ハリオの手挽きコーヒーミルMSCS-2Bは常に人気ランキング上位!特徴や価格まとめ

コーヒー

コーヒーは豆から挽いて淹れて飲むのが美味しいですよね。

わざわざそこまでしてコーヒーを淹れるのは・・・と思うかもしれませんが、意外とミルは手に入りやすい価格であります。

 

ゆっくりしながら飲むコーヒーは豆から挽いて味わってみませんか?

 

今日は人気ランキング上位のハリオの手挽きコーヒーミルMSCS-2Bのお話です。

ハリオ 手挽きコーヒーミル MSCS-2Bの基本情報と特徴


サイズ:幅172x奥行93x高さ231mm 口径9.0cm

容量:コーヒー粉100g

 

MSCS-2TBですが動画があったので貼っておきます。

画像では小さく感じますが、動画で見るとそこそこ大きさはありますね。

がっちりとミルを持って底をテーブルに固定しています。

 

特徴

MSCS-2TB特徴としては

  • 臼はセラミック製、金属部はステンレス
  • 丸洗いできる
  • 附属のフタをすれば保存容器にもなる
  • 全てを重ねて収納できる
  • 底には滑り止めカバー付き

丸い洗いできるのはいいですね。豆を挽いて中に残っていると、次回使う時に残っていた粉が酸化して、コーヒーの味を落としてしまいます。

使う度に洗って、清潔にしていればいつも美味しいコーヒーが飲めます。

 

コーヒー器具で困るのは収納です。器具はどうしても増えがちになるので、コンパクトに収納できるのはポイントです。一つにまとめることで部品を無くすことも減ります。

レビューは?

Amazonでは194件のレビューがありました。★4.3と高評価で、人気ランキング上位に入るんですね。

★5 51%  ★4 30%  ★3 11%  ★2 6%  ★1 2%

★5と★4で81%の高評価です。さっそくレビューを見てみましょう。

 

★★★★★
蓋があるのであまり匂いません。その分香りが逃げてないということかなと思ってます。豆も飛び散らず子どもが持ち歩いてもこぼれず良いです。

 

★★★★★
粗挽き/細挽き、自分で加減できるのが良い。
豆が入りやすいやうに取り込む口が扇型に広がっています。
飲むカップ数が2杯ぐらいなら手軽に新鮮な豆をゴリゴリできるので重宝します。

 

★★★★★
ミル機は下のビンの部分が保存のビンにもなるので多めに挽いて貯めておけます。本体はやや太めで下には滑り止めのゴムもついているので持ちやすく挽きやすいです。豆が飛ばないようにふたもついてるし、豆の粗さを調整出来ます。丸洗いも出来ます。2人暮らしで7ヶ月使用してますが、いまのところ不便は無いです。

 

★★★★★
私は女性にしては手が大きいので卓上に置かなくても持ったまま回すことができました。
ガラスなので静電気などで側面にくっつかずドリッパーに移すことができます。
沢山挽くことができて4人分くらいは対応できそうなところが良いです。

 

★★★★★
味オンチの自分でも、このコーヒーミルで毎回直前に豆を挽いて、
コーヒープレスで抽出すると、安い豆でも非常に香りが強くなるのが分かります。
インスタントや粉タイプのレギュラーコーヒーとは段違いです(笑)

 

 

★☆☆☆☆
テーブル上で滑らないように工夫されラバーもあるのですが、実際に使うとバランスが非常に悪く使いにくい、ハンドルが短くとても疲れる。4人分も細引きにするとコーヒーを入れたくなくなるほど疲れてしまう。

 

★☆☆☆☆
速く回せば回すほど、臼が空回りして豆が入っていかないようです。

 

★★☆☆☆
最近挽けなくなってしまいました。個体差があるのだと思いますが、購入した時から徐々にミルの軸が曲がっているようでセラッミクノ刃が摩耗してしまい挽くことにかなり時間をかかるようにいなってしまい替えかえを決断しました。
初めて使用した手動ミル耐久性はこんなものでしょうか!?11か月使用。

 

使い勝手には個人差があるようです。4人分の豆を挽くのに満足している方と疲れる方がいます。想像力と腕の力加減、回し方のコツの差でしょうか。

力に自信がない方は電動ミルを検討してみるのもいいかもしれません。

 

価格は?

Amazon 2,263円

楽天市場 2,380円

 

定価が3,500円なので、1,000円ほど安くで手に入りますね。

2,000円台で購入できるミルはお手頃価格帯に入るので、これからミルで豆を挽いてコーヒーを淹れたい方にオススメです。

*2018年2月7日現在の価格です。購入時に価格はお確かめください。

 

ハリオのセラミックコーヒーミル・スケルトンMSCS-2TBとはどう違うの?

Amazonの質問コーナーに答えがありました。

二つの違いは、ミル本体のホッパーとガラスキャニスターの蓋の色が、半透明か不透明かの違いだけです。
MSCS-2Bは、ホッパーと蓋は不透明なブラックで、MSCS-2BTは半透明のブラックのホッパーとキャニスターの蓋と、言う違いだけで、それ以外の機能面や容量の違いはありませんので、ご自分が気に入った方を、購入されたら良いと思いますよ。

引用Amazon

 

色の違いだけなんですね。

部品等は同じなので、もし破損したり無くしたりしても追加で買い足しして使えますね。

部品が壊れたり、無くしたら使えない?

コーヒーミルは硬いコーヒー豆を挽きますから、使っていれば摩耗したり破損します。

分解して丸洗いしますが、その時に部品を無くてしまいます。

 

でも大丈夫。

Amazonではフタだけですが販売しています。

ハリオの公式サイトでは各部品を購入できます。

▶ 公式サイト ハリオ スペアパーツ販売のページへ

 

まとめ

こんな人におすすめです。

  • ミルの片づけを簡単にしたい
  • ミルで手挽きしてみたい
  • コンパクトに収納したい
  • スタイリッシュなデザインがいい
  • 豆を挽いて、そのまま保存したい

丸洗いできるのはポイントが高いです。片付けに手間を掛けたくない方はハリオのMSCS-2Bを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

コメント