用に100点作れば、100点分の作品ページの写真や文章を考えていきます。

とても効率が悪く時間がかかり面倒です。

 

でもページ数が増えれば、カテゴリーや種類、色数などが増えていくので、どんな検索をされようが引っかかりやすくなります。

どんな経路で自分のギャラリーに辿り着いているかは、サイトを見てくれてる方に依存するので、出来るだけ自分のギャラリーに引き込めるように努力はします。

 

作品数を増やす!

と色んなハンドメイダーさんが言っていることは、検索の表示率を増やすことも一つあります。

 

作品を見てもらえるように、作品名をひと工夫してみしょう。

 

次読む記事 ハンドメイドの作品説明文を書く6ヶのコツ

 

コメント