ヨーグルトは買うより作る?アイリスオーヤマのヨーグルトメーカープレミアムIYM-012の特徴と疑問なこと

家電&ガジェット

お腹の調子を整えるため。

花粉症の症状を抑えるため。

ヨーグルトが好きだから。

 

あなたはどんな理由でヨーグルトを食べますか?

 

どんな理由でも、毎日ヨーグルトを食べようと思えば常にヨーグルトを買い置かなければいけません。

3ヶセット100円、4ヶセット100円程度のものでも、1か月食べようと買い続けたら、結構コストがかかりますよね。

 

あれ?3ヶ100円として、30日で30ヶ、1000円くらい?

意外と安い?(笑)

あ、でも毎食食べれば1日に3ヶ消費するから、3000円になります。

1000円でも1年続ければ12000円、3000円なら36000円をずーっとです。

 

「いつもと違う味のヨーグルトを食べたい」とか、「フルーツの入ったヨーグルトを食べたい」とか、そうなったら、1か月1000円、3000円では収まらなくなります。

 

コストを抑えようと思ったら、自分でヨーグルトを増やして食べればいいじゃない?

そんな流れからなのか、一時期ヨーグルトメーカーが話題になりましたね。最近ではTVなどで話題になることは少ないですが、人気はまだまだ続いています。

 

今日は、人気のアイリスオーヤマのヨーグルトメーカープレミアムIYM-012を調べてみました。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカープレミアムIYM-012の基本情報

アイリスオーヤマのHPでは現在3種類のヨーグルトメーカーが掲載されています。

IYM-011は一つ前の品番、KYM-013は新商品のヨーグルトメーカーです。今日はその中間の品番のIYM-012を調べています。

 

サイズ 幅147x奥行147x高さ280mm
質量 0.76kg
コード長さ 1.3m
使用可能牛乳パック 1000ml
使用環境温度 5-35℃
タイマー 1-48時間(1時間刻み)
設定温度 25-65℃(1℃刻み)
付属品 計量スプーン

牛乳パック用フタ

容器

水切りカップ

レシピブック

レシピ カスピ海ヨーグルト

ギリシャヨーグルト

天然酵母プチパン

塩麹・醤油麹

甘酒

納豆

水キムチ

塩レモン

フルーツビネガー

HP アイリスオーヤマ IYM-012

 

タイマーは1時間刻み、設定温度は1度刻みで設定できます。IYM-011には無い機能ですね。

また、レシピもHPに記載されている分だけで9種類あり、まだまだ色んなアレンジをしたレシピがありそうですね。

アイリスプラザ ヨーグルトメーカー IYM-012はこちらから

アイリスプラザでお買い物をするとお得がたくさんあります!詳しくはこちら。

カスピ海ヨーグルトの作り方

アイリスオーヤマのHPに公開されているヨーグルトの作り方です。ヨーグルトメーカーの基本的な使い方ですね。

材料:牛乳1000ml、市販のカスピ海ヨーグルト90g

  1. 牛乳200mlに、カスピ海ヨーグルトを入れて均等に混ぜ合わせます。
  2. 残りの牛乳を入れて、さらに均等になるように混ぜ合わせます。
  3. 温度27℃、タイマー8~12時間にセットし、スタートボタンを押します。

簡単ですね。3工程で作業は終わりです。

牛乳とヨーグルトを買いに行く、ヨーグルトを食べる、工程をいれても5工程です。

これだけ簡単だから、人気が出たんですね。

そして、90gのヨーグルトから1000mlのヨーグルトができるって10倍じゃないですか!出来上がる多さにお得感がものすごくありますね。

 

IYM-012の特徴

市販の牛乳パックをそのままセットできる

買ってきた1000mlの牛乳パックをそのままセットできます。ということは、牛乳パックを開けて、ヨーグルトを入れて、設定してセットするだけなんですね。極限まで手間を省くことができます。

横着さんには嬉しすぎる特徴ですよね。

 

市販のヨーグルトの約1/5の費用でできる

アイリスオーヤマのHPから引用して

ヨーグルトメーカーの場合  1か月 120食分 約2,840円

市販のヨーグルトの場合  1か月 120食分 約14,400円

毎食1ヶ120円のヨーグルトを食べる前提で計算したら、1か月15,000円近くコストがかかります。私の家計のコストより掛かっていますが、良いヨーグルトを食べているんでしょう(笑)

しかし、15,000円近くをヨーグルトに費やすのは家計簿的にはかなりの痛手。これはヨーグルトメーカーでヨーグルトを作って食べなければ!となりますね。

 

レシピが豊富

HPに掲載されているレシピは9種類です。これだけでも豊富と言っていいですよね。

さらに、ローストビーフなどを作っている強者もいるようです。温度と時間を調整すればできそうですね。

まだ他にもレシピがどんどん生まれていそうな予感がします。

 

合わせて買いたいアイテム

ヨーグルトメーカーで1回で作る量は1000mlです。中々の量ですので、数回に分けて食べますが、牛乳パックをそのまま使って保存することが多いと思います。そんな時には封をしなければいけませんが、一応付属品の中には「牛乳パック用フタ」があります。

一つじゃ足りない!という方は別売りで購入します。実際多くの方が合わせて購入しています。

 

市販のヨーグルトでもヨーグルトは作れますが、種菌も販売しています。

もちろん、市販のヨーグルトでも作れます。

意外と必要なのが、長いスプーンです。牛乳パックは縦長の深さのある容器なので、あった方がいいというより購入しておきましょう。

IYM-012の知りたい疑問

ヨーグルトメーカーで作ってみたいけど、知りたいコトがいっぱい。疑問点をまとめてみました。アイリスオーヤマのHPにもよくあるお問い合わせのページがあります。

 

どんなヨーグルトでもいいの?

  • 飲むヨーグルト
  • ビフィズス菌
  • ガゼリ菌

上記の菌ではやめておいたほうがいいです。上手くヨーグルトに育たなく、失敗してしまいます。

 

使う牛乳はどれでもいい?

使用する牛乳は『生乳100%』と原材料名に記載されているもので作ります。

牛乳に他の成分が混ざっていると、菌が上手く成長してくれません。

 

ヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトで次のヨーグルトを作っていい?

これは、私もしてしまいそう。

答えはダメです。毎回新しい種菌を使用して下さい。

「ヨーグルトは増え続けるなら、次に使っても増えてヨーグルトできるんじゃないの。無限にヨーグルト作れるんじゃないの☆」

とつい貧乏性な考え方をしてしまいますよね(笑)無限ヨーグルトって夢ですよね(笑)

 

しかし、もし中に雑菌が入り込んでいたら、その雑菌が増えて食中毒になる恐れがありますので、必ず毎回新しい種菌で作って下さい。

 

どのくらいの時間で作れるの?すぐ食べたい。

カスピ海ヨーグルトで8~12時間。

他レシピも5時間以上。

パン発酵のみ70~90分。

どれもすぐにはできません。菌が成長するには時間が必要ですので、前もって下ごしらえとしてセットしなければいけません。

 

容器の別売りってある?

牛乳パックで作れますが、ヨーグルト以外を作る時は容器を使用します。

一つは付属品としてありますが、他のメニューを作りたい、多めに作り置きしておきたい時には容器は幾つか必要ですよね。

容器はAmazonや楽天市場には売っていないので、アイリスオーヤマのサイトから購入します。

アイリスプラザで販売しています。

品番:IYM010L

▶ アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー容器 IYM010L

数量限定なので、早めに購入した方がいいですね。

 

口コミ・レビューは?ヨーグルトメーカーは人気

Amazonでのカスタマーレビューは936件あります。IYM-011、IYM-012、KYM-013のすべてを合わせたレビューですが、1000件近くもあるレビューは人気なのがわかりますよね。

評価は★4.5です。3品番合わせても、どれも評価が良いから、★4.5の高評価が付くのだと思います。

★5 65%  ★4 24%

★3 5%

★2 2%  ★1 4%

★5と★4で89%で、★3以下は一けたの割合です。

 

 

★★★★★
1㍑の牛乳パックをそのままレンジでチンして温めます。そのあと150ml程度減らしてからR-1ドリンクタイプを1本全量入れてパックの口をしっかり押さえながら振って混ぜます。そしてメーカーにセットして42℃で8時間待てば出来上がりです。

 

★★★★★
恵ヨーグルトで作ってみたら、よりコクがあっておいしく感じます

 

★★★★★
作るヨーグルトと、牛乳のメーカー(品種)等により、味が異なりベストコンビチョイスを模索中ですが、それぞれ個性があり、失敗はありません。

 

★★★★★
ヨーグルトメーカーで作成したほうが比べ物にならないくらいおいしいです。カスピ海ヨーグルトがおすすめです。

 

★★★★☆
牛乳パックのままで作る時は、冬は付属の器具で上をふさぐほうがいいですが、小さくて、とれやすくちょっと不便。

 

★★★★☆
何れも牛乳パックでそのまま作ってるので、面倒な殺菌とか、できたヨーグルトの移し替えとか、面倒な作業が不要。

 

 

★★★☆☆
専用容器が深めなので、材料を入れてから混ぜにくいです!なので、次回から他の容器で混ぜてから専用容器に移しています。

 

★★☆☆☆
ヨーグルトはちゃんとできるのですが、作る際に牛乳パックに付けるフタが小さ過ぎて使いにくいです。

 

★☆☆☆☆
65℃まで上げられる、ということで広告の画像にも温泉卵などの低温調理に使えるとなっていますが、実際のところ何度やっても温泉卵ができない…

 

よくある声は、牛乳パックは深い容器なので、混ぜにくい!ですね。そしてその混ぜるスプーンは雑菌消毒しないといけません。

出来上がったヨーグルトの味には多くの方が満足しているみたいです。味が濃くなった!などの声があるので、試して食べたい!って思います。

 

価格は安い!これならすぐにヨーグルト生活を始められる

Amazon 2,980円

楽天市場 2,955円

Amazonも楽天市場も3,000円を切る価格で、衝動買いしてしまいそうな安さです。そして、ヨーグルト代も安くなるんですから、毎日ヨーグルトを食べる方にはオススメです。

*2018年3月15日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認下さい。

 

おわりに

毎日ヨーグルトを食べる方にはとっても魅力的なヨーグルトメーカーです。

また低温調理できるので、甘酒好きな方にも魅力的です。

価格も衝動買いしてしまいそうなお手頃価格です。気になったら、買って作ってみるのがいいかも。

 

 

コメント