+d テトラクレヨンがかわいい!テトラポットのカタチのクレヨンを持つ?描く?飾る?

生活とアイテム

赤ちゃんも使える、インテリアにもできるおしゃれなクレヨンを見つけました。

 

テトラポットのカタチをしているんです!

 

初めは『おしゃれ!』と思ったんですが、これが実はオシャレだけじゃないってわかってきました。

赤ちゃんのお絵かきにもいいクレヨンなんです!

 

今日は+d テトラクレヨンのお話です。

スポンサーリンク




+d テトラクレヨンの基本情報

h concept(アッシュ コンセプト)“という会社の『+d』というブランドの商品です。

デザイナーがプロダクトとして提案したアイデアを商品にしています。

 

h conceptのサイトを見るとおしゃれで、目を惹く商品がたくさん並んでいます。

アイデアとおしゃれがぎゅっと詰まった会社と商品です。

サイズ:1ヶ 幅48x奥行43x高さ40mm

重さ:1ヶ 20g

素材:炭酸カルシウム、流動パラフィン、顔料、ポリエチレン、パラフィンワックス

炭酸カルシウムはサンゴの骨格や貝殻などの主成分です。チョークの原料にもなっている素材です。

流動パラフィンは無色無臭透明の非揮発性オイルです。

カラー:ウォーム、クール、モノ

価格:1セット6ヶ入り 1,620円

テトラクレヨンのデザイナーは田村開さんです。

 

暖色・寒色、モノクロの3つの色のグループに分かれています。全色揃えようと思ったら、3つ買わないといけないので、少し大変。全色買うと4,860円になります。インテリアとして、赤ちゃんのクレヨンとしては少し割高感が拭えません。

でもそれがおしゃれというもの。金額は関係なく、かわいければ、使い勝手が良ければ金額は関係ありません。

どんな使い方があるか勝手に考えてみました。

 

インテリアとして飾る

まずは、大人な使い方から。

たくさん買って無造作に積み上げて飾ってみるのが一番おしゃれかな!室内に消波ブロックが雑然と積み上げられていれば、なんだ?と目を引きますよね。そして「この世の中の見えない黒い波をこのブロックで打ち消しているんだ・・・」ってボソッとつぶやくんです。もうね明らかに中二病ですよ。でもそれが楽しいんですよ。冷たい視線を浴びても、このテトラクレヨンが打ち消してくれるんですよ。

 

1ケースの中には6ヶ入っていますが、色がグラデーションで揃えられています。棚に横一列に並べて、グラデーションを楽しんでみるのもいいですよ。一つ一つのテトラクレヨンのカタチを楽しみ、色を楽しみ、景色を楽しむ。大人の楽しみです。インテリアの楽しみです。

 

スケッチやラフ画を描くため、デスクに並べるっていうのもいいですよ。使って、愛でて、収納も楽。テトラクレヨンは絵を描くための道具です。飾るだけではもったいない!という方は、絵を描いて使っていきましょう。

 

最後は握ってツボ押し(笑)。独特なオウトツは握ると手のツボを刺激して、癒しとしても使えます。力を入れすぎると折れてしまうのでご注意を。

 

赤ちゃんのお絵かきを楽しく

赤ちゃんや子どもがいるご家庭では、楽しくお絵かきに使うのがいいですね。

 

赤ちゃん(0~2歳くらい)って手先を上手く使えません。単純な四角いモノ、丸いモノ、本だって掴むのも難しく、よく落としたりしますよね。

そんな赤ちゃんはテトラクレヨンなら、オウトツがあって転がらないし掴みやすいので楽に持つことができるんですよね。テトラクレヨンはどの角でも描けるので、指先を動かす訓練にもなります。

 

お絵かきにも使えて、さらにブロックとしても遊べます。単純なブロックはどこでも売っていますが、テトラポットのカタチのブロックは売っていない。どんな組み立てをして遊ぶんでしょうね。想像力が働きますね。

 

おわりに

赤ちゃん用のクレヨンって色んなメーカーから発売されています。

これらの商品を否定するわけではありませんが、転がったり、書くことに特化していたり、あくまでお絵かきをする前提としてのクレヨンです。

赤ちゃんが持ちやすく使いやすく設計されていますが、赤ちゃん用なんです。大人が楽しむものではありません。

 

無造作に積み上げてもかわいい、飾っているだけでかわいい、赤ちゃんも使えてインテリアにもなるのはテトラクレヨンだけです。

大人も子供もテトラクレヨンで遊んでみてはどう?

created by Rinker
アッシュコンセプト (h concept)

 

 

コメント