ハンドメイドのminneの送料無料設定の使い方とコツ

ハンドメイドで収益

2017年9月13日からminneで、作家ごとの「〇〇円以上は送料無料」設定が出来るようになりましたね!

creemaにはあった機能ですが、minneではありませんでした。

 

新しくminneが生まれ変わって、ぞくぞくと新機能が追加されています。

今日はminneの「送料無料設定」の使い方のお話です。

スポンサーリンク




minneの新機能「送料無料設定」

minneが生まれ変わってから、ぞくぞくと新しい機能が追加されています。

送料無料設定」もその一つですね。

 

送料無料設定はcreemaにあるけど、minneにもあったらなぁ・・・

とは思っていました。

 

「〇〇円以上は送料無料!」って、大きなポイントですよね。今までminneでついてなかったのが不思議なくらいでした。

 

大きなポイントっていうのは・・・

お客さん → 「送料無料はお得!(≧▽≦)」

作家 → 売上UP!

という流れになることです。

両方がwin-winになります。

これを使わずして、売り上げUPを目指すのは勿体ない!ってことです。

 

minneでの設定

 

設定 → 送料無料設定 と進みます。

送料無料設定は、左側の一覧の「設定」をクリックすると右側に更に設定一覧が表示されます。

 

 

「〇〇円以上の購入で送料無料」に金額を入力します。

登録する をクリックして設定完了です!

 

送料無料設定のコツ

この新機能の送料無料設定は、「〇〇円以上」という条件が付きます

  • 3000円以上は送料無料
  • 5000円以上は送料無料
  • 10000円以上は送料無料

などなど、ネット販売しているサイトではよく見かける数字と文字です。ほんとはここに(商品価格合計)って入ります。

 

この言葉につられてつい買ってしまったことありませんか?

私はあります。

 

2800円かぁ。ちょっと足らない。何か一つ買おう・・・

 

条件の金額までに足らなかったら、何か一つ買って送料無料になるまで買い物してしまいます。

ここがコツ。

 

いくつか購入している人が、あと少しで届かないから、あと一つ買ったら条件に当てはまるっていう微妙なラインで設定すると、売り上げがぐんと伸びる確率が上がります

 

けれど、中途半端な数字より、3000円、5000円、10000円というように区切りのいい数字が良いです。

 

ただ安易に金額設定をしてはいけません!

 

3000円でいいかな!

 

と適当に設定して利益を疎かにしてはいけません。

 

送料無料設定は、販売金額の中に送料が入ることになります。もし3000円に設定して、1000円の送料が掛かってしまったら、利益が半減してしまいます。

 

販売金額 = 原材料費 + 手間賃 + 送料

 

と常に頭に入れておきましょう。

3000円では利益が取れないからと、10000円に設定にすることもオススメしません。

1000円以下の作品が売れ筋なら、11ヶ以上購入しないと送料無料にはなりません。これでは、到底送料無料には届かないので、購入者は初めから諦めてしまいます。

 

今までの販売履歴で複数個購入している購入者の、金額や個数の一覧を出してみましょう。面倒だけど、これからの売り上げにつながってくるかもしれません。

 

一度の手間を惜しむより、売り上げを目指しましょう。

 

その一覧から

  • 購入している個数
  • 購入している価格帯

などを見比べて、多い価格帯の少し上を設定します。それが4000円なら、4000円でもOKです。

 

もし悩むなら、調査をするために期間限定で送料無料設定をしてもいいかもしれません

 

Pickup! ハンドメイド販売での価格の付け方の4ヶのコツ

 

コツ

  1. まとめ買いの売れている価格帯の少し上の金額を設定
  2. 送料込で利益が出る金額
  3. 区切りのいい数字にする

 

発送方法をきちんと決めておこう

送料無料になるのなら、できるだけ送料が掛からないように送らなければいけません。

 

minneでの発送方法の設定を比較表にしてみました。

発送方法 サイズ 条件 金額
ネコポス 角形A4サイズ(31.2cm×22.8cm)以内
厚さ2.5cm以内
重さ1kg以内
※但し、23cm×11.5cm以内を除きます
追跡あり 250円
宅急便コンパクト 1.minneオリジナルデザイン専用BOX:
縦24.8cm×横20cm×厚さ4.55cm
2.通常デザイン専用BOX:縦25cm×横20cm×厚さ5cm
3.通常デザイン専用薄型BOX:縦24.8cm×横34cm
追跡あり 500円
定形(外)郵便 (規格内)1kg以内 34x25x3cm以内

(規格外)4kg以内 最長60cm 大きさ最長90cm以内

重さ・サイズにより異なる 120~1330円
ゆうメール 3kg以内

高さ+幅+奥行の長さ1.7m以内

重さ・規格内外により異なる 180~710円
スマートレター 1kg以内

25x17x2cm以内(A5ファイルサイズ以内)

全国一律 180円
レターパック (ライト)4kg以内 A4サイズ 厚み3cm以内 ポスト投函

(プラス)4kg以内 A4サイズ 手渡し

全国一律

追跡あり

360円

510円

クリックポスト 1kg以内 34x25x3cm以内 全国一律

追跡あり

ラベル手書き不要

YahooIDとYahooウォレットの登録が必要

164円
ゆうパック 重さ・サイズ・地域により異なる 追跡あり

希望日時に配達可

持ち込み割引あり

690~2710円
宅急便 重さ・サイズ・地域により異なる 追跡あり

希望日時に配達可

持ち込み割引あり

1015~2138円
クール便 重さ・サイズ・地域により異なる 追跡あり

希望日時に配達可

持ち込み割引あり

1231~2333円

引用minne 郵便局 ヤマト運輸)詳しくは各業者へお問い合わせください。

 

minneではヤマト運輸と提携して、「ネコポス」と「宅急便コンパクト」お得な価格で発送できます。

 

近くにヤマト運輸の営業所があれば利用した方が良いでしょう。

ヤマト運輸のボックスでもいいですし、minne専用のボックスでも可愛いです。(事前にボックスの購入が必要となります)※2018年5月現在minne専用ボックスはサービス終了しました。

 

定形外郵便は他の配送方法より安くなる場合が多いですが、追跡がなく、郵便事故に合いやすいので使う時には注意が必要になります。

私も定形外郵便を使っていますが、何度か事故にあって、行方不明になっています。

 

商品が無くなり、購入者の元に届かなければ、作家は代替品を再発送しなければいけません

送った荷物が無くなっても、購入者の元に商品が届いていないので、作家が負担して同品または同等品を送ります。荷物がなくなって仕方がないので、購入者に諦めてもらう・・なんて作家の都合のいいように行動しないでください。

 

送料無料だからといって、安い配送方法を選んで、更にコストが掛かってしまうこともありますので、確実に届く配送方法を選びましょう。

 

そして、配送方法は必ず、作品の説明文又は注意点などの欄に明記しておきます。

明記しておくことで、購入者も何で送られてくるかの安心感があります。

 

コツ

  1. 配送方法を確認しておく
  2. 配送方法は説明文や注意点などに明記しておく

 

ハンドメイド作家への送料無料の罠につかまるな

最近minneやcreemaで

 

送料無料!お得だよ!!

 

と、特集を組まれることが多くなってきています。購買者の立場ですと、送料無料は販売価格ぽっきりでとてもお買い得な気分にさせてくれる嬉しいサービスですが、作家の立場から見ると、これは中々気持ちが落ち着きません。

 

送料無料設定の記事ですが、最後に送料無料の罠のお話をします。

 

販売サイトでの送料無料ってお得に見える

 

「送料無料」って、インターネット販売ではキーワードの地位では上位にいます。

 

インターネットで買い物したいけど、送料かかるなら、近くのお店で買うわー

そんなことを思っている方は多いですね。

ハンドメイド作品を買う時は「量産されていないもの」というイメージで、お店では売っていないことが多く、送料を掛かってでも手に入れたい方は多いです。なので、送料がかかるからという理由で、購入を諦める購買者は少ないはずです。

しかし、サイトの方では

 

『送料無料だよ!お得だよ!沢山あるよ!』

そういって、作家さんにも

『送料無料の無料の特集組むよ!是非参加してね!』

連絡を入れて、送料無料設定を促します。これって、罠ですよね。

作家を追い込む罠ですよね!?

 

購買者はお得だけど、作家にとってはマイナス要素があります。もちろんプラスになることもあります。送料無料!と宣伝して、作品が売れるわけですから。

 

しかし、売れてもですね、minneやcreemaはウハウハだけど、作家には振込日に(;・∀・)な気持ちになる巧妙な罠なんですよね。

 

送料無料は当然販売価格に送料が含まれる

 

送料無料は、ページに記載されている販売価格のみの価格での販売となります。1000円で売っている作品があれば、1000円ポッキリ!です。

 

購買者は1000円でお買い物します。

作家は作品を発送します。

サイトは手数料を差し引いて、作家に支払いします。

 

ハンドメイド販売の流れは変わりません。しかし、「手数料を差し引いて、作家に支払い」です。1000円の作品の手数料10%(仮)だと、100円で、作家への支払いは900円となります。

作家は900円の収入となります。

 

しかし、その900円から原価と送料を差し引きます。

900円-原価-送料=利益

 

気が付きました?

そうなんです。

作家は利益が少なくなっています(泣)

 

ハンドメイド作品の販売価格に送料を上乗せする?

 

送料無料で痛いのは作家だけです。

 

購買者はお安く購入出来て嬉しい。サイトも手数料もらえて嬉しい。なんなら送料無料特集で売り上げが上がるので手数料も増える。

 

収入が減った作家は通帳の金額を見て、ため息をつく。

収入が減らないように、販売価格に上乗せしたらいいじゃない?

作品にもよりますが、ある程度のサイズのあるものなら、配送業者で発送することがあり、その場合、地域により料金は変わってきます。

一番高い配送料金を見込んで販売価格に反映させると、割高になってしまいます。

 

そして、今まで通常販売していた作品を送料無料に設定し直して販売する場合は、そもそも販売価格を高く設定すると売れなくなります。

欲しいお客さんは常にチェックしているので、価格が値上げされるとすぐに分かります。知らないお客さんなら購入してくれるかもしれませんが、送料無料特集の時に送料を上乗せした金額を設定し直して販売していることが分かれば、離れていきます。

 

送料を販売価格に反映させて売るのは、新作の場合のみ有効です。今まで販売していた作品では送料込価格を反映は出来ません。

 

ハンドメイド作品の販売価格を送料無料にしても利益を見込む

 

送料を計算するのが面倒だから、全部送料込みの価格にしちゃえ!(/・ω・)/

横着していませんか?

送料込みの販売価格にしている作家さんをよく見かけます。そしてそれらが最低販売価格の場合があります。

 

これって、赤字じゃない?

アクセサリーなど、原価が非常に安くなるアイテムもありますが、定型内郵便だと82円、92円と100円以下の送料で済みますが、おそらくその作品の収入金額は100円もないでしょう。

そんな無茶な設定をしている作家さんの作品を見ても、フォロー数やお気に入りの数、レビューが少なく、売れているようには見えません。

 

何度もいいますが、売れている作家さんほど、きちんと利益を計算して売っています。むやみやたらに送料無料の連発、最低価格販売をしていません。

総作品点数の一部を「目玉商品」として設定して目を引くように販売戦略を考えています。

 

まとめ

送料無料は作家が送料を負担する分、利益は少々減りますが、購入者にお得感を感じさせて、更に購入を促し、売り上げUPにつながってきます。

 

安易に送料無料設定はせず、期間限定で試してみて金額を考えていくのも、これからハンドメイド販売していくには必要です。

 

ハンドメイドだからと言って、価格を適当に決めない。きちんと計算して売っていくことがハンドメイドを続けていくコツとなります。

 

次読む記事 ハンドメイドの同封すべき二つの書類と梱包と配送の注意点

 

コメント