ハンドメイドのminneの「ギャラリー検索」と「カテゴリー検索」で早く作品を見つけられるようになったよ

ハンドメイドで収益

minneのギャラリーには「ギャラリー内からの検索」と「カテゴリー検索」ができるようになっています。地味な機能ですが、これが意外と役に立ちます。

お買い物をする時に、目当ての作品を見つけられないのはイライラするものです。簡単に素早く見つけられると気持ちよく買い物ができます。

 

今日はminneのギャラリーにある検索機能についてのお話をします。

スポンサーリンク




時短の検索、見つけられる検索

はっきり言って、minneの膨大な作品数から自分のお気に入りを見つけて購入するには、探すだけでもメンドウ・・・(。-`ω-)

 

今までは、TOPページの検索から色々と単語を検索して、さらにページをめくりめくり探していました。もちろん時間がかかります。

色々と作品を見れて楽しくもあったのですが、毎回そんな感じで探すような時間も手間もかかる操作はしたくないですよね。

 

新着作品で目に留まった作品を見て、好みが合いそうなら作家さんをフォローして、そのフォローした作家さんの作品の中から選ぶこともありました。

 

その作家さんも、作品数が多ければ探すのも一苦労です。

注意書きのページや売り切れや展示されている作品など、整理されていればいいけど、作家さんによっては整理されていないこともしばしばあります。

そして、直前に売り切れになったりする場合もあります。

 

ひと目で在庫のある作品やカテゴリーが分かれば探しやすいですよね。

新しくなったminneにはどんどん新機能が追加されています。

  • ギャラリー内からの検索
  • カテゴリーからの検索
  • すべて/販売中からの検索

ギャラリーでは上記のように細かく表示されるようになりました。

加えて当初からあるTOPページの検索も少しだけ機能が追加されています。

 

まずはTOPページの検索で絞り込む

 

minneのTOPページのロゴ横に検索バーがあります。

  • 作品名
  • 作家名
  • ギャラリー名

などで検索可能です。

また、カテゴリーや素材、色、テーマなど自由に単語を入力して検索します。

 

フォローしている方はTOPの検索バーは飛ばして、作家のページへ行きます。

 

ギャラリーへ行ってからの検索

「すべて/販売中」から絞る

 

ギャラリーへ行き、作品一覧の右端にあります。

基本的には「すべて」表示となっています。

「販売中」を選ぶと、在庫のある販売されている作品のみの表示となります。

 

「すべてのカテゴリー」から絞る

 

ギャラリーの真ん中あたりに、「カテゴリー」の検索バーがあり、作家が登録しているカテゴリーが表示されます。

上記画像はアクセサリー作家さんのカテゴリーをお借りしています。

 

  • 作家が登録しているカテゴリー一覧
  • 在庫あり/なし 両方が表示されている

在庫が無くてもカテゴリーを選ぶと表示されるので、右端の「販売中」を選んで現在購入できる作品を表示させます。

「販売中」を選択して、カテゴリーを選択しても、現在売っている作品が表示されます。

 

「ギャラリー内からの検索」で絞る

 

ギャラリー内で単語を入力し検索することもできます。

例えば、アクセサリーで「コットンパール」と特定の素材を指定すれば、その作家さんのギャラリー内のコットンパールを使ったアクセサリーが表示されます。

 

アプリではカテゴリー検索のみ

iphoneアプリでは、カテゴリーのみ検索(選択)できます。

 

「すべて/販売中」「ギャラリー内からの検索」はできません。

パソコンでの検索に慣れてアプリでの検索が無ければ少々使いにくい・・・(;´Д`)ということもあるのでこれから、新機能として付くことを願うばかりですね。

 

検索が正しく表示するために作家が気を付けるコト

作品のカテゴリー分けを間違いなくしておく

カテゴリー検索ができたことで、カテゴリーで検索する人は確実に増えています。

漠然と買い物するより、

 

ペンケースが欲しいなぁ・・・

と思って、欲しいモノが明確になってから買い物をしますよね。

 

暇だからminne見てて、つい買ってしまったΣ(゚Д゚)

 

なんて人はいるかもしれませんが、検索する人は圧倒的に「買い物」をしにきています

カテゴリーで表示させたけど、間違ったカテゴリーに登録している作品があって漏れていたら、選択肢が減って買う確率も減ってしまいます

 

minneも作品が増えるにつれて、カテゴリーを増やしつつあります。

今もカテゴリーはたくさんありますが、作品に合ったカテゴリーが追加されるかもしれません。半年、一年くらいに一度はカテゴリーをチェックして修正するようにしましょう。

 

検索しやすい作品名しておく

検索して探す人も増えてますので、作品名を検索に引っ掛かりやすいようにしておけば、自然と閲覧も増えて、購買率も上がってくるかもしれません。

 

  • カテゴリーがはっきり分かる
  • どんな作品か分かる
  • 色が分かる
  • 形が分かる

など検索に表示されやすいように作品名をつけておきます。

人気の作家さんはお気に入り数やフォローは多いので、様々な方向から集客できています

しかし、また初めて間もないminne作家デビューさんや集客イマイチな作家さんは、検索から見てもらえるようにするのも、一つの戦略です。

 

夢見るような作品名もいいですが、検索に引っ掛かりやすい作品名もいくつか登録してみて、様子をみてみるもの試行錯誤しても勉強になります。

 

核作品のタグを正確に入力しておく

作品名に入れないような単語を『タグ』付けしておきます。minneでは5ヶまでタグを入力できるので、できるだけ多くタグを入れておきます。

タグを入力することで、作品名以外でのカテゴリーやジャンルなど作品分けを明確にできます。タグに入力している単語で、特集に選ばれることもあります。

 

おわりに

minneでは検索バーは増えてきて、どんどん使いやすいやすくなっています。

言い換えれば、検索にうまく載るようになると、作品の人目に付く回数が増え、購買率も上がってくる可能性があります。

 

私はこれでいくんだ!

と意固地にならずに、新しい機能が追加されれば、新しい使い方を覚え、新しい売り方を模索し、売り上げをUPさせるチャンスですので掴み取って下さい

 

使いやすいくなった!

と喜んでいるだけでなく、使いこなせるようになりたいですね。

 

 

コメント