ドリッパーは花をイメージ!イワキのコーヒーポット ビカK8694-SVとブラウンK8694-BRの比較、評価、特徴を調べてみた

コーヒー

ドリッパーって普通は円すい形をイメージしますよね。そしてステンレスドリッパーなら円すい形で小さな穴がパンチングされているステンレスフィルターをイメージしますよね。

 

今回紹介するコーヒーポットはめずらしい花の形をイメージしたドリッパーです。

今日はイワキのコーヒーポットのお話です。

スポンサーリンク




イワキのコーヒーポットの基本情報

イワキのコーヒーポットには2種類あります。

  • コーヒーポット ビカ
  • コーヒーポット ブラウン

2種類は価格と少しデザインが違います。それでは2種類を比べていきましょう。

ビカ K8694-SV ブラウン K8694-BR
サイズ 幅14x奥行12.5x高さ20.5cm 幅13.5×奥行11×高さ20cm
容量 600ml 600ml
GOOD DESIGN賞受賞
ドリッパー ステンレスワイヤーで花びらデザイン 円すい形の花びらデザイン

ポリプロピレン

その他 レンジ対応OK 直火×

ペーパーフィルター1~2人用、3~4人用 使用OK

 

ほぼ同じデザインですが、ブラウンの方が0.5~1cmほどサイズが小さいです。

とは言っても容量は変わらず同じになります。

 

両方ともバンドが外せて、洗うこともできるので衛生的です。

 

公式サイト iwaki

 

イワキのコーヒーポットの評価はどう?

Amazonのレビューでは144件書き込みがあり、星の評価も4.0と高めの評価です。

★5 51%  ★4 36%  ★3 9%  ★2 3%  ★1 1%

Amazonではビカとブラウンが同じページで販売されていて、ビカ+ブラウンの評価となっています。★5と★4で87%あるので、購入した方は満足度が高いです。

 

レビュー

●これまで使っていた陶器ドリッパーの使い勝手の悪さ(温度低下や洗浄手間)を解消できて、樹脂製品の安っぽさもなく、味も良いとなれば文句はありません。

●1000円しないというスグレモノ

●多めに入れて残りを冷蔵庫に入れ、アイスコーヒーにして楽しめるのも良いですね!

3人で飲むのにちょうどいいサイズでした。

●思っていたよりも高さがあり、大きかったですが、ピッチャーとしても使用できるのでいい感じです。ただ食器棚には収納できないのでキッチンに出しっぱなしですが、形がおしゃれなので問題ありません。

●インスタント・コーヒーも使うので大仕掛けなサーバーはいらないという方にも便利です。

 

▲1~2杯入れることが多いのですがメモリが3杯~しかないのが残念ですがこの値段なら大満足です。

▲雑味は無い美味しいコーヒーが出来ましたが一時間経つと味は落ちました。作ってすぐに飲む為の商品ですね。

洗う時手が入らないのでスポンジを入れて箸であらってます。

ちょっと注ぎにくいのが残念です。

▲注ぎ口部分の直径は11.6cm。ネルドリップを使う場合は折り返すことを考えるなら5人用が必要かと。実物は頭でっかちな感じがします。

 

600mlなので、想像して購入した方は少し大きいと感じる方もいるようですね。1杯分だけ淹れるなら大きいです。1人で飲むけど、数杯分作っておきたい、となっても時間が経てば味が落ちる(ほとんどのコーヒーは味は落ちますよね)ので、やはり2杯~4杯分使う方なら重宝しそうですね。

 

  • 片付けが簡単
  • デザインも良し
  • 価格は1000円ほど(ブラウン)!

などの理由から購入した方は満足度が高いですね。

プレゼントする方も多く、デザイン性が良いのはポイントが高いです。

 

イワキのコーヒーポットはハンドドリップ初心者さんにおすすめの価格帯。プレゼントにも良し!

レビューでも購入した方は『価格』が大きな一つの満足の理由となっています。

ビカ K8694-SV ブラウン K8694-BR
定価 3,300円 1,600円
Amazon 2,045円 927円
楽天市場 2,450円 945円

ビカは定価より1,000円ほど安くなっています。

ブラウンは1,000円を切っているのが買いやすさと人気の理由ですね。落として割ったとしても、躊躇なく購入できる価格です。

 

ビカのステンレスドリッパーは花びら形だけど、コーヒーフィルターはどんなのを使うの?

1~2杯用、2~4杯用など、スーパーや量販店、100円均一などで販売しているフィルターを使います。

ステンレスワイヤで不安定に感じますが、ドリッパーはポットに固定して使用するので、ずれ落ちることはありません。

レビューでも、「今まで使っていたフィルターが無駄にならずに済んだ」「どこにでも販売しているフィルターなので困ることはない」と書き込んでいる方もいます。

 

コーヒーフィルターを使用することが前提

イワキのコーヒーポットのビカとブラウンはコーヒーフィルターを使うことが前提です。

コーヒー本来の味を楽しみたい方がステンレスフィルターのドリッパー製品を使用することをおすすめします。

 

 

コーヒーフィルターを使用するとどうしてもコーヒー本来の旨味をフィルターでシャットアウトしてしまい、味が変わってくることもあります。コーヒーの味に敏感な人ならすぐに分かるでしょう。

そんなコーヒー好きな方にはビカやブラウンは合わないかもしれません。

 

おわりに

コーヒーポット ブラウンは1,000円以下で購入できるコスパの良い商品です。

600mlで少し大きめ設計ですが、初心者でこれからハンドドリップを楽しみたい方におすすめです。

 

 

 

コメント