SLOW COFFEE STYLEのキントーのコーヒーカラフェセットでコーヒーを楽しむ。自分に合わせたスタイルを見つける。

コーヒー

何気にコーヒーを飲んでいませんか?

 

インスタントコーヒーでいいや・・・

ちょっと合間にコーヒーを飲んで・・・

 

忙しい。毎日が忙しい。

 

SLOW COFFEE STYLEって知っていますか?

キントーが提案する、コーヒーの楽しみ方。

 

今日はキントーのスローコーヒースタイルのコーヒーカラフェセットのお話です。

スポンサーリンク




SLOW COFFEE STYLEという提案

公式サイト KINTO SLOW COFFEE STYLE

キントーのサイトにはこのように提案されています。

スローという、ぜいたく。

うつくしく輝くステンレスフィルターから
やわらかなフォルムのコーヒーカラフェに
一滴一滴コーヒーが落ちていくスローな時間。
ハンドドリップで淹れたコーヒーを
ゆったりと味わうために生まれてきたプロダクトです。
あなたらしいスタイルで、こころから味わってください。

引用 KINTO


コーヒーをゆったり楽しむ時間

コーヒーをじっくり淹れて味わう生活

 

そんな贅沢な時間を作って、コーヒーを大事飲むのは幸せです。

 

キントー コーヒーカラフェセット

コーヒーカラフェセットには4種類あります。

カラフェ(サーバー)は同じデザインですが、フィルター(ドリッパー)がステンレスフィルタプラスチックドリッパーがあります。

サイズは300ml600ml

2杯までをよく淹れるなら300ml、来客などが多く3~4杯をよく淹れるなら600mlがおすすめです。

 

ステンレス・プラスチック

300ml 600ml
サイズ Φ100xH150xW125mm Φ125xH180xW150mm
その他 電子レンジOK、食器洗機・乾燥機OK

 

カラフェ(サーバー)のサイズはステンレス・プラスチックとも同じで、ドリッパーだけが違います。

カラフェセットは他のメーカーとは違って持ち手がついています。ガラスが熱くなっても持てないとか手が滑って落としたということは少なくなります。

 

カラフェ、ドリッパーの他にホルダーが附属しています。ホルダーは豆の計量に使用しますが、コーヒーを淹れた後のドリッパーを置いておくのにも使います。

カラフェ・ホルダー・ドリッパーと重ねて収納できます。

キントーのスローコーヒースタイルのコーヒーカラフェセットの価格は定価

表にする意味はないと思いますが、一応書いておきます。

300ml 600ml
定価 3,780円 4,320円
Amazon 3,780円 4,320円
楽天市場 3,780円 4,320円

Amazonも楽天市場も価格は定価です。時々価格が跳ね上がって高額になっている場合があるのですが、気を付けましょう。

定価より高ければ、ぐっと我慢して価格が落ち着くまで待ちましょうね。

 

コーヒーカラフェセットの淹れ方

KINTO SLOW COFFEE STYLE #001

動画ありましたので、見れば一目瞭然です。

ゆっくりじっくりコーヒーを楽しみながら淹れます。ラストのオチはくすっとしてしまいましたね。

 

ステンレスフィルターとプラスチックドリッパーの紙フィルターで淹れると味に違いはあるの?

純粋な疑問ですよね。

ステンレスフィルターでは紙のフィルターは使用しません。使用してもいいのですが、それだったらプラスチックドリッパーでもいいということになる訳で。

ステンレスフィルターを使用する意味はあります。ステンレスフィルターに挽いたコーヒー粉を入れ、ゆっくり湯を注ぎます。ステンレスフィルターは0.25mmの小さな穴が開いていて、抽出されたコーヒーが落ちていきます。抽出されたコーヒーを遮るものがないので、コーヒー本来の味が下へ落ちるわけです。旨味成分のコーヒーオイルや香りが楽しめます。

 

また紙フィルターを使用すると、コーヒーオイルなどは紙フィルターは通さないのですっきりとした味わいになります。

 

口コミはどう?

口コミを見ていきましょう。

紙フィルターを使っている方からしたら、ステンレスフィルターはどんな感じなのか気になりますよね。

 

安い豆を買っていますが、とても美味しいし、朝コーヒーを淹れるのが特別な時間になりました。

メンテナンスは思ったより楽で、1日数回使うにも問題ありません。

ペーパードリップのようにお湯を回し掛けすると一気に落ちてしまうので、ゆっくりと真ん中だけにお湯を落とすのがポイント。
豆はペーパードリップ用か、細〜中がオススメです。
300ccでは少ないので600ccにしたが、実際は300〜450ccで抽出することが多いので、300ccでも良かったかも。
300ccの容器はスマートですが、600ccはどっしりしています。
抽出したコーヒーは本当に美味しいので、コーヒー好きにはオススメです。

見た目おしゃれなだけでなく、洗いやすいしとても使いやすい。コーヒーの油やエグミがダイレクトに出るので、普段は丸型フィルターを使用して使っています。ちょっと贅沢に良い豆を買ってきたときは、ダイレクトにステンレスフィルターのままで使用。使い分けています。

豆と淹れ方を全く同じにしてドリップしてみたところ、金属の方がコクが強めに出る印象です。ストレートは普段飲まないから分かりませんが、ミルクを入れるなら、絶対こちらの方が合う。

時間をかけても美味しいコーヒーを淹れようとする場合、使用する道具の美しさは不可欠です。
ペーペーフィルターを事前に処理する必要が無くなり、一連の動きも快いです。
中程度に豆を挽いて使用していますが、蒸らしで30秒、その後3分でドリップが完了します。
コーヒータイムが終わったころににフィルターを空ければ、処理もほぼ完璧。
女性の手ならボトムまで届くので、本体の洗浄も楽に行えます。

豆をお店で挽いてもらうのですが、ちょっと粗目?にしてもらうと、フィルターを粉が通過することがありません。
(最近までコーヒー嫌いで飲めなかったので、専門用語は分かりませんが、「アルミのフィルターです!」って言うと、お店の方が合わせて挽いてくれます!)

棚においていてもさまになるし、カラフェは手を入れて洗えるところが良いと思います。

金属フィルターで淹れたコーヒーは若干ワイルドで濃い味わいになるように感じます。
若干粉が残りますが(ネスカフェの香味焙煎くらい)円錐形の紙フィルターをセットし好みに応じて使い分けられるので問題ありません。
使い方は異なりますが金属フィルターは鰹節のダシを濾し取るのにも非常に便利です(笑)

やっぱりペーパーフィルターとステンレスフィルターではコーヒーの味は変わるみたいです。

珈琲の味が変わるという方は多数なので、かなり変わるということがわかりますね。ペーパーフィルターよりもコクやコーヒー本来の味が味わえるというのは魅力的ですね。

 

フィルターのお手入れはちょっと難有り。ネルと違ってひっくり返せないのでゴミ箱に直に捨てようとしても大部分がフィルターに残るし、放置していても乾燥しない。残った豆カスは水で流すしかないです。
あと、金属が薄くて、丁寧に洗わないとそのうちデコボコしてきそう。嗜好品だから許容範囲かな。

ガラスの容器にゆっくりゆっくりと落ちていくコーヒーが、2杯分できたときには冷めっさめなんです。
苦肉の策で、お湯を沸かした後のIHコンロに乗せて淹れてます。

アメリカンが好きな私としては一人分を作るのには、豆の量が少なかったせいかフィルターから落ちるスピードが早くうま味が出なかった。

ゆっくりお湯を注ぐ術を持たない方にはオススメできません。
本当にゆっくりゆっくり注げば、うまくいきます。
ステンレスフィルターは補正してくれませんので、普通に注ぐとジャバジャバ落ちていきます。

豆を変えたり試しましたがやはり細い粉がカップの底に残りました。そうすると味も変わります。サーっとフィルターより速くおとせます。ずっとフィルターで飲んでた私にはフィルター独特な風味がやはり美味しく感じ結局使わずじまいに。後目盛も見ずらくフィルターが無いことによって片づけに手間が掛かります。

ステンレスフィルターのメッシュにコーヒー粉が詰まって、片付けが手間だと思う方もいます。今までペーパーフィルターを使用していたら、そのまま捨てるだけなので、それを考えたら少し手間と思うのも分かります。この手間を許容範囲かどうかによりますね。

 

おわりに

収納は一つにまとまるのでコンパクトになるのでいいですね。

口コミを見ていると、淹れ方なのか、味の好みなのか、意見が分かれるようです。ステンレスフィルターで抽出したコーヒーが好みでなければ紙フィルターを使用すればいいので、買うとしたらステンレスフィルターのほうかな。

 

価格は定価のままなので、安くなるのを待つべしです。定価以下なら買いですね。

 

コスパを求めるなら、プラスチックドリッパーで良いならこちらをオススメです。

イワキのコーヒーポット ブラウンとハリオのドリップデカンタはお手頃価格で気軽に変える価格です。

 

 

コメント