アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアムIYM-012とKYM-013の違い

家電&ガジェット

以前に「ヨーグルトは買うより作る?アイリスオーヤマのヨーグルトメーカープレミアムIYM-012の特徴と疑問なこと」を紹介しましたが、2017年12月に「KYM-013」が発売されました。

 

IYM-012は”プレミアム”と製品名になっていましたが、こちらの「ヨーグルトメーカー KYM-013」は、ただのヨーグルトメーカーで”プレミアム”の文字が付いていない・・・。

 

一体、違いは何?

どう変わったの?

 

という疑問から「アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー KYM-013」を調べてみました。

スポンサーリンク




アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム IYM-012とKYM-013の仕様の比較

IYM-012とKYM-013の基本情報を並べて比較してみましょう。

どこが違うのか、気になりますよね。基本情報を比べるのは基本ですよね。

 

IYM-012  KYM-013
サイズ  W147xD147xH280mm  W156xD156xH274mm
重量  約730g  約630g
コード長さ  1.3m  2.0m
使用可能牛乳パック  1000ml  1000ml
タイマー  1~48時間(1時間刻み)  1~48時間(1時間刻み)
温度設定  25~65℃(1℃刻み)  25~65℃(1℃刻み)
その他 なし 音でお知らせ機能
付属品 水切りカップ

牛乳パック用フタ

計量スプーン

容器

レシピブック

水切りカップ

牛乳パック用のフタ

種菌軽量スプーン

飲むヨーグルト用かき混ぜ棒

調理用容器

レシピブック

自動メニュー  自動メニューなし プレーンヨーグルト

カスピ海ヨーグルト

甘酒/塩麹

飲むヨーグルト

レシピ カスピ海ヨーグルト

ギリシャヨーグルト

天然酵母プチパン

塩麹・醤油麹

甘酒

納豆

水キムチ

塩レモン

フルーツビネガー

(自動メニュー以外)

納豆

フルーツビネガー

 

IYM-013には「自動メニュー」が搭載されました。IYM-012には無い機能ですね。

それからIYM-013のメニューには「飲むヨーグルト」が追加されています。そのため飲むヨーグルト用のかき混ぜ棒も付属品に追加されています。

 

ヨーグルトメーカー KYM-013 飲むヨーグルトの作り方

IYM-012の口コミなどでは、飲むヨーグルトが作りたいといの声が多かったのでついたと思います。牛乳とヨーグルトの配分を間違って、飲むヨーグルトになった方もいますが(笑)待望の飲むヨーグルトのメニューが追加です。

 

また口コミからの要望が届いたのか、出来上がった時に、音が鳴るお知らせ機能が搭載されました。これで出来上がりが分かるようになりました。

 

アイリスプラザ ヨーグルトメーカー IYM-012はこちらから
アイリスプラザ ヨーグルトメーカー KYM-013はこちらから

アイリスプラザがお得な理由はこちらから

 

KYM-013の大きな特徴

基本情報でざっくりとIYM-012とKYM-013の違いを説明して、IYM-012の特徴も分かりましたが、ここで詳しくKYM-013の特徴を紹介していきます。

大きい特徴は

  • 飲むヨーグルトメニューが追加
  • 自動メニューが4種類搭載
  • 出来上がりのお知らせ音機能

3点です。

今までは全てのメニューが自分で温度と時間を手動で設定しなければいけませんでしたが、よく使う「プレーンヨーグルト」「カスピ海ヨーグルト」「甘酒/塩麹」「飲むヨーグルト」の自動メニューが搭載され、簡単にセッティングできるようになりました。

 

その自動メニューの中に「飲むヨーグルト」が入っていることも大きな特徴です。

IYM-012購入者の中には飲むヨーグルトを自力で作っている方も多く見られ、結構需要があることが分かります。

 

IYM-012では時間を設定しますが、「できあがったことがわからない」との口コミがあり、こちらもそんな声から搭載されたと思います。

温度や時間が設定できるなら、なぜ出来上がりのわかる機能を付けなかったんだと今更ながら思いますよね。開発の時に気が付かないっていうのも中々面白いお話です。

 

KYM-013で追加された機能は、口コミの声が反映されているものが多かったですね。より使用者に使いやすく優しくなったIYM-013です。

 

合わせて買っておいた方がよいアイテム

付属品は作っている時に必要な道具が揃っていますが、作った後の牛乳パックを閉じるクリップなどは付いていないので買い足す必要があります。

ヨーグルトができあがって牛乳パックのまま保存するならフタが必要になってきます。

付属品にある「牛乳パック用のフタ」は作っている時に牛乳パックを閉じるクリップみたいなものです。

食べきってから次を作るのであればいいのですが、食べきらないうちに次のヨーグルトを作る時には一つでは足りません。保存用のフタを買い足しておけば安心です。


さきほど紹介したのは、牛乳パックサイズでしたが、開封した牛乳パックを再び閉じるクリップも便利です。

ヨーグルトを作った牛乳パックを閉じる以外にも、お子様のいる家庭ではつい倒してしまったりとアクシデントの起きた時にもこぼれることが少ないクリップは重宝します。


KYM-013には種菌軽量スプーンと飲むヨーグルト用かき混ぜ棒が付属していますが、ヨーグルトをすくう用のスプーンは付属していません。

牛乳パックは深い容器ですから、通常のスプーンですとすくいにくく手が汚れることもあります。牛乳パックの深さより長いスプーンがあればストレスなくヨーグルトをすくうことができます。

ヨーグルトスプーンはこちらでも紹介しています。


ヨーグルトが上手く作れない・・・といった悩みは牛乳とヨーグルトの配合が間違っている場合があります。

ヨーグルトの種類によっても出来具合が変わってきますから、ある程度の試行錯誤は必要になってきます。もし市販のヨーグルトで失敗する場合は種菌を使うこともおすすめします。


ヨーグルトメーカー用容器 クリア IYM-090L-C【アイリスプラザ】の詳細・ご購入はこちらから

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは牛乳パックそのまま使えることが特徴ですが、専用の容器もあります。

容器が一つ付属していますが、作るメニューによって容器がいくつあっても足らないこともあります。

いくつか多めに買っておいてもいいですよ。ヨーグルト以外にも作れるメニューがたくさんあるので、専用容器は余ることはありません。

容器はアイリスオーヤマの直販サイト【アイリスプラザ】で販売しています。

IYM-012とKYM-013の価格の違いは?

IYM-012 KYM-013
Amazon 3,758円 3,858円
楽天市場 4,120円 3,858

*2019年4月11日現在の価格です。価格は変動しますので、購入時にご確認下さい。

価格はかなり落ち着いてきて、5,000円以下で購入しやすくなっています。

花粉の時期などはヨーグルトを食べる人も増えるので、価格が安い時に買っておくと良いですね。

KYM-013の購入者の口コミは?

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーはかなりの人気で口コミも多いです。

品番によって口コミの多さの差があるので、見比べたほうがよさそう。KYM-013の口コミは少し少なめです。IYM-013の方が人気があるようです。

とても簡単にヨーグルトがつくれます。毎日食べるので、コストの面も助かります。プレーンヨーグルトだけしか作っていませんが、とても食べやすい味です。ただ、付属のスプーンは使いづらいと思います。牛乳パックで作るので、柄の長いゴムべらがあるといいです。

付属のスプーンは使いづらいという意見がありますが、「柄の長いゴムべら」と書いていることから、ヨーグルトを作った後のすくう時の使いにくさを言っているのだと思います。

衛生面も考えてステンレス製のスプーンを買い足すことをおすすめします。

 

  • 牛乳の銘柄で、酸味やとろみが変わるので面白いです。
  • 好きなヨーグルトを夜のうちに作り、1リットル分を家族であっという間に食べてしまうので、コスパを考えると割安感半端ないです。

簡単に大量に作れるので、満足度は高いです。前の晩に準備して、翌朝に食べられるのはうれしいです。

 

  • 作るのが簡単そうに見えて意外とまともなものを作るのは難しいです。

ただ、時々作るのが難しいという方もいます。

失敗するのはどこかのポイントで間違っていそうですね。作り方や材料をもう一度見直した方がいいかも。

IYM-013とKYM-013って2つ品番があるけど?

調べているうちに、KYM-013の他に「IYM-013」があることに気付きました。

KYMなのに、IYM-012の後継機種だから入力間違いしてるね!と笑っていたのですが、どうやら違います。IYM-013が存在しています。

HP アイリスオーヤマ IYM-013

アイリスプラザというアイリスオーヤマの公式通販サイトにもきちんと商品として売られています。

見た目には違いはなさそう・・・。画像をみていくと、どうやら容器が2つ付いているようです。本体に変わりはありません。

 

Amazonや楽天市場でも販売しています。

IYM-013 KYM-013
Amazon 3,945円 3,858円
楽天市場 4,298円 3,858円

※2019年4月11日現在の価格です。価格は変動しますので購入時に確認してください。

すべての品番で価格は同じくらいになっています。

もしKYM-013を買おうと悩んでしたら、IYM-013を買うことをおすすめします。容器は2つあった方が断然いいです。色々作れますからね。

 

アイリスプラザでも販売しています

アイリスプラザ ヨーグルトメーカー IYM-013はこちらから

おわりに

IYM-012よりたいぶんと機能が向上したKYM-013。

IYM-013もあり、IYM-012の口コミの声により機能が追加された(と思われる)ので、断然魅力を感じてしまいます。

 

価格を取るか、

機能を取るか、

いつも家電ではこのジレンマを味わいますね。

 

最新型を買って長く使う派と

1つランクを落としても十分機能に満足する派で

分かれると思います。

 

さて、あなたはどっちですか?

私は最新型を買って長く使う派です。

良く検討してみてください。

 

小話

結局、IYM-012のプレミアムとKYM-013には付いていない謎は分かりませんでした。

アイリスオーヤマが考えるのがメンドウになったのかな(笑)

 

コメント