GIMPでブログのシンプルな無地と文字だけのアイキャッチ画像の作り方

ブログ

GIMPは写真を編集する他に、オリジナルの画像を作ることもできます。

 

無料画像サイトを使ってるわー

っていう方も、そろそろ画像を自分で作ってみてはいかがですか?

 

この画像、私も使ってるぅー

 

って思われていますよ。他のブログとは少しでも差別化していきたい!と思うなら、自分の画像を使っていくのも、戦略ですよね。

 

今日は、簡単な無地背景に文字のみの画像を作っていきます。

色や書体を変えるだけで、無限のパターンを作れるので便利です。

画像多めで分かりやすく説明しています。少し長いですが、操作は簡単です。慣れると5分も掛からない作業量です。

 

では、GIMPでオリジナル画像を作りましょう!

スポンサーリンク




GIMPを起動し、新規作成する

 

メニューバー → ファイル → 新規作成 と進みます。

 

 

キャンバスサイズを設定します。これは画像のサイズです。

サイズは3:2又は4:3くらいの比率で設定します。

「Pixabay」では、640×426のサイズですね。Simplicityでは横幅は680pxですので、今回はそれの少し小さめの640としました。

色んなサイトがありますが、画像サイズは長辺800px以下が望ましいです。600px以下だと画像が荒くなるので、600~800pxくらいで設定します。

今回は680×480と少し正方形に近い形にしています。正方形で製作してもいいです。正方形で画像を作った時に、ブログでどのように表示されるかは確認して下さい。

 

設定出来たら「OK」をクリックします。

 

 

元となるキャンバスが表示されました。

 

塗りつぶしで全体を色付けする

 

 

白いキャンバスに色を塗ります。

左上のアイコンが沢山並んでいる中に、バケツを傾けたアイコン塗りつぶしです。

 

アイコンが並んでいる下に四角が重なってるアイコンがありますが、色の設定をします。

上側になっているのが、現在の色です。

初期設定は黒なので、黒の部分をクリックすると、色のパレットが出てくるので、好きな色に設定します。

 

 

白いキャンバスにカーソルを持っていって、クリックすると全体が塗りつぶされます。

 

レイヤを追加する

 

 

次は、レイヤを追加します。

右側の、白い角が折れ曲がった用紙のアイコンをクリックします。

サイズは新規作成した時と同じにし、レイヤの塗りつぶし方法は透明にします。

「OK」をクリックすると、新しいレイヤが追加されます。

 

矩形選択で形を作る

 

 

次に、「矩形選択」でデザインしていきます。

左側のアイコンが並んでいる中の、左上の四角いアイコンを選択します。

 

 

キャンバスへカーソルを持っていって、ドラッグします。

大きさを変更したかったら、選択した境界らへんにカーソルを持っていくと、四角い枠が現れます。その上でドラッグすると選択範囲が動きます。

自分の納得する位置で調整します。

 

選択範囲を塗りつぶす

 

 

先ほどの選択範囲を塗りつぶします。文字の部分を薄くしたいので、色を白にします。

 

塗りつぶしのアイコンをクリックし、その下にある色の設定で白を選択します。

矢印をクリックすると、上側と下側の色が反転します。

上の色をクリックして、パレットウインドウを表示させて白に設定してもいいです。

 

 

選択範囲の上でクリックすると、範囲内だけ白く塗りつぶされます

 

白く塗りつぶした部分を薄くする

このままだと、白い部分は強調し過ぎているので、白を薄くします。

 

 

白く塗りつぶしたレイヤをクリックして選択した状態にします。

レイヤの上にある「不透明度」の数値を下げて透明度を下げていきます。

100%は塗りつぶした状態ですので、ドラッグして下げていくか、数値を入力していきます。

30%くらいまで下げると、下のキャンバスの色も出てきて、馴染んできます。ここらへんはお好みで調整してください。

 

文字を入力する

下地ができたので、文字を入力していきます。

 

 

左上のアイコンの中で、「A」をいうアイコンが文字入力です。

色を設定します。下地より濃いめの色が好ましいです。似た色などを使うと見にくいです。

 

アイコンの下は、文字の設定になります。

書体と文字サイズを設定します。

 

 

文字を打ち込みます。適度に改行をして文字数を揃えます。

 

 

ちょっと暗いかな?と思ったので、文字色を変更してみたいと思います。

文字を選択します。

 

 

選択すると、上に小さなウインドウが出てきますね。

ここで、文字サイズや色を変更して、イメージを固めていきます。

 

 

次に左下のツールオプションで文字の設定をしていきます。

「左寄せ」「右寄せ」「中央寄せ」で「中央寄せ」にします。

行間や文字間は、文字数により調整していきます。

「流動的」「固定」は文字の選択範囲の設定です。固定にしていると、文字数が多ければ選択範囲からはみ出て見えなくなるので、「流動的」にしていれば、文字に合わせて選択範囲が変化します。

 

これで出来上がりです!

説明は長かったですが、操作は簡単ですね!覚えればすぐにできる、シンプルで簡単な画像の作り方です。この位を面倒くさがっていたら、記事なんて調べて書くことは出来ません!

 

アイキャッチ画像のパターン

白い部分をアレンジすることで、色んなデザインにすることもできます。

また文字色や書体を変えるだけでもイメージはかなり変わってきます。

 

塗りつぶし+文字

 

一番シンプルなデザインです。塗りつぶしと文字だけです。

文字色は黒ではなく、黒に近い紺です。

 

 

紺だと暗いかな?と思ったので、文字色を白に変えてみました。

色を変えるだけでだいぶんと違いますね。私は文字色白が好みです。

 

塗りつぶし+塗りつぶし透明30%+文字

 

塗りつぶしと文字だけだと、少し淋しい・・・という方は、文字部分に塗りつぶしを追加して、少し透明にしてみました。紺の文字色も浮かび上がっていい感じ。

 

 

文字色を白にしたデザイン。白い透明の塗りつぶしに白の文字ですが、つぶれることなく、爽やかなイメージになりましたね。

 

 

塗りつぶし+塗りつぶし横オビ+文字

 

塗りつぶし透明部分を横長にしてみました。オビのデザインですね。

 

塗りつぶし+塗りつぶし縦オビ+文字

 

縦の帯のデザインです。全て同じサイズで作成していますが、横長は横長に、縦オビは縦長にみえますね。目の錯覚ですね。

 

塗りつぶし+塗りつぶし楕円+文字

 

左上から2番目の楕円のアイコンで作りました。

四角だけでなく、楕円ですると、柔らかいイメージになります。

 

塗りつぶし+塗りつぶし複数+文字

 

四角の塗りつぶしをいくつか組み合わせて作っています。

レイヤは四角ごとに作っています。上の画像の場合、3つの四角があるので、3つのレイヤで作っています。すると、重なった部分が濃くなり、立体感が出てきます。

 

まとめ

どうでしたか?

一番シンプルな塗りつぶしと文字だけで、これだけのバリエーションが出来ました。円を組み合わせて、シャボン玉のようにするのも可愛くなりそうです。

 

自分の思い通りの色や書体を組みあわせて、作っていくのは楽しいです。

ネットで全世界でダウンロードできる画像より、自分で作る画像は愛着も沸きますし、イメージも好きなように作れます。

 

操作の一つ一つは難しいものではありませんので、少しずつ作って練習していけば、誰でもすぐにできます。

GIMPを覚えて、楽しく画像を作ってみてはどうですか?

 

 

コメント