おしゃれなCHEMEX(ケメックス)のコーヒーメーカーの特徴と使い方、横着さんやシンプル好きな方におすすめ

コーヒー

最近は性能のいいコーヒーメーカーがたくさん発売されているますが、コーヒー好きならやはりドリップ式で入れたいですよね。

けれど、ドリップ式っていろいろと道具を揃えると収納がかさばってしまいます。

 

これ以上調理道具を増やしたくない・・・

と思ってコーヒーメーカーを買うのを避けている人も多いと思います。

 

今日はコンパクトでおしゃれなコーヒーメーカーのCHEMEX(ケメックス)のお話です。

スポンサーリンク




CHEMEX(ケメックス)とは?

ケメックスって聞いたことありますか?コーヒー好きで自分でドリップする人なら聞いたことあるはず。

でもハリオやカリタは有名ですが、それよりもイマイチ知られていないイメージです。

 

 

CHEMEXは、1941年アメリカの化学者ピーター・シュラムボム博士が実験で使うビーカーからヒントを得てデザインされたコーヒーメーカーです。

確かにビーカーっぽいですよね。

MoMA(ニューヨーク近代美術館)やフィラデルフィア美術館、スミソニアン博物館などに永久展示されるほどにデザインが認められています。

 

三角と逆三角を上下に重ねたフォルムは日本でいうひょうたんのような形ですが、持ちやすいようにきゅっとくびれた部分に木枠と革ヒモがデザインされています。

 

CHEMEX(ケメックス)のラインナップ

ケメックスのラインナップを見てみましょう。種類はそんなに多くはありません。シンプルです。

  • 3cup
  • 6cup

2種類のサイズがあります。

 

定番は木+革ヒモver.のデザインがされたものです。

木と革ヒモver.以外にも持ち手が付いたタイプもあります。
こちらも3cupと6cupです。


3cup/6cupと分かれていますが、1カップ150mlを目安としてカップ表示されています。

  • 3cup 450ml
  • 6cup 900ml

と大まかに覚えていたらいいですね。少人数なら3cup、大人数なら6cupと分けて使うと効率がよいです。

 

CHEMEX(ケメックス)の特徴

①おしゃれ!

なんといってもおしゃれです!見た目がかわいい!

ガラス+木っていう組み合わせはたまにあるけど、ガラス+木+革っていう組み合わせはなくて、かわいさに拍車をかけています。

 

②機能を一つにまとめたコンパクトさ!

ドリッパー部分とサーバー部分が一つになった形はおしゃれであり、機能的でもあります。

ほとんどのコーヒーメーカーはドリッパーが単体になっています。それをサーバーと合体させて、シンプルにしているのが他にはない機能です。

ドリッパー部分には注ぎ口があり、注ぎやすくコーヒーのしずくが垂れにくくなっています

 

③お手入れが簡単!

洗う時は持ち手の木や革は外して洗います。水に濡れると木や革は変色し劣化が早まります。

くびれているので手が入らず洗いにくいと思いますが、専用のブラシを使うと簡単にきれいに洗うことができます。

 

CHEMEX(ケメックス)のデメリット

ケメックスのコーヒーメーカーは良い所ばかりですが、欠点もあります。

電子レンジが使えない

直火、電子レンジ、オーブン、冷凍庫、食洗器は使用不可です。

作り置きしておきたい・・・かもしれませんが、電子レンジに使用できませんので飲む分だけ作る、またはコーヒーカップに入れてから電子レンジで温めるということになります。

 

消耗品のフィルターが高い!

ケメックスには専用のコーヒーフィルターがありますが、これが結構価格が高めです。

今は100均でも手に入るコーヒーフィルターですが、ケメックスのコーヒーフィルターは100枚1200円(2017年12月現在)ほどします。

1枚12円ほどのコストがかかります。100均フィルターだと80枚100円ですので、1枚1.3円ほど。計算すると、10倍近くの差が生まれてくるので、消耗品にコストをかけるのはここが引けますよね。

 

ケメックスのコーヒーフィルターは専用以外使えないの?

そこで素朴な疑問が生まれます。

こだわってケメックスのコーヒーフィルターを使うのもいいけど、コスト削減で他のフィルターは使えないの?

 

答えは、使えます。

 

いくつかの方法があるので紹介します。

 

①ハリオ V60耐熱ガラスドリッパーを使う

ハリオの耐熱ガラスのドリッパーはガラス部分と支えるカサの部分は取り外しが可能です。カサを取り外して、上にはめ込んで使います。そうすると、小さいフィルターでも落ちないので安心して湯を注ぐことに集中できます。

 

②コーン コーヒーフィルターを使う

Able Kone Coffee Filter エイブル コーンコーヒーフィルター 6-10cup

created by Rinker

6cup専用ですが、コーンがあります。小さめのフィルターを使う方などは中へ落ちるのを防止するために使うのをおすすめします。

少し調べたら、3cupでも使用しているサイトがありましたから、少し強引だけど3cupも使うことができます。

 

③形に合わせて折って使う

100均のコーヒーフィルターをケメックスの形に合わせて折って使用します。

この方法は3cupで可能です。大きい6cupだと滑り落ちる可能性もあるのでドリッパーかコーンを使うことをおすすめします。

 

④強引にドリッパーを上に乗せて使う

少し強引ですが、手持ちのドリッパーをケメックスの上に乗せて使います。3cupは上部の口が小さいので可能ですね。

 

サイズ

3cup 上部Φ8cmx底部Φ10.5cmx高さ20.5cm

6cup 上部Φ13.5cmx底部Φ14.5cmx高さ20.5cm

 

上部のサイズが3cupは8cm、6cupは13.5cmですので、手持ちのドリッパーがこのサイズ以上だったら上に乗せて使用できます。

 

CHEMEX(ケメックス)の使い方

①フィルターをセットします。専用フィルター又は専用フィルターに替わるドリッパーを使用します。

②挽いた豆をフィルターに必要分入れます。

③湯を注ぎます。1回目はぐるりと円を描きながら挽いた粉にまんべんなく行きわたるように注ぎます。粉が浸るくらいで一旦すべての湯が流れ落ちるのを待ちます。それを必要な分繰り返します。

④出来上がったらカップに注いで飲みます。

⑤飲みきれない分はケメックスに蓋をしておきます。

⑥使い終わった後は、木・革を外して専用ブラシで洗います。

 

簡単です。普通にコーヒーを入れます。捨てるのはフィルターと出し切った粉だけ。

洗うのも全部まとめて洗いますから、手間が1度で終わりますね。

 

CHEMEX(ケメックス)のアイテム

ケメックスにはシンプルにアイテムが揃っています。


使い方でさらっと書いた蓋はこちら

少し多めに入れて、あとで飲もうと残しておいた時に、ホコリが入るのがイヤですよね。そんな時はフタをすれば大丈夫。


クリーム&シュガーポットはこちら

ケメックス クリーマー&シュガーセット / Chemex

created by Rinker

お揃いのクリーマー&シュガーセットを並べるとおしゃれ!来客時に何気に脇に添えておくとおしゃれ度がUPです。


ケメックス専用ブラシはこちら

きゅっとくびれたデザインが可愛くておしゃれだけど、手が入らなくて洗いづらいんです、実は。でもブラシがあればそんなストレスも無くなります。


ケメックスのグラスマグがあります!

マグだけど、きゅっとくびれています。これは飲みやすいのかしら?コーヒーがこぼれないか心配ですが、オフィスのデスクに置いておくと目を引きますね、色んな意味で。


もしアクセサリーが無くなったらこちら

CHEMEX ケメックス用 木わく6人用

created by Rinker

CHEMEX ケメックスのパーツ 木わく3人用

created by Rinker

ケメックス コーヒーメーカー用革ひも&ビーズ 6cup用

created by Rinker

ケメックス コーヒーメーカー用革ひも 3cup用

created by Rinker

木部分と革ヒモは汚れたり破損したり、無くなったりしても、別売りしているので心配はいりません。


コーンはこちら

Able Kone Coffee Filter エイブル コーンコーヒーフィルター 6-10cup

created by Rinker

おわりに

おしゃれだけど、横着さんにもおすすめ!

シンプルで使い方もお手入れも簡単です。一体化しているって面白い発想のデザインです。

 

コーヒーは好き、でも余計な道具はいらないっていう方にもおすすめです!

 

 

 

コメント