シャープ ワイパー掃除機EC-FW18は異色のコードレスクリーナー。「吸う」「拭く」をまとめて掃除するよ

家電&ガジェット

異色のコードレスクリーナが2018年1月に発売され、じわじわと人気なようです。

使う場所を選ぶクリーナーですが、選ぶということは特化しているということ。

 

シャープのワイパー掃除機EC-FW18はじゅうたんの掃除はできません。平らな面の掃除が得意です。

名前の通りワイパーです。そして掃除機です。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

今日はシャープのワイパー掃除機EC-FW18のお話です。

スポンサーリンク




シャープ ワイパー掃除機EC-FW18の基本情報と特徴

発売日 2018年1月18日
サイズ 幅254x奥行120x高さ1020mm
質量 1.3kg(本体・バッテリー・パイプ含む)
カラー EC-FW18-P(ピンク系)

EC-FW18-B(ブラック系)

集じん方法

集じん容量

ダストボックス式

0.18L

充電時間 約5時間
使用時間 約10分
サイト SHARP EC-FW18

 

ワイパー掃除機EC-FW18はコードレスです。家中どこでもすいすい行って掃除できるのはいいですね。

ただ使用時間は約10分となっています。少し短いと感じますが、リビングのフローリング、階段、廊下と決まった場所での掃除では、この範囲内の時間で十分かもしれません。

運転モードの切り替えはありません。ゴミを吸い、ワイパーシートで拭き取ります。シートで拭き取りますが、溜まったゴミを吸うというイメージですね。ワイパーシートがゴミを集めせき止めるので、吸う力を強めなくても溜まったゴミを吸うので、運転モードの強弱は必要ありません。

 

シャープ ワイパー掃除機EC-FW18の特徴

「吸う」「拭く」が同時にできる

他のクリーナーにはない特徴です。後部のワイパーシートでゴミを集めつつ、余分なゴミは吸っていきます。クリーナーは通常ゴミを吸う機能が主ですが、このEC-FW18は同時にフローリングなどの床面の拭き取りをします。掃除機で吸いきれないホコリやゴミを拭き掃除しますが、その手間を同時にすることで、労力は1度で済みますね。

1.3kgで軽い

本体・バッテリー・パイプを含んだ重さは約1.3kgで軽く、腕への負担が少ないです。

パイプを外してハンディクリーナーとして使う

パイプを外すと、ハンディクリーナーになります。階段などの高さのある面では、ハンディクリーナーにして使うことで無理な姿勢を取らず楽に掃除できます。

ワイパーシートは市販のシートが使える

市販のシートが使えるので、ドライシートやウェットシートなど色んな種類やメーカーのシートが使えます。シートの取り付けは一般的なワイパーと同じで、シートを押し込んで固定します。

ダストボックスは丸洗いできる

ダストボックスやフィルターは丸洗いできるので衛生的です。また、紙パック不要なので消耗品コストが抑えられます。

シャープ ワイパー掃除機EC-FW18のメリット・デメリット

EC-FW18は特徴的な機能があるがゆえに、メリット・デメリットがはっきりしてます。

メリット

  • 掃除機→ワイパーで拭き取りの手間が1度で済む
  • 1人暮らしのお部屋では十分に使える
  • ペットのいる家庭でもラクラクお掃除
  • 階段に使う
  • 畳では畳の方向に沿って掃除すればOK

 

デメリット

  • じゅうたんでは使えない
  • 自立しない
  • 常にワイパーシートを取り付ける
  • メイン機にはなれない

 

一見、便利そうに思えますが、じゅうたんの掃除はできないので、じゅうたんを掃除したい時には、別のクリーナーで掃除しなければいけません。

じゅうたんの部屋が多いと、ワイパー掃除機の力が発揮されませんので、ワイパー掃除機が使える範囲はどのくらいかをきちんと把握しておく必要があります。

 

シャープ ワイパー掃除機EC-FW18の口コミは?

2018年1月に発売されたばかりなので、レビューはまだほとんどありません。

やっと見つけた一件では高評価でした。

ちょっと粒が大きめの砂や髪の毛などがしっかりと溜まっており、ウェットシートでは取り除けず、通常はホウキとチリトリなどで掃除しなければならないようなゴミまで一度に掃除することができ、実用性を実感!

拭き掃除の前に掃除をする必要がないため、便利。

フローリングなどは掃除機をしてからシートで拭き取りますよね。ホコリなのに、静電気で床に貼り付いて掃除機では吸いきらないので、仕上げとして拭き取ります。そんな二度手間が無くなれば、時間短縮にもなり労力も半分です。

 

シャープ ワイパー掃除機EC-FW18の価格は?

Amazon 10,789円

楽天市場 11,869円

1月の発売当初は16,000円ほどだったので、3月現在12,000円ほどまで値下がりしているので、もう少し様子見したいですね。

ただ、季節が暑くなってくると素足でいることも多くなるので、これから売れる→値が上がることもありえるかもしれません。

 

*2018年3月7日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

 

シャープ ワイパー掃除機EC-FW18のバッテリー交換について

発売されたばかりなので、まだバッテリーを必要としている方は非常に少なく、Amazonや楽天市場では、取り扱っていません。これからの取り扱いに期待したいですね。

予備でバッテリーを持っていたい方は、シャープ取扱店で取り寄せ又は、サイトのお問い合わせからの購入になります。

 

おわりに

特化してるからこそ、その特徴を生かして掃除すれば、手間が省け楽・キレイと良いとこ取りになります。

掃除って面倒です。だからこそ簡単・キレイ・楽しいにしたいですね。

 

 

コメント