ハリオ V60電動グラインダー EVCG-8B-Jの評判や特徴

コーヒー

 

ハリオでは電動グラインダーは2つのラインナップがあります。

「V60電動グラインダー」と「電動コーヒーミル・カプセル」です。この2つの大きな違いは、電動コーヒーミル・カプセルは30gに対して、V60電動グラインダーは240gの大容量です。

飲む分だけコーヒー豆を挽くのなら240gはかなり多い量になります。大人数分を作るか、店舗などで使う大きさのグラインダーです。

 

一般家庭では使わない量を挽く電動グラインダーですが、気になるので調べてみました。今日はハリオ V60で電動グラインダー EVCG-8B-Jのお話です。

スポンサーリンク




ハリオ V60電動グラインダーEVCG-8B-Jの基本情報

サイズ 幅230x奥行135x高さ390mm
重量 約2.45kg
容量 コーヒー粉 約240g
コード長さ 1.0m
HP ハリオ V60電動グラインダー EVCG-8B-J

容量が多い分、グラインダー自体のサイズも大きく、重量も重たいです。収納するというより設置すると言った方がよいですね。

EVCG-8B-Jは棚や台に常に置いておくことを考えなければいけません。やっぱり家庭で使うには大きい過ぎるように思います。

 

 

EVCG-8B-Jの4つの特徴と便利な機能

ハリオ V60電動グラインダーの特徴は4つあります。

  1. コーヒー粉 240gの大容量
  2. 粒度44段階調整で自分好みに挽ける
  3. スイッチパットでワンタッチで粉をドリッパーへ
  4. ステンrネス製の臼で切れ味は均等に

上記のような特徴がありますが、一番目を惹く特徴は『粒度44段階調整』ですよね。44段階もの調整って、1段階分はもう差が分からないんじゃない?って思ってしまいます。

しかし、この微妙な差が味にも影響を与えるので、やはり店舗向きです。コーヒー豆の種類や煎りの深さで味が変わり、粒度でさらに味が変われば、もうその店でしか飲めないコーヒーになります。

微妙な味にまでこだわる方にはこの『粒度44段階』はとても重宝する機能です。

 

一つ便利な機能があります。『スイッチパット』です。

スイッチパットとというのは、グラインダーの本体の粉が出てくる真下にスイッチがついていますが、そのスイッチを押すとコーヒー粉が出てきます。ドリッパーを持って押すと、そのままドリッパーへ粉が落ちてきます。

ワンタッチで粉をセットできるので便利です。

 

EVCG-8B-Jの口コミの評価はきびしい

特徴を見ると、魅力的なV60電動グラインダーEVCG-8B-Jですが、評価は少しきびしいようです。

Amazonのカスタマレビューでは8件の書き込みがありますが、★2.8と低評価となっています。

★の内訳は

★5 13%  ★4 25%

★3 12%  ★2 25%  ★1 25%

となっています。8件のみの書き込みなので、この低評価をどう捉えるのかで左右されます。

 

今まで、この種のものをいくつかを買っていますが、この機械は豆の引くときの粗さは思い通りできますし、引いた後の豆も香り、味共によいと思います。

高評価の口コミでは満足度が高いですが、

 

  • 40段階の挽き調節は、そんなに細かく調整しても違いは分からず。
  • このグラインダーから激しく飛び散る細かい粉でグラインダー本体ばかりではなくスマートセブンまで粉まみれになり、悲しくなりました。
  • 結構ぶわーっとでてくるので、周囲がちょっと豆で散らかります。

と低評価で口コミを読んでいると悲しくなってきます・・・。

ミルは静電気との闘いになりますが、特徴となるスイッチパットでコーヒー粉を出すと散らばるという惨劇は改良を待つしかありません。

 

おわりに

このハリオのV60電動グラインダーEVCG-8B-Jはサイズも大きく、価格もそれなりにします。

粒度の違いがわからないのは購入者の問題ですが(笑)、挽いたコーヒー豆が飛び散るのはもっと改良してほしいです。

調べた結果、ハリオのV60電動グラインダーEVCG-8B-Jはあまりオススメできるミルではありませんでした。

 

 

コメント