毎日使う機能性重視でおしゃれなペンケースの選び方

文房具・手帳

学生も社会人は毎日のように使う文具。

その文具を入れるのがペンケース。

 

毎日使うから、使い勝手って大事です。
使いやすさは勉強の捗り具合にも、仕事の進行具合にも直結します。

 

今回は機能性重視のペンケースを探してみました。

スポンサーリンク




ペンケースの素材

以前にも種類については調べました。

 

以前の記事ではレザーのペンケースを紹介しました。

ペンケースには色々な素材が使われています。内容は被りますが、もう一度おさらいを。

 

  • 合皮
  • 帆布
  • ビニール
  • ラミネート
  • プラスチック
  • 金属

 

以前にもお話しました。

ペンケースを使う状況により、素材も考慮しなければいけません。

 

水気の多い場所で、革のペンケースを使っていると、革は水分には弱いので、カビが生えたり腐れたりします。水気の多い場所なら、ビニールやラミネート加工のペンケースがいいでしょう。

 

また、壊れやすい文具を入れているのに、布のペンケースだと柔らかいので衝撃には弱いので、文具がすぐに壊れてしまいます。

 

また、静かな場所で使うのに、金属やブラスチックなど硬い素材だと音が鳴る場合もあります。

 

使う状況や場所により素材を考慮しなければいけない場合は、デザインよりも素材や使い方などを条件に入れて選んで下さい。

 

機能性を見る

縦型と横型

最近は縦型横型があります。

 

少し前までは横型だけでしたね。縦型はペンケースを立てて使うタイプです。

 

縦型はいつでもどこでもペン立てを持ち歩くような感じです。

仕事や自宅のデスクではペン立てを使っていますよね。慣れている動線の方が仕事効率は上がりますよね。

 

横タイプは今までの主流でファスナーやがま口やホックで留めるようなデザインです。

 

ファスナーとがま口とホックとヒモ

ほとんどのペンケースはファスナーです。

ぱかっと口を大きく開けてペンなどを取りやすくなるものと、シンプルにファスナーを開け閉めして使うものとあります。

 

口ががま口タイプだと、ぱかっと口が開いて中が見やすく取りやすいです。しかしがま口の金具が苦手という方もいるかもしれません。

 

ホックタイプだと、中身を入れすぎると閉まらないこともありますが、デザイン的に洗練されたものが多いです。

 

ヒモタイプは一枚革をくるくると巻いて留めるものが多いです。こちらも手間よりもデザイン重視です。

 

大きさ

大容量タイプ小容量タイプがあります。

 

小容量はペン数本と定規、消しゴムを入れるくらいで、持ちは運びしやすさを重視しています。身軽になりたい人や文具を沢山必要としない人は小容量を選びましょう。

 

また大容量は、シャーペン、色ペン、定規、消しゴム、修正テープ、ハサミ、ふせんなど色々と入れて持ち運ぶことを重視しています。

 

小容量タイプでは入りきらない人は大容量を選びましょう。

 

小物を入れるポケットやスペース

これは大容量タイプに当てはまると思いますが、色々と細かい文具がある方はポケットなどついている方が便利です。

他の文具を当たって傷ついたり汚れたりすることを防ぎます。

SDカードをペンケースに入れる場合はポケット付きを選んで下さい

 

機能性のあるペンケース

トライストラムス オロビアンコ ペンケース

サイズ:約230×45×45mm 素材:ポリエステル、牛革、金具

カラー:ネイビー、グレー、レッド、パープル、ブラック、ゴールド、ライトブルー

価格:3300円くらい

ファスナーを全開にすると大きく口が開きトレーのようになるので、ペンなど取り出しやすいですね。

これだとガサガサと文具を探す手間が無くなります。
コロンとした台形なので見た目も可愛く、スリムだけど容量もあります。フォルムが正方形に近いので、カバンにもすっきり入りますね。

 

公式サイト Orobianco

 

watona 帆布がま口 ペンケース

サイズ:約23x6x7.8cm 素材:帆布

カラー:こきひ、こんじょう、きくのはな、こうじ、くじゃくみどり、おうとう、つゆくさ、けしむらさき、もえぎ、こうばい、あおふじ、ふじ、もも、さびききょう、おりーぶねず、けんぽう、ぶどうしゅ、こん、りきゅうしろちゃ、すみいろ

価格:1900円くらい

がま口型のペンケースです。

がま口はぱかっと大きく口が開くので、中が見やすいく文具も取り出しやすいです。

扇型のコロンとしたフォルムで、可愛く容量もあります

ワンアクションで開けれるし、中は見やすいし、がま口って便利です。一度使うとファスナー式のペンケースは使えなくなるかもしれません。

中にもポケットついていて、SDカードのような小さいもの、カードなども収納できます。

色も20色で日本的な色名が魅力です。どれにしようか迷うほどの綺麗な色がそろっています。

 

公式サイト 京都がま口工房 watona

 

DELDE スライドペンポーチ

サイズ:W130×D58×H180mm 素材:綿、ポリエステル

カラー:ブラック、レッド、ブルー

シリーズ:ポップスタイル、ガーリースタイル、クールスタイル、ナチュラルスタイル

価格:1000円くらい

縦長のポーチで、切り替え部分を中心に上部を下へスライドすると、ペン立てになります。

トレー型になるペンケースはよく見かけますが、縦型にペン立てになるタイプはこの数年の間に販売されて定番となりつつあります。

 

勉強机や仕事でのデスクでは縦型のペン立てが多いですが、それを持ち運べるようになったのが、人気になった要因です。
横幅もあるので化粧ポーチや小物入れとしても重宝します。

シリーズも4種類あって、自分が好みのデザインを選びやすいのもいいですね。

 

公式サイト サンスター文具

KOKUYO ペンケース ネオクリッツフラットビズ

サイズ:約90x175x20mm 素材:ポリエステル

カラー:ブラック、ベイビー、レッド、グレー

価格:1600円くらい

L型のファスナーを全開にして、上部を折り曲げると、ペン立てになります。

仕事でも使えるデザインです。DELDEが可愛いなら、こちらはスタイリッシュ

仕事に重宝する落ち着いた色合いも特徴です。

 

公式サイト KOKUYO

ハリスツイード ペンケース

サイズ:約横21×奥行10×高さ10cm 素材:毛、綿、牛革

カラー:レッド、ホワイト、カモ、グリーン

価格:2500円くらい

人気ブランドのハリスツイードのペンケースです。

タテの三角とヨコの三角を組みあわせた独特な三角です。

この三角の組み合わせがペンを取り出しやすくしています。マチがなさそうでありそうで不思議な形ですが、ペンは沢山入りそう。

立体的な作りなので、取り出しやすいさ、見やすさは抜群です。

ハリスツイードは人気のブランドなので、売り切れる前に手に入れたいです。

ノーマディック 二階建てペンケース

 

サイズ:幅18×高さ3.5×奥行き5cm 素材:210Dナイロンリップストップ

カラー:ピンク、ライトブルー、イエローグリーン、ブラック、ネイビー、レッド

価格:1000円くらい

U字にファスナーが開き、フタの裏まで収納が出来る大容量のペンケースです。

「二階建て」と言うくらいですから、ペンも2段に収納できます。消しゴムを収納するスペースを分けているのもいいですね。

消しゴムってすぐにペンケースの中で移動するので探す時があります。

 

定規の差し込み場所、消しゴムの収納スペース、よく使うペンなどを分けて置けるなど、機能性は抜群です。

ファスナーを全開にするとトレー型になるのも便利です。

カラフルな色と落ち着いた色が揃っているので選ぶのに悩みますね。

 

公式サイト NOMADIC

 

まとめ

まずは、横型か縦型かで選択肢が分かれます

この選択肢を間違うとどのペンケースを選んでも使いにくくなります。
普段自分がどのタイプが使いやすいか、使い慣れているか確認したほうがよいです。

 

機能性を重視するなら、デザインは諦めることになるかもしれません。
状況や場所でペンケースを使い分けるのもいいかもしれません。

 

 

コメント