おしゃれな水出しコーヒーポットのおすすめ8選!前夜に準備するだけでおいしいコーヒーが翌朝飲めるよ

水出しコーヒーポット コーヒー

暑い日が多くなってくると、ホットコーヒーより断然すっきり爽やかなアイスコーヒーを飲む回数が増えてきます。

  • いつも市販のアイスコーヒーばかりで飽きた
  • ホットコーヒー用の豆を余らしている
  • 自分好みのコーヒーが飲みたい

そんな風に思っているなら水出しコーヒーがおすすめです!

水出しコーヒーってアイスコーヒーじゃないの?って疑問が出てきますが、水出しコーヒーとアイスコーヒーは『冷たいコーヒー』ですが、作り方が違い、味も違う別物です。

今日は水出しコーヒーについてや水出しコーヒーポット、コーヒー粉や水などのおすすめを紹介します。

スポンサーリンク




水出しコーヒーって?

水出しコーヒーというのは、水からゆっくり時間をかけて抽出したコーヒーのことです。

低温で抽出するので、コーヒーの苦味や渋味が溶けだしにくく、すっきりとしたまろやかな味わいとなります。

水出しコーヒーとアイスコーヒーは違うの?

水出しコーヒーはアイスコーヒーではないのか、疑問に思いますよね。

水出しコーヒーは水からじっくりゆっくり抽出します。対してアイスコーヒーは湯から抽出してから、コーヒーを冷やします。水から抽出と湯から抽出の違いがあり、温度の違いでコーヒーの味が変わってきます。

アイスコーヒーもおいしいのですが、水出しコーヒーは成分の「カフェイン」「タンニン」の溶けだしが抑えられて、味がまろやかになります。

湯から抽出したコーヒーに氷を入れアイスコーヒーを作って飲んだことが誰でもあると思いますが、苦味が残っていると思います。水出しコーヒーはその苦味が抑えられたすっきりとした味となるんです。

水出しコーヒーに使う豆や水は?

水出しコーヒーを作る時に、コーヒー豆や水はどんなものを使ったらいいのでしょうか?

コーヒー豆は中細挽きの深煎りで、水は軟水を使用します。殆どのコーヒーメーカーが推奨しています。

水出しコーヒーの作り方は?

水出しコーヒーの作り方は簡単です。各メーカー、商品の説明書に記載されている分量で作ります。

水出しコーヒーの作り方
  1. 中挽き・深煎りのコーヒー粉をストレーナーに規定の分量を入れます
  2. ストレーナーをポットにセットします
  3. ゆっくり軟水をコーヒー粉が湿るように入れていきます(円を描くイメージ)
  4. 規定の分量まで水を入れます
  5. フタをして冷蔵庫で8時間ほど冷やします
  6. できあがり

8時間ほど置いておかなければいけないので、前日の夜にポットにコーヒーをセットしておくと、翌朝には水出しコーヒーができあがっています。簡単ですね。

時間を調整することで、お好みの濃度に調整できます。

水出しコーヒーは日持ちするの?

気になるのは水出しコーヒーがどのくらい持つのか気になりますよね。

メーカーなどは2~3日中に飲みきることを勧めています。あまり日を置きすぎると雑菌などが繁殖するので、早めに飲み切りましょう。

水出しコーヒーポット おすすめ8選

水出しコーヒーを作るのには専用のポットがあれば簡単に作れます。

チェック!
  • ポットの素材
  • フィルターの素材
  • 持ち手の有無
  • 容量

素材や形を確認して購入してください。

ハリオ コールドブリュー コーヒージャグ CBS-10HSV

定価:5,000円

サイズ:W100xD94xH290mm

容量:1000ml 約8杯用

HP: ハリオ コールドブリュー

ガラスとステンレスのスタイリッシュなデザインのポットです。

ステンレスのストレーナーはコーヒー本来の味を引き出してくれます。

シンプルな構造なので、お手入れも楽です。

口コミ

「水出し」って案外おいしいものだなと、この容器を使って初めて知りました。高級感のあるきれいな容器で、かなり大きくて冷蔵庫のポケットからの出し入れに気を使いますが、夏場だとたくさん飲みますからこれくらいでないと物足りないかもしれません。

コーヒーに限らずアイスティーや緑茶で作ってもおいしい水出しが作れるので1つ持っていると暑い季節には大変便利です。

冷蔵庫内だと、高さが牛乳パックよりも高いので、棚が邪魔になるかも。

注ぐときに蓋を抑えないといけないのが手間ですが慣れると問題ないです!

高さが30cm近くあるので、小さな冷蔵庫だと入らない、又は出し入れがキツイ場合がありますので、冷蔵庫のサイズと確認しなければいけませんね。

口コミとしては

  • お手入れがしやすい
  • デザインが良い

との声が結構ありました。デザイン性は高いです。

[HARIO] Cold-Brew Coffee Jug & Pitcher [CBS-10HSV_CBC-10SV]

ハリオ コールドブリュー コーヒーピッチャー CBC-10SV

定価:8,000円

サイズ:W152xD103xH310

容量:1000ml 約8杯分

HP:ハリオ コールドブリュー

CBS-10HSVと同シリーズのポットです。こちらのCBC-10SVには持ち手があり、持ちやすくなっていますが、横幅・高さがCBS-10HSVよりも大きくなっています。

CBC-10SVは蓋が本体についているので、ストレーナーを取ってから開いてコーヒーを注ぎます。

口コミ

コールドブリューだと苦味が少なく、甘みを感じる味になります。同じ豆でも味がだいぶ異なるのは面白いですね。コールドブリューで入れて、レンジで暖めるとホットでもまろやかな味が楽しめます。

水で希釈するポーション、コンビニやファストフード店のアイスコーヒーとは比べ物にならないのは確実です。

見た目はシンプルでいて高級感がありいい感じです。フタの部分が外れ、入れ口も広いので洗うのは楽です。

飲むためにグラスに注ぐ前に必ずストレーナーを取り外した方がいいです。
ストレーナーを付けたままグラスに注ぐと、珈琲豆が逆流してグラスに入ってしまい、粉っぽくなってしまいます。

CBC-10SVも高さがあるので、冷蔵庫の収納場所の高さを要確認です。

ハリオ フィルターインコーヒーボトル FIC-70

定価:2,500円

サイズ:W87xD84xH300mm

容量:650ml 約5杯分

カラー:ショコラブラウン、モカ

HP: ハリオ FIC-70

ボトル型デザインのポットです。ストレーナーはコーヒー粉専用のメッシュとなっています。

ボトル型っていうのがめずらしくて、来客時にテーブルへ出してもおしゃれなデザインですね。

口コミ

量も多すぎると飲みきれないので1日2日で消費できる量で絶妙。

水出しコーヒーが簡単に手軽に作れます。できあがりのコーヒーの量に対して、豆をたくさん使うような気がしますが、安い豆でもそこそこおいしいコーヒーになるので、買って損は無いと思います。

水出しコーヒーを作ったあとのコーヒーフィルターが洗いにくいです。

フィルター掃除がしにくいとの声がありました。1000mlでは多いという一人暮らしの方などには650mlはちょうど良いサイズです。

[HARIO] Filter-in Coffee Bottle [FIC]

ハリオ 水出し珈琲ポット MCPN

定価:1,500円

サイズ:W138xD94xH294mm

容量:1000ml 約8杯用

カラー:ショコラブラウン、レッド

持ち手があり、ストレーナーがメッシュタイプです。ストレーナーの底が外れるので洗いやすくお手入れも簡単です。本体は耐熱ガラスです。

シンプルなデザインで価格もお手頃なので、水出しコーヒーを作ってみたい人にはおすすめです。

口コミ

暑い夏場であれば麦茶感覚でゴクゴク飲むことができるのでおすすめです。

豆やお湯の温度など注意が必要、水出し珈琲は専用の器具が必要だと思っていたのですが、先入観でした!手軽、お湯で淹れたアイスコーヒーでは感じられない、まろやかさを楽しめます。

水を入れる時に粉の上から少しずつ入れるのですが、最初は調子よく水が入っていきますが、途中からなかなか入っていかず時間がかかってしまいます。
仕方ないからストレーナーを外して直接ポットの中に水を入れて、その後ストレーナーを元に戻しましたが、特に問題なく出来上がりました。

底を外して洗えるので、評判はいいです。MCPNも冷蔵庫の収納で高さがあるので出し入れしにくい声があったので、収納場所のサイズを要確認です。

MCPNには5杯用の小さいサイズがあるので、少量で十分な方には5杯用があります。

1000mlの8杯用では多いな、一人暮らしだから一人分でいいなという方には、600mlの5杯用だと飲み切れるサイズなのでおすすめです。

KINTO CUPSELE コールドブリュー カラフェ

定価:2,700円

サイズ:Φ85xH270mm

容量:1000ml

カラー:ホワイト、ダークブラウン

HP: KINTO CUPSULE コールドブリュー カラフェ

キントーのカラフェシリーズはデザインが高いです。コーヒーを注ぐときにポットを傾けると自然に蓋が開き、戻すと蓋が閉まります。360°どの方向からも注げる、新感覚のポットです。

口コミ

フィルターの面積が広いおかげか昔使っていた水出しコーヒーボトルより良く抽出できて、フィルターから粉がこぼれる事もありません。すっきりしながらも濃厚な味わいの水出しコーヒーを楽しんでいます。

ガラスも耐熱ガラスで厚みもそれなりにあり丈夫そうで良いです。

夏にぴったりの水出し茶が簡単に作れます。本体の作りが丁寧で、精度良く作られているため茶葉が漏れたりせず、快適に使えます。水出し茶はお湯で作ったのと違うすっきりとした味が楽しめるため、夏になると毎年飲んでいます。

蓋とか注ぎ口がどうなっているのかと興味深々でしたが、現物を見てなるほど、と。埃や空気は入りにくい構造ですが、密閉式ではないので倒すとこぼれます。

「そりゃそうだ」という声がでてしまいそうですね(笑)ボトルを水平にしたら注げるのだから、倒れたらこぼれます。

小さなお子さんがいてついボトルを倒しそうなら、購入するにはおすすめできません。お子さんって意外な動きをしてつい倒してしまうこともあるから。

KINTO PLUG アイスコーヒージャグ

定価:2,484円

サイズ:W150xD95xH270mm

容量:1200ml

HP: KINTO PLUG アイスコーヒージャグ

プラスチック製で縦横方向におけるコーヒージャグです。横に倒して収納できるのはポイントが高いです。基本的に冷蔵庫の扉のポケットに収納しますが、飲み物などで入らない場合には棚に横置きします。

ハンドルが付いているので注ぎやすく、そして横置きにしても転がることはありません。

デザインはキントーらしくおしゃれで存在感もあります。

口コミ

簡単に外れてしまうような蓋では、持ち運びはもちろん、冷蔵庫で横置きにもできません。この製品の蓋はまわしてしまるタイプで、これは安心です。夏場はこれで淹れて、BBQなど屋外のイベントに持っていく、なんて楽しみ方もできるでしょう。

メーカーの指示通り70gをモカと1:1にして淹れてます。好みの味さえ決まれば市販の物よりずっと美味しいし、重い思いをしてスーパーでアイスコーヒーを買う面倒がなくなって本当に助かってます。

淹れたあとのコーヒー豆のカスを洗うのには若干の手間がかかります。

前述したCUPSELE コールドブリュー カラフェは倒れたらこぼれるけど、こちらのPLUG アイスコーヒージャグは蓋をしっかり閉めていれば倒れてもこぼれない、転がらないので、お子さんが居る家庭でも安心使えます。

リバーズ ウォールマグ バール コールドブリュー 1杯入れ用水出しコーヒータンブラー

定価:1,782円

サイズ:W91xD91xH177mm

容量:400ml(ストレーナー未装着時)

HP: リバーズ ウォールマグバール コールドブリュー

1000mlは多いな、1杯分だけでいいな、という人にはリバーズのウォールマグバールがおすすめです。飲みたいのは1杯だけならばマグで作って、楽しむのもありです。

口コミ

余計な器具や手間も最小限でいいし。
朝食で飲んであまるならそのまま持ち出せる。

唯一の悩ましい点は、ストレーナーの直径が小さいので珈琲粉を入れにくいこと。不器用な私では、小スプーンを使っても、廻りにこぼしてしまう。
あらかじめ、小さな紙に載せて計量して流し入れれば良いかな。

コーヒー好きは何杯も飲むので、ポットやボトルで作る方が主流ですが、家族で自分だけが飲む、1日1杯だけでいいという人はマグで少量を作って飲めるので、嬉しい商品ですね。

タケヤ化学工業 水出し専用コーヒージャグ 1.1L コーヒーポット

サイズ:W112xD100xH265mm

容量:1100ml

HP: タケヤ化学工業 水出し専用コーヒージャグ

密封式のジャグなので、誤って倒してもこぼれることはありません。

ハリオやキントーに比べるとマイナーなメーカーですが、Amazonではカスタマーレビューが68件(2018年5月29日現在)あり、評価も★4.2と高評価なので、買って試してみる価値はあります。

口コミ

ジャグ自体は冷蔵庫のポケットにも収まる径ですし、横に寝かせて置いても漏れません。凹凸が無い形なので中まで手が入り底も洗い易くてとても良いジャグです!

横置きしてもまったく漏れないし、手がすっぽり入るので洗いやすいしとても使いやすいです。アイスコーヒー作るのが楽になって助かりました。

コーヒーに粉を入れてもうまく水が浸透しないときがあります。よく振るのがコツのようです。コーヒーの細かい粉が下に落ちてきます。

楽天市場ではタケヤ化学工業の直営店があります。直営店では1000円以下で購入できるのはコスパが良いです。

水出しコーヒー(粉) おすすめ

近くにコーヒー粉を売っているコーヒーショップがない、コーヒー粉を買いに行く時間がないという方は通販でもアイスコーヒー用のコーヒー粉が売っているので探してみてください。

藤田珈琲 アイスコーヒー ラオスブレンド

1000mlを作るにはコーヒー豆が80g必要なジャグが多いので、2kgあれば思う存分水出しコーヒーが飲めます。酸味の少ない味だと口コミで評判です。

澤井珈琲 コーヒー専門店 コーヒー豆

コーヒー専門店で色々なコーヒー豆が揃っていて選ぶのに迷いそうです。水出しコーヒー用もあるので、探してみてください。

水出しコーヒーにおすすめな水

水出しコーヒーにおすすめな水は『軟水』です。水道水で淹れるなんてもったいないことしないでくださいね。

サントリー天然水 奥大山・南アルプス

サントリーの天然水は奥大山と南アルプスがあります。どちらも軟水なので気分によって水を変えるのもいいかも。

コカ・コーラ 森の水だより

コカ・コーラの森の水だよりは日本アルプス、奥大山、富山の天然水と揃っています。水によって味が変わるので、色々試してみたいですね。

キリンビバレッジ ボルヴィック

日本人も飲みやすいフランス産のボルヴィックはハマる人にはハマる味で人気です。いつもと違う味で飲みたくなったら試してみる価値はあるかも。

おわりに

口コミで圧倒的に多かったのは、『市販のアイスコーヒーよりおいしい!』です。低温抽出で味や香りを引き出し雑味は少ない味で、出来上がりのコーヒーが格別です。

コスパもよく、味も良ければ、水出しコーヒーを試してみたいですね。

暑い夏にすっきり爽やかな冷たいコーヒーを飲みたくなったら、水出しコーヒーを検討してみてはいかが?

夏は見た目から涼しげに
アイスコーヒーメーカーがあります
1杯ずつ淹れるならこちら。飲んでみました

コメント