東芝 トルネオV コードレスVC-CL1400はバッテリー寿命が長い。交換期間の手間が少ない?

家電&ガジェット

コードレスクリーナーのデメリットの一つにバッテリー交換があります。

コード式はコンセントを差し込めば時間や回数が関係なく使用できますが、コードレスはバッテリーが劣化すれば本体が故障していなくても使用できなくなります。

バッテリーを交換することになりますが、その回数は少ない方がいいですよね。バッテリー代だって消耗品コストです。

 

トルネオV コードレスVC-CL1400のバッテリーは約8年ほど持つそうです。8年も持ったら、バッテリー交換せずに次に買い替える時期になるかもしれません。そうならばバッテリー交換はなしということです。

今日はバッテリーの寿命が長い、東芝のトルネオV コードレスVC-CL1400の紹介をします。

 

スポンサーリンク




東芝 トルネオV コードレス VC-CL1400の基本情報と特徴

トルネオW コードレスにはVC-CL1200、VC-CL1300とあり、最新がVC-CL1400となります。

 

サイズ W266xD234xH1105mm
質量 (本体) 約1.4kg

(本体・延長管ホース・ヘッド含む) 約1.9kg

充電時間 約5時間
使用時間 標準 約20~25分

強 約8分

おまかせ 約8~20分

バッテリー寿命 約3100回
集じん方法

集じん容積

サイクロン式

0.2L

付属品 エアーブローノズル

ふとん用ブラシ

すき間ノズル

お手入れブラシ

付属品用ホース

丸ブラシ

壁掛けホルダー

カラー (R) グランレッド

(N) グランブロンズ

HP  東芝 トルネオV コードレス

 

本体・延長管ホース・ヘッドの全体の重さは2kgを切ります。2kgを超えると力の弱い方は腕が疲れてくるので、要チェックです。

使用時間は「標準」「強」「おまかせ」とあり、強とおまかせでは随分と使用時間が変わってきます。強で掃除すると、少し時間が短いかなという印象。

付属品は多いです。ふとん用ブラシが付いているのは嬉しいですね。これだけ揃っていると家中の様々な所を掃除出来ます。

また特徴的なのが、エアブローノズルがついていること。エアブローノズルは「吸う」のではなく「噴き出し」て、ゴミやほこりを動かす機能です。HPにもあるように、落ち葉などは吸うより風を起こしてまとめ上げる方が効率がいいです。他のメーカーにはない機能です。

 

 

VC-CL1400の特徴 バッテリー寿命はダントツ。エアブローノズルは東芝だけ

強力な吸引力

毎分最大110,000回転するハイスピードDCモーターHD25を搭載しています。もうどうすごいのかわからないけど、110,000回転するのがもうすごいって思います。

「バーティカルトルネードシステム」の吸引力

ミクロトルネード分離・デュアルトルネード分離・ゴミを圧縮する吸引力。とにかくトルネードでゴミを吸い、分離し圧縮するってことです。

「ラクトルパワーヘッド」の自走式ヘッド

自走式は運転が開始すると自走しヘッドが軽くなります。自走式でないヘッドで掃除すると手が疲れてきますが、自走式ではスイスイと驚くほど進みます。

ゴミ残しまセンサー付き

ゴミがあると手元にあるランプが点灯します。見えないゴミもセンサーで分かるので、ゴミが溜まりやすい所を入念に掃除できます。

電池寿命は約3100回

バッテリー充電回数は約3100回。20℃の気温でおまかせで1回6分使用した時の充電回数です。気温や使用頻度等の様々な条件により回数は変動します。しかし約3100回は多いです。他のコードレスクリーナーのバッテリー寿命が500回のものもありますから、数倍長持ちします。

節電ストップ機能

ヘッドが3秒浮くと自動で運転を一時停止します。またそのまま60秒後には完全停止します。無駄な電力を消費しないように考えられた設計ですね。

エアブローノズルは風でゴミを吹き飛ばす

掃除機の機能とは反対に、風を出し、ゴミを吹き飛ばします。落ち葉など大きいゴミを集める時に便利です。

分解して洗えるダストボックス

ダストボックスなどは分解して水洗いでき衛生的です。気になったらじゃぶじゃぶ水洗いしてすっきりしましょう。

 

トルネオV コードレス VC-CL1400は東芝がこんな人におすすめしています

東芝がHPでこんな人におすすめとありました。

● 身近なスペースに簡単に収納できサッと取り出して使いたい
● 軽く掃除をしたいときに役立つサブクリーナーがほしい

コードレスはさっと取り出して、すぐにどこでも使うのが簡単で楽なのがメリットです。

そして、東芝は『サブクリーナー』と自ら明言しています。あくまでサブクリーナーとしての使用と機能です。

 

VC-CL1400の口コミは?

2017年9月に発売されたVC-CL1400なので、口コミなどはまだ少ないです。これから増えていくでしょう。

●とれたごみが見えるので、満足感が個人的に半端なくよいです。じっとみてしまう。高額だったが、リビングと、寝室を毎日・簡単にやれるので、いいものを買ったと思った。

●軽い、ありえなくらい滑らかに動く、スティックとホースのつなぎ替え、それぞれの先に丸ブラシと通常のヘッドなど様々な組み合わせが可能で、本当に片手ですいすい掃除ができます。

コードレスで軽いので、掃除のしやすさに満足度が高いです。ただ、高額という点では少々不満の様です。

 

VC-CL1400のバッテリー交換は自分でできるの?

バッテリー交換は、販売店で依頼するか、東芝のお客様相談センターに問い合わせしバッテリー交換の依頼するかになります。

バッテリー自体の単品での販売はしていません。また取扱説明書に、分解はしないように注意書きがされています。

 

毎日充電しても3100回できるので8年ほどはもつ計算です。環境により回数は変わってきますが、8年後と考えても依頼する手間はさほどかかりません。

 

VC-CL1400の気になる価格は?

Amazon 43,500円

楽天市場 43,263円

*2018年4月12日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認ください。

Amazon・楽天市場共5万円以下で購入出来ます。発売当初は7万円を超えていたので、半年ほどで4万円まで下がっているのでお買い得かもしれません。

 

おわりに

マキタのようにバッテリーが寿命を迎えたらすぐに交換と簡単ではありませんが、VC-CL1400は3100回の長寿命なので、8年前後の交換となり、依頼する手間は許容範囲かなと思います。もしかするとバッテリー交換なしで、次のコードレスクリーナーに買い替えをする時期になるかもしれません。そうすればバッテリー交換はなしということですね。

ノズルも豊富で、エアブローもできるのは東芝のトルネオVだけです。

もしエアブローを使いそうだと思ったのなら、検討してみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

コメント