ハリオのドリップポット ウッドネックの種類と特徴

コーヒー

コーヒーを淹れる時、人には色んなこだわりがあります。

 

ペーパーフィルターでは風味が損なわれるのでイヤだ

ステンレスフィルターでは何となく金属臭がするからイヤだ

 

そんな人はろか布を使ってハンドドリップします。

こだわりのコーヒーを淹れる喫茶店ではろか布を使ってハンドドリップしますよね。それは、コーヒーの風味が損なわれないから。

家で自分で淹れる時もこだわりたい人は、ろか布を使用してコーヒーを淹れます。

 

今日はハリオのドリップポット ウッドネックを調べたお話です。

スポンサーリンク




ハリオ ドリップポット ウッドネックの種類と基本情報

ハリオのドリップポットは4種類あります。1~2杯用と2~4杯用とカラー2色です。

 

ドリップポット ウッドネック DPW-1

こちらは1~2杯用のドリップポットです。きゅっと締まったウエスト部の木製の部品や革のカラーはダークブラウンです。コーヒーと同系色で可愛いです。

サイズ:幅95x奥行95x高さ168mm

木製部品下の8分目で約2杯分の分量となります。1杯は120mlで計算しています。1人で飲むなら240mlで大きめのカップ1杯分になりますね。

ドリップポット ウッドネック オリーヴウッド DPW-1-OV

こちらはウエストの木製部品はナチュラルなオリーブウッドのカラーです。使っているうちにシミが付いたり、木の色が変化したりと楽しめるのはこちらですね。革はダークブラウンなので、明るい色の木の素材と合わせて引き締まりますね。

サイズ:幅95x奥行x95x高さ168mm

DPW-1と色違いの1~2杯用なので、容量は同じで木製部品下8分目で約2杯分(240ml)です。

ドリップポット ウッドネック DPW-3

こちらは3~4杯用です。ウエスト部の木製部品はダークブラウンです。DPW-3は木製部品下の8分目で4杯分の目安です。1杯分は120mlで計算しています。

サイズ:幅110x奥行110x高さ195mm

3~4杯用となると、画像で見るより大きく存在感がありますが、ネルドリップはおしゃれでこだわりのコーヒーを淹れるイメージから、インテリアとしても重宝します。収納せずにキッチンなどに飾って収納もいいですね。

ドリップポット ウッドネック オリーブウッド DPW-3-OV

こちらは3~4杯用の明るい木製部品のドリップポットです。ナチュラルなオリーブウッドの部品は存在感がありますね。きゅっと雰囲気を引き締めてくれる革ヒモもかわいいです。

サイズ:幅110x奥行110x高さ195mm

それぞれの価格は?

気になるのは価格ですよね。サイズや色が違うので、価格はそれぞれ変わってきます。

定価 Amazon 楽天市場
DPW-1 3,500円 2,425円 2,026円
DPW-1-OV 4,500円 2,778円 2,480円
DPW-3 4,000円 2,680円 2,700円
DPW-3-OV 5,500円 2,964円 3,527円

どちらもオリーブウッド(明るい木部品の方)が高くなっています。おしゃれ度で言えば断然オリーブウッドです。

定価よりも安くなっていますので、お気に入りを買うのが一番ですね。

*2018年3月28日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

 

ウッドネックのろか布の特徴は?とことんコーヒーの味を追求したい人におすすめ

見た目ばかりお話してきましたが、ろか布ってどんなの?って思いますよね。

ろか布で淹れたコーヒーは

深みとコクが違う。本格ネルドリップ珈琲。

キメの細やかなネルを通してゆっくりと濾過された珈琲は、豆本来の持つ酸味、渋味、苦味、コクが失われません。

引用 HARIO

ネルドリップはコーヒーの味をそのまま楽しめる、最高の道具なんですね。

とことんコーヒーの味を追求したい人、おいしいコーヒーを飲みたい人にはネルドリップがいいってことです。

 

ろか布の交換時期は?

ハリオのHPや取り扱い説明書には、こう記載されています。

ろか布はよく水洗いし、清水を入れた容器に浸して冷蔵庫で保管して下さい。ろか布に残った珈琲豆の油分の酸化を防ぐためです。

ろか布は乾かしてはいけません。乾かすと、ろか布に残った珈琲の油分が酸化して、次回使用時のコーヒーの味が落ちてしまいます。

ネルドリップするほどのコーヒー好きなら、味が落ちたらすぐに分かります。おいしいコーヒーが飲みたいのなら、くれぐれも取り扱いには注意が必要です。

 

ろか布は何度も使用している内に、起毛面がはげてきたり、破けたり、また抽出時間が短くなってきます。そんな状態になったら交換時です。

しかし中々タイミングが分からない方は、毎日1回使用したとして1か月くらいで交換するのが目安です。

コーヒーの味が変わったな、落ちたなと思ったら交換しましょう。

口コミはどう?ろか布のお手入れは手間

ドリップポットで淹れたコーヒーの味が気になりますよね。口コミを見てみましょう。

 

ネルドリップに変えてから、コーヒーの雑味が無くなり、豆本来の苦味、酸味、コクがストレートに味わえます。

 

ペーパーフィルターと比べてこんなに違うのかと驚きです。まろやかで深い味わいです。

 

ホルダーに適度な柔軟性があり、ネルの着脱がしやすいです。

 

普通の豆を使ってもコーヒーの旨味とコクを引き出します。

 

ペーパーフィルターで淹れたコーヒーには戻れない!っていうくらいおいしいです!

お手入れで賛否が分かれますが、味には満足している方がほとんどです。

お手入れを楽しむ方もいれば、少々面倒と感じる方もいます。しかし、おいしいコーヒーを飲むためなら、お手入れは仕方のないことと納得しています。

 

おわりに

  • ハンドドリップでコーヒーを飲んでいる
  • おいしいコーヒーを飲みたい
  • インスタントコーヒーでは満足できない
  • コーヒーが好き

ひたすらおいしいコーヒーを飲みたいと突き詰めていくと、ネルドリップに辿り着きます。

おいしいコーヒーの前ではお手入れなど苦になりません。

 

もし、今飲んでいるコーヒーに飽きていたら、ネルドリップに挑戦してみてはどうでしょうか。

 

 

コメント