身軽に筆記具を持ち歩くためのホルダー型消しゴムのおすすめ4選

生活とアイテム

消しゴムは何を使っていますか?

普通のブロック型消しゴム、角を消す消しゴム、かわいいフィギアのような消しゴム。

 

消しゴムも色々ありますよね。

ペンのような消しゴムは知っていますか?


文具を極力減らしたい方や手帳に挿しておきたい、またポケットに挿して仕事をしたいなどスリムに持ち歩きたい時に便利なペンのような消しゴムです。

 

今日はホルダー型消しゴムのおすすめを紹介します。

スポンサーリンク




便利なホルダー型消しゴムのメリット

まずはペンの形になった消しゴムがどれだけ便利なのかメリットをお話していきましょう。

消しゴムと聞いて思い浮かべるのがブロック型が一般的です。

持ちやすいし、たくさん消せるし、学生はブロック型を持ち歩いている人が多いです。

 

ただ、このブロック型はペンケースの中でかなりの存在感を放ちます。ペンがたくさん入っている中に箱形状のものが入っているので、はっきり言ってじゃまです。邪魔ですよ。

鉛筆が入っていれば鉛筆の先が消しゴムにあたって、消しゴムが黒く汚れます。ペンを入れていたら整列しているペンの中にドンっと居座ります。だから、ペンケースの端に消しゴムを寄せて収納しますが、カバンに入れて持ち歩くといつの間にかペンに混じって、布系のペンケースならば、ペンケースの形を歪めます。結局邪魔なんです。

 

また、ブロック型消しゴムを使っていて、周りの文字を一緒に消して、せっかくキレイに写した文や表などのバランスが崩れたことありませんか?

私は常にそうです。使っている消しゴムは丸まっているので、消したい文字の周りまで一緒に消してしまうんです。

角消し?あれは消す時にはいいですが、ペンケースに入れるにはブロック型消しゴムより異形です。

 

  • ペンケースの中での存在感
  • 消す範囲のイライラ

この2大問題点を解消するのがホルダー型消しゴムです。

 

  • ホルダー型消しゴムはペンタイプなので、ペンと馴染む
  • スティック状の消しゴムで、常に角ケシのように消したい範囲をピンポイントで消す

さらに

  • ポケットにさして持ち運ぶ
  • 手帳にさして持ち運ぶ
  • ペン立てを一緒に収納できる

などさらにメリットがあります。

作業着やスーツなど、ペンと一緒にポケットにさしておけるので、いつでもメモを取ることができます。

同じく手帳にさしておけるので、記入して間違ったときでも消すことができます。

ペン立てがデスクの上にある場合、ブロック型の消しゴムは置き場所に困りますが、ホルダー型はペン立てを一緒にペン立てにさしておけるので収納も万能ですね。

 

それでは、ホルダー型消しゴムを紹介します。

 

トンボ鉛筆 ホルダー型消しゴム モノゼロ 丸型

 

価格:Amazon 346円  楽天市場 244円

角型と丸型がありこちらは丸型です。ノック式ですので、ノックするごとに0.7mmずつ消しゴムが出てくるので、出し過ぎて消しゴムが裂けたりしません。

マンガやイラスト用ですが、もちろん文字も消せますよ。

今回使用している画像はシルバーですが、MONO消しゴムデザインもあります。

トンボ鉛筆 消しゴム MONO モノゼロ 角型

 

価格:Amazon 240円  楽天市場 246円

こちらは角型でノック式です。丸型より少し大きい幅2.5x5mmの消し先になっています。

MONO消しゴムのデザインがそのままペンに継承されいるのが可愛いです。MONO消しゴムのデザインはすぐに消しゴムと分かるので、ペンケースの中でも迷子になることはないですね。

三菱鉛筆 ノック式消しゴム E-KNOCK 事務用タイプ

 

価格:Amazon 160円  楽天市場 194円

名前の通り、仕事で使います。そのため、デザインはシンプルで業務用っぽいです。

価格は一番安く買いやすいですね。替え芯も3本108円ほどで仕事でよく使うなら、このE-KNOCKが一番オススメです。

ぺんてる ホルダー消しゴム クイックイレーザー フォープロ

価格:Amazon 347円

幅9x厚み2mmのたいらな形状の消しゴムです。こちらはサイドについているボタンをスライドさせて消しゴムを出していきます。カチカチっと2mmほどずつ出てきます。

私はこのホルダー消しゴムを製図の時に使用しています。製図では1mm間隔に描いた線を消すこともありますが、他の必要な線を一緒に消すことなく、狙った線だけを消すことができるので非常に重宝しています。

消しゴムが通常の消しゴムよりも固いからか出し過ぎて折れることもありません。

フラットな形状が持ちやすく、またペンケースの中にすっきり納まります。

おわりに

ホルダー型消しゴムには、丸型と角型があります。

文字などを消す時は丸型、イラストや製図などの線を消す時は角型が便利です。

持ち運び、収納と使用感、どれをとっても万能ですね。

 

一度ホルダー型消しゴムを使ったら、手放せなくなるかもしれません。

 

 

コメント