TVで話題!白いホットプレート「テーブルグリルピュア」の特徴と価格を調べたよ

生活とアイテム

少し前からTVで話題になっている白いホットプレート。

名前が分からなくて、『白いホットプレート』で検索!っていう人も多そうですね。私も『白いホットプレート』と検索して、話題のホットプレートの名前を知りました。

  • すっごいおしゃれ!
  • インスタ映え!
  • 片付けが楽!
  • 料理のレパートリーが増える!
  • 料理を作るのが簡単!

など魅力的な紹介がされていますが、もう少し詳しく知りたい!ということで調べてみました。

 

白いホットプレートの名前は「Table Grill Pure(テーブルグリルピュア)」と言います。

今日はテーブルグリルピュアのお話です。

スポンサーリンク




Table Grill Pure(テーブルグリルピュア)のスペック


まずは基本的なスペックをみてみます。

本体サイズ:W614xH70xD222mm(台座含む)

重さ:3.4kg

材質:(土台)竹 (プレート)セラミック、アルミダイキャスト

コード長さ:2.0m

カラー:(土台)キャメル (プレート)ホワイト

消費電力:1300W

温度調節:250℃まで無段階調節

★公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会によるJIDAデザインミュージアムセレクションvol.18のゴールドセレクション賞を受賞

2017年12月25日で発売2周年になります。いまだに話題になっているのがテーブルグリルピュアの人気が分かりますね。

テーブルグリルピュアの7つのGOOD!な特徴

①遠赤外でジューシーに

遠赤外線で調理していくので水分を逃さず、ジューシーに焼き上げ素材の旨味を引き出してくれます。

外側もかりっと焼きがるのもジューシーに仕上がるポイントです。

 

②熱伝導率が高い

セラミック素材で短時間にプレートは温まり、素材を素早く焼き上げます。

プレートが温まるのを待つ時間ほど焦れるものはありません。素早く温まるというのはポイントです。

 

③冷めにくい蓄熱性

蓄熱性があるので、素材が冷めにくくなります。

 

④油を使わず調理

油を引かなくても素材を焼くことができます。

油分の少ない素材は少し油を使用して焼き上げると、素材がくっつきにくく当て入れが楽になります。またコーティングも長持ちします。

 

⑤不要な油を落とす

穴のあいている中心に向かって傾斜が付いていて、余分な脂は流れていく仕組み。

油分の多い素材を焼く時に脂を取り除く手間を省くと共に、余分な脂はないヘルシーな料理となります。

 

⑥温度は無段階調節

温度はダイアルを回して調整するタイプです。

温度が書いて無ければ不安だわ!と思いますが、きちんと温度は分かるようになっています。

Min(80~90℃) → Mid(160~180℃) → Max(240~250℃)

Min/Mid/Maxと目盛が付いているので、目安にして調整していきます。

また高温になると停止し、低温になると運転再開して温めます。温度の上がり過ぎで焦げたりするのを防ぎます。

 

⑦お手入れが簡単!

すっきりしたフォルムのプレートはお手入れが簡単です。

濡れた布巾やキッチンペーパーなどで拭き取ります。「スパチュラ」という木製のへらが附属しているので、素材を取る時に使ったり、お手入れ時に使ったりします。

 

テーブルグリルピュアのメリット・デメリット

メリット

  • おしゃれ
  • お手入れが楽
  • 料理の幅が広がる

TVで紹介されているのもおしゃれだから。インスタ映えするから。

最大の理由はおしゃれってことですよね。今までの主流は黒いプレートがほとんどでしたが、白いプレートがすごくインパクトがありました。

それからこれはデメリットにもなりますが、縁のないシンプルなデザイン。プレートはこぼれないように深皿のようになっていましたが、パン皿のように縁のない形もデザイン性がありました。

また、「焼く」という役割から「温める」「温まった大皿」という中心に置いて皆で取り分ける使い方も新しいですね。

 

デメリット

  • 縁がない
  • 真ん中に穴
  • 連続使用時間は60分以内

デメリットは真ん中に穴があることから、チャーハンのような細かい形状の料理には不向きなことです。混ぜるたびに真ん中の穴から落ちますからね。

目玉焼きなど液状に近いモノ、液状のものも乗せて温めることはできません。目玉焼きは穴の手前でせき止めれば焼けますが、完全な液状は流れてしまうのでNGです。

中心に向かって傾斜しているので脂が外側に漏れることはありませんが、「混ぜる」「ひっくり返す」などの動作時にこぼしてしまう可能性もあります。

 

テーブルグリルピュアの口コミ評価は?

楽天での評価は★4.6を中心に★4~★5がほとんどでした。全体的に高評価です。

  • ホットケーキもフライパンより綺麗にふわふわに焼けます
  • 無駄な機能が一切なくて、とても使いやすいです。
  • 煙も出ないし油もいらないし、お手入れも簡単だし、おしゃれです。
  • 油をひかなくて使えるので全体的にヘルシーになりますし、余分な脂は流れ落ちますので、焼いているものも脂っこくならず、美味しく頂けました。

シンプルな機能、煙が出ない、お手入れが簡単と使って満足している方が多いです。

 

ただ高評価を付けている方でもデメリットも書いていました。

  • 油の飛び跳ねが気になりました。
  • もんじゃ焼きができない。
  • 真ん中の穴をふさぐことができれば、もっと料理の幅が広がる。
  • 丸い食材は転がる。
  • 横幅があり収納に困る。

台の竹の部分がかわいいけれど、収納時に場所を取るのが仇になっているようですね。

やはり真ん中に穴があるために料理に制限が出ているようです。

 

Amazonでは★4です。こちらも高評価です。

  • 白いプレートで食卓が一気にオシャレになります☆お肉お魚お野菜パンなんでも美味しく焼けてふわふわジューシー!お野菜の水分が残ったまま焼けるのには感動でした!
  • 熱が均等に伝わるため、プレートのどこでも同じ様に焼けます。
  • 初めて使った時に遠赤外線の効果が、味でわかりました。野菜は中身がみずみずしいまま、お肉もまわりはこんがり焼けたのに、かたくならずジューシーでした。

お野菜やパンがおいしく焼けると高評価です。素材がおいしいのが一番です。

Amazonの低評価は品質不良のもののコメントが多いです。

  • 焼きあとの焦げが目立つ(下地が白い為)竹べらが必需品。
  • 真ん中の油ためのとれーが少し小さく油の多い肉を焼く時は注意しないとあふれるかも。
  • ダイヤルに温度表示があれば。

たくさん素材を焼く人は油溜めのプレートが小さく感じるようですね。白いプレートは少し焦げ跡でも目立ちやすいのかもしれません。

 

テーブルグリルピュアの価格は?

楽天市場、Amazon共に21,600円です。2017年月現在この価格が主流です。

21,600円より安ければ買い、高ければ安くなるまで待つか、探す方がよいでしょう。

 

ご購入はこちらから

テーブルグリルピュアの新製品が出てるよ!

テーブルグリルピュアには定番の(プレート)ホワイトの他に、

Table Grill Stone(テーブルグリルストーン)

という新しい色が発売されています。

  • ホワイト
  • グレー
  • ブラック

竹の色は「キャメル」と同じですが、プレートが石のような模様が入っていて落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

石模様が入っている分、ホワイトよりは少々の汚れは目立ちにくくなります。

テーブルグリルピュア、テーブルグリルストーン専用のストッパーも発売されています。

テーブルグリルピュアの関連情報

公式サイト PRINCESS

フードドライヤーやピアノブレンダーなどテーブルグリルピュア以外にもおしゃれで便利な家電を作っているメーカです。

 

コメント