アイリスオーヤマ 超吸引ふとんクリーナーIC-FAC2の特徴、価格、口コミ。ふとんクリーナーでは断トツの人気の理由

家電&ガジェット

子どもがいるので布団を清潔に保ちたい、花粉の季節は布団が干せない、など布団に関する悩みの声が増え、ふとんクリーナーは発売と同時に人気製品となりました。

たくさんのメーカーから沢山の種類が発売され、どれを買おうか迷ってしまいますよね。

 

今日はたくさんある中からの人気の機種、アイリスオーヤマの超吸収ふとんクリーナーのお話です。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマ 超吸引ふとんクリーナー IC-FAC2の基本情報と特徴

ふとんのホコリやゴミを吸い取ることに特化したふとんクリーナー。

普段使う掃除機にふとんヘッドを取り付けたらいいんじゃない?って思うかもしれませんが、ふとんクリーナー独特に進化しています。

基本情報、特徴を確認してみましょう。

発売日 2016年6月20日
サイズ (使用時)幅250x奥行459x高さ212mm

(収納時)幅250x奥行144x高さ403mm

質量 約1.6kg
コード長さ 4m
集じん容積 0.2L
振動回数 毎分約6,000回
附属品 本体

集じんフィルター(2個入り)

廃棄フィルター(2個入り)

 

公式サイト アイリスオーヤマ ふとんクリーナー IC-FAC2 取扱説明書 ダウンロード 

アイリスオーヤマは取扱説明書がダウンロードできます。購入前に取扱説明書を読んで確認してきましょう。

 

アイリスオーヤマは直販のアイリスプラザのサイトがあり、そちらでお買い物をするほうが断然お得です。くわしくはこちら。

ポイントが付いたり、延長保証サービスがあっておすすめです。

 

特徴

吸引力3倍、ハウスダスト除去率98%以上

アイリスオーヤマ独自の計測ですが、今までのふとんクリーナーに比べて格段に性能が上がっています。

超ワイドたたきパッドでゴミをたたき出し、サイクロンストリームヘッドで吸い取る強力ヘッド

通常の掃除機のふとんクリーナーにはない機能のヘッドです。毎分6,000回の高速たたきでゴミを浮き上がらせて、ヘッド中の横回転のサイクロン気流でゴミを吸い取ります。

 

超吸引ふとんクリーナー

 

ダニちりセンサーでゴミを感知、赤黄緑の光でお知らせ

ハウスダストをセンサーが感知すると、本体ダストボックス部が赤・黄・緑の明かりでゴミの多さをお知らせしてくれます。赤程ほどゴミが多く、緑ほどゴミは少なくなります。

「温風機能」搭載でふとんがふっくら

温風でふとんをふくっらさせます。

超軽量でふとんクリーナーもラクラク

重さは約1.6kg。片手で持てる重さです。

ダストカップは水洗いができる

ダストカップは水洗いできるので、清潔を保てます。

自立してコンパクト収納

自立することでどこでも立てて収納できるので、収納場所に困りません。

 

口コミ・評価は?

Amazonのレビュー数は716件あります。レビュー数だけで人気なのがわかりますね。

評価は★4.1。良い評価です。

★5 47%  ★4 33%  ★3 9%  ★2 5%  ★1 6%

★5と★4で80%と多くの方の満足度は高いです。

 

 

★★★★★
手に持った感は、軽い!です。
実際に計測してみたところ本体のみで1,597グラム。
取り回しも良く片手ですいすいとお掃除できます。
ターボモードにするとかなりの音になり、手に振動も伝わって来ます。
目で確認できるし、表示領域も大きくてとっても便利です。
実際に緑になった部分に少し時間が経ってから再度あてても緑のままでした。
ダストカップ内のフィルターは細かなハウスダストがこぼれないようにしっかりとしたゴムパッキンでカバーされていますから安心です。
集塵フィルターも黒色で布団のハウスダスト(白色)がしっかりと目で確認出来ます。

 

★★★★★
ハウスダストアレルギーで必ず朝はくしゃみを連発していた鼻炎持ちの息子、クリーナーを使った次の日からくしゃみがピタリと止まったのが何よりの効果をあらわしていると思います。

 

★★★★★
白い粉の様なものがわんさかとれます。髪の毛やゴミは、あまり吸わないのですがフィルターを見ると白い粉がびっしりついています。布団をはじめ、リビングに敷いているゴザにも使用しています。

 

★★★★☆
コードレスがいいかと思ったのですが、家族全員の布団に使用するとすればコードがあったほうがいいと思います。コードは結構長いのでストレスはありません。
自立してくれるのが地味に気に入っています。
肝心の吸引力ですが、細かい粉のようなものと、綿埃のようなものがそこそことれます。
目に見えるゴミや髪の毛はまずはとれません。逆に温風が出ているので吹き飛ばしてしまいます(笑)。ごく細かいものを専用に吸引するものと割り切っています。
色が変わるセンサーですが、枕周りでは黄色や赤になり、あまり使わない部分は青になるのでそこそこ正確な印象です。
何より色が変わることによって、地味な作業が意外と楽しくできるところがお気に入りです。
フィルターの掃除がやや億劫ですが、マキタの掃除機で大まかにごみを吸い取ってから歯ブラシでこすりながら水洗いしています。

 

★☆☆☆☆
吸い込みが悪い。髪の毛、糸くず、埃の塊など吸い込まず同じ場所でこねこねしてる感じ。
小さな粉塵?などは吸い込んでるよう。
掃除機と、クリーナー両方使わないと綺麗にできないので不便

 

★☆☆☆☆
髪の毛もごみもあまり吸ってくれません。
目に見えない埃は吸ってくれるのかもしれませんが、目に見えるゴミが残り、排気の風で飛んで行きます。

 

★5や★4のレビューにも見られますが、大きなゴミは吸わないようですね。あくまで、ふとんの小さなホコリなどをメインに吸うようです。

しかし、目に見えないほどのゴミやホコリが取れたことによる満足感がかなり高いですね。

人気の理由は価格!

Amazon 7,111円

楽天市場 7,236円

 

発売当初は10,000円を超えることもめずらしくなかったですが、現在は7,000円ほどで落ち着いているので、お買い得となっていますね。

7,000円で気持ちよく眠れるのなら安いです。

 

*2018年2月14日現在の価格です。価格は変動しますのでご確認下さい。

 

フィルター交換で気持ちよさを継続

ダストカップ式で紙パックは不要といっても、フィルターの交換が必要になってきます。

 

集じんフィルター CF-FS2

何度も洗っている内に劣化してきますので、毎日使用の半年~1年の目安で交換します。

 

排気フィルター CF-FH2

目には見えないような細かいゴミを吸い取るので、フィルターも汚れやすいです。毎日使用で1年を目安に交換します。

おわりに

  • 花粉症の方
  • アレルギーを持っている方
  • ふとんを干せない方
  • ふとんを干してもホコリやゴミ・ダニが気になる方
  • 小さなお子さんがいる家庭

花粉症でアレルギーを持っている方はハウスダストでもアレルギー症状が出てくることもあります。寝ている時息苦しかったり、鼻水やくしゃみが止まらなかったりツライですよね。

しかし花粉が飛んでいる時期は外に布団を干すことは避けたいですし、干さない方がいいです。

そんな時はふとんクリーナーでホコリやゴミを吸い取る方法が一番良いかと思います。

 

一万円以下で毎日の睡眠の心地よさが変わるなら、ふとんクリーナーを試してみる価値ありです。

 

 

 

コメント